癌転移の治療ガイド » 癌の転移に負けない治療方法について » 化学療法(抗がん剤治療)の名医リスト
  

化学療法(抗がん剤治療)の名医リスト

副作用のイメージがついてまわるのも抗がん剤治療(化学療法)ですが、医学の進歩によって以前ほど強い副作用が現れることは少なくなりました。こちらでは抗がん剤治療の名医を都道府県ごとに紹介していきます。

東京都

糸井隆夫医師

東京医科大学病院で副院長・消化器内科部長を務める糸井隆夫先生は、膵臓、胆道、肝臓疾患全般に精通するエキスパート。膵臓がんなどの治療ガイドライン作成・改訂委員の1人に名を連ね、手術が不可能な進行した膵臓がんに対する抗がん剤治療にも詳しいドクターです。

その一方で内視鏡を用いた治療にも高い専門性を持っており、従来の外科的手術から身体的負担の少ない内視鏡治療を普及させるために尽力してきました。

自身の定年までに何とかして膵臓がん、胆道がんを克服したいと考えている糸井先生。「難しいが不可能ではないと信じている」と語っています。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本消化器病学会 指導医・専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 指導医・専門医
  • 日本内科学会 指導医・専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

在籍している医療機関:東京医科大学病院

東京医科大学病院消化器内科では、身体的負担の少ない消化器がん化学療法をはじめ、肝臓・門脈圧亢進症、胆道・膵臓、消化管の4グループで専門的かつ高度な技術に裏付けられた診療を行なっています。治療対象は主に消化器がんを中心に感染症や炎症性疾患など幅広く、従来の画像診断と新しい診断方法を組み合わせた早期診断・早期治療を心がけています。

肝臓がんに対してはラジオ波焼灼療法やマイクロ波焼灼療法、肝動脈化学塞栓術、分子標的療法のほか、新たな治療法としてナノナイフ治療(不可逆電気穿孔法)の臨床試験も開始しています。

畠清彦医師

国際医療福祉大学三田病院の副院長である畠清彦先生は、併設の悪性リンパ腫・血液腫瘍センターのトップも兼務。抗がん剤治療の名医として、悪性リンパ腫や多発性骨髄腫などに対する腫瘍内科の診療を得意とし、血液がんに対する新薬研究開発や、医師の研修資材作成にも力を入れています。

同院に在籍する多くのドクターとも連携・協力し、適切ながん治療を進めていきたいと考えている畠先生。ご自身も大きな手術を受けた経験があるため、患者さんに優しい医療を目指して日々尽力しています。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 指導医・専門医
  • 日本がん分子標的治療学会 指導医・専門医

在籍している医療機関:国際医療福祉大学三田病院

同院の悪性リンパ腫・血液腫瘍センターでは悪性リンパ腫や白血病、多発性骨髄腫など、さまざまな血液やリンパ組織の疾患に対して幅広い診療を実施しています。

近年の血液疾患治療は、診断技術の進歩や新薬の登場によって治療成績が劇的に向上しています。しかし、血液疾患は多岐にわたり、とくに悪性リンパ腫などは細かい病型に分かれるため治療期間は長くなり副作用も問題です。同センターでは正確な病態把握と適切な薬剤の選択とともに、患者さんの社会背景や希望を考慮してベストな治療計画の立案を心がけています。

高橋和久先生

高橋和久先生は順天堂大学医学部呼吸器内科の主任教授であると同時に、附属順天堂医院の呼吸器内科のトップも務めています。専門は呼吸器内科全般で、肺がんや中皮腫をはじめとした呼吸器系疾患のスペシャリスト。がんの中でも死亡率が高く根治が困難とされる肺がんに敢えて挑みたいと考え、呼吸器内科医を志したといいます。

高橋先生の主な研究テーマは、抗がん剤や分子標的薬などの耐性機序の解明と克服。抗がん剤の効果がなくなってしまった患者さんにも効く薬を生み出すことです。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本呼吸器学会 指導医・専門医
  • 日本内科学会 指導医・専門医
  • 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医

在籍している医療機関:順天堂大学医学部附属順天堂医院

順天堂大学医学部附属順天堂医院呼吸器科がもっとも力を入れているのは、肺がんなどの悪性腫瘍です。肺がんが疑われる場合はナビゲーションシステムを併用した超音波気管支内視鏡検査やガイド下生検など、患者さんの負担が少ない方法で迅速に診断。ステージや全身状態に応じて最適な治療を開始します。

同院は大学病院の中では有数の分子標的薬や免疫療法薬の臨床試験や先進医療を提供する機関であり、抗がん剤などの薬物治療が適していると判断された患者さんにはベストな薬物治療の提供を目指しています。

佐々木康綱医師

武蔵野徳洲会病院の佐々木康綱先生は、同院のオンコロジー(腫瘍内科)センター長を務める腫瘍内科学のスペシャリスト。これまで国立がんセンターや大学病院などで長くがん薬物治療を先導してきました。

佐々木先生の座右の銘は「闘う腫瘍内科医」。患者さんが適切な治療を受けられるよう、障害となるものとはすべて闘うドクターです。後進の指導にも情熱を注いでいる佐々木先生の闘志の源は、常にがん患者さんへの尊敬の念を忘れないという医師としての姿勢です。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本内科学会 指導医・専門医
  • 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

在籍している医療機関:武蔵野徳洲会病院

武蔵野徳洲会病院腫瘍内科が目指すのは、地域に根差したがん治療の実践。具体的にはがん薬物療法を中心として、手術前の薬物療法や再発防止のための薬物療法、さらには転移や再発で手術などの局所治療が不可能な患者さんにも薬物療法を提供します。

近い将来には同院で放射線治療を導入する予定であり、その際には放射線治療と薬物療法の併用や、骨転移などの痛みに対する緩和的放射線治療も実施する見込みです。

また、がんに対する積極的な治療だけではなく、がんの症状による苦痛を軽減するための緩和医療も併せて行なっています。

朴成和医師

国立がん研究センター中央病院消化管内科のトップを務める朴成和先生は、腫瘍内科の中でもとくに消化器がんを専門とするドクターです。抗がん剤治療に精通する朴先生が大切にしているのはチーム医療。標準治療の質を高めるために新規治療開発のための研究にも力を入れ、それを一日も早く日常の診療に還元したいと考えています。

そのチーム医療では入院患者さんのカンファレンスを毎日行なって治療方針を確認し、外科系診療科とも定期カンファレンスなどでスムーズな連携体制を構築しています。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本腫瘍学会 暫定指導医
  • 日本がん治療認定医機構 暫定教育医

在籍している医療機関:国立がん研究センター中央病院

国立がん研究センター中央病院の消化管内科は8名の専門医師とがん専門修練医、レジデントや研修医などの若いドクターたちで構成され、チームで消化管のがんや頭頸部がんの抗がん剤治療を担当しています。症例数は国内有数で豊富な治療経験を持ち、スタッフの多くが国内外の臨床試験運営委員として日本臨床腫瘍研究グループや西日本がん研究機構などにおいて中心的な役割を果たしています。

このように、同院は治療を行なうだけではなく、新規薬剤開発や新しい標準治療確立のための臨床試験など、より良い医療の提供を目指して尽力しています。

砂川優医師

聖マリアンナ医科大学腫瘍内科の准教授を務める砂川優先生は、抗がん剤治療に精通した名医の一人。これまで複数の大学病院において、腫瘍内科医として臓器横断的に固形がんの薬物療法の経験を積んできました。

現在はそれぞれのがん患者さんにもっとも適した薬剤を使用するための研究「トランスレーショナルリサーチ」を手掛ける砂川先生。日常のがん診療における精密医療の標準化を目指した診療と研究を進め、それと同時にゲノム情報を理解し臓器横断的に治療できる腫瘍内科医の育成にも注力しています。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本内科学会 認定医
  • がん薬物療法専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本臨床腫瘍学会 指導医

在籍している医療機関:聖マリアンナ医科大学病院

聖マリアンナ医科大学病院のがん診療の特徴は、内科や外科、放射線科、病理や緩和チームなど、がんに関わるすべての診療科の垣根が低く緊密な連携が取れていることです。ドクターだけではなく看護師や薬剤師、ソーシャルワーカーなどのスタッフが一丸となり、患者さん一人ひとりの生活を支えることを心がけています。

がん診療の4本目の柱ともいわれるゲノム医療にも力を入れ、がんゲノム医療拠点病院として地域のゲノム医療を支えます。このように地域に根差したがん診療の拠点病院として、個々の患者さんにベストながん診療の提供を目指すことを自分たちの使命としています。

勝俣範之先生

日本医科大学武蔵小杉病院の腫瘍内科を立ち上げた勝俣範之先生は、まだ各診療科ローテーション制度がなかった若手の時代に自ら各科を研修し、血液腫瘍や骨髄移植、婦人科化学療法に従事してきた経験を持ちます。

腫瘍内科医は抗がん剤を投与するだけの専門医ではなく、がん患者さんが抱えるあらゆる問題をともに悩み、闘っていく良きパートナーであるべきだと語る勝俣先生。さまざまながんの診断・予防から治療・緩和ケアに至るまで、総合的なコーディネートを行なって対処していきます。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本内科学会 認定医
  • 日本乳癌学会 認定医
  • 日本臨床腫瘍学会 指導医
  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本サイコオンコロジー学会 コミュニケーション技能訓練ファシリテーター

在籍している医療機関:日本医科大学武蔵小杉病院

日本医科大学武蔵小杉病院の腫瘍内科では、抗がん剤治療に精通した腫瘍内科医が各診療科と協力し、適切な抗がん剤治療を実施します。さらに内科医としてがん患者さんのさまざまな悩みにも対応し、患者さんの生活の質を最大限に守ることを大切にします。

治療はあらゆるがんに対して化学療法やホルモン療法、分子標的薬治療などの薬物療法の標準治療を実践しています。とくに、国内でも専門医が少ない婦人科がんや乳がん、肉腫、泌尿器がん、原発不明がんなどに対する抗がん剤治療にも積極的に取り組んでいます。

後藤悌医師

国立がん研究センター中央病院の外来医長にして、同院の希少がんセンターやがんゲノム情報管理センターの情報統合も併任する後藤悌先生。肺がんを中心とした呼吸器の腫瘍に対する新薬の開発と実用化を目指し、国内の第一線で活躍するドクターです。

内科医を目指して学んでいくうちに、あらゆる医学知識を吸収して患者さんに還元するという流れに探求心が湧きたったという後藤先生。真剣に命と向き合う患者さんの心に寄り添うことが、先生自身の生き甲斐にもなっていると語ります。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本内科学会 指導医・総合内科専門医
  • 日本呼吸器学会 指導医・専門医
  • 日本臨床腫瘍学会 指導医・がん薬物療法専門医

在籍している医療機関:国立がん研究センター中央病院

国立がん研究センター中央病院の呼吸器内科には、やる気のある将来有望な若手医師が全国から集結しています。そして、肺がんを治すことが全員の目標。患者さん一人ひとりに最良のがん診療を提供すること、さらにより良い治療法を開発するためにスタッフが一丸となって尽力しています。

こうした若手ドクターの多くは、同院での数年間の研さんの後に全国に散らばってネットワークを形成しています。そのため国内において肺がん分野で活躍するドクターには、同院のOB・OGが大勢います。そのようなドクターとも連携し、肺がんの治療や研究に取り組んでいるのも特徴です。

平良眞一郎医師

薬師堂診療所の平良眞一郎先生は、腫瘍内科や乳腺内科・外科などを専門とするドクター。これまで総合病院やがん研有明病院などで研さんを積み、がん薬物療法に関する論文も多数発表して高い評価を得ています。

長年の臨床経験をもとに、内科から外科まで幅広い診療を手がけている平良先生。国内ではがん診療の地域連携が進められていますが、安心して任せられる病院はまだ十分ではないと考え、この薬師堂診療所の開院に至りました。患者さんと家族が安心して地域でがん診療を受けられる医療環境の提供を目指しています。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本外科学会 専門医
  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
  • 日本乳癌学会 認定医・指導責任者
  • 検診マンモグラフィー読影認定医

在籍している医療機関:薬師堂診療所

がん患者さんも安心して地域医療を受けられるようにと開設された薬師堂診療所。とくに乳がんと緩和ケアに力を入れています。

乳がんに対しては検診から診断、治療まで一貫して対応します。乳がん手術後のフォローや再発乳がんの患者さんも受け入れており、腫瘍内科の専門医が手術後のホルモン療法や抗がん剤治療の副作用対策などを実施します。

また、院内に緩和ケア病棟を併設しており、がんの痛みなどの症状を軽減させる治療や終末期医療(ホスピス)にも対応可能です。

清水千佳子医師

国立国際医療研究センター病院で乳腺腫瘍内科のトップを務める清水千佳子先生。腫瘍内科のドクターとして、主に乳がんの手術前後の薬物療法や進行再発乳がんの患者さんの治療を担当します。

同院着任後は複数の診療部門・支援部門との連携体制構築を実現し、患者さん中心の医療提供に尽力してきました。治療にあたっては患者さんとの対話を重視。自分に相応しい薬を選ぶ主体性を大切にしており、「一緒に治療を考えていくので何でも相談してほしい」と清水先生は語っています。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医

在籍している医療機関:国立国際医療研究センター病院

国立国際医療研究センター病院の乳腺センターでは標準治療の提供が原則とされ、それが実施可能な体制が整っています。同院はナショナルセンター唯一の総合病院であり、それを背景として高度ながん診療を提供します。

治療は乳腺外科医と腫瘍内科医を中心に、放射線科医や形成外科医、緩和ケアチーム、病理医など専門特化した診療科との協力・連携のもとでチーム医療を実践。1つとは限らない標準治療において、患者さんとのコミュニケーションを通じてバランスの取れたベストな治療を目指しています。

高野利実先生

高野利実先生は東京共済病院、帝京大学病院、そして虎の門病院と3つの腫瘍内科を立ち上げた経歴を持つ、抗がん剤治療に精通したエキスパートです。その志は高く「日本一の腫瘍内科をつくる」ことが目標。診療・教育・研究すべての面で、これまでになかった新しい試みに取り組んでいます。

Human-Based Medicine、つまり「人間の人間による人間のための医療」を自身のテーマに掲げ、がん薬物療法に取り組みつつ、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法 指導医・専門医、西日本がん研究機構乳腺委員長の立場から国内における腫瘍内科と臨床試験の発展にも注力しています。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 指導医・専門医
  • 日本乳癌学会 専門医

在籍している医療機関:がん研有明病院

がん研有明病院の乳腺センターでは、乳がんをはじめとするさまざまな乳腺の疾患の診断と治療にあたっています。治療では患者さんの生活の質を最大限に考慮し、形成外科との連携で乳房再建手術を積極的に実施しています。

また、総合科の中に腫瘍精神科を有しており、乳がん診断後の精神的ケアのために欠かせない存在となっています。緩和ケア科とその病棟も新設され、再発後の痛みの管理を中心に乳がん治療に重要な役割を果たしつつあります。

リハビリ指導には専門の理学療法士が、乳がんの手術後のむくみには乳がん認定看護師と専門のセラピストが対応するなど、重質のスタッフ体制も同院の特徴です。

三好立医師

三好立先生は総合病院や大学病院のさまざまな診療科で研さんを積み、銀座並木通りクリニックを開設しました。

三好先生のもとには、がん拠点病院などから「もう治療はありません」といわれた患者さんが多く訪れています。そうした患者さんに対し、個々の全身状態に合わせた抗がん剤の緩和的投与や痛みのコントロール、胸水や腹水の穿刺、免疫療法などを行なうほか、患者さん本人や家族の精神的サポートを行なっています。

通院が困難となった患者さんには緩和ケアやホスピス、在宅医療へとつなげます。「どうか一人で不安を抱え込まないでほしい」と三好先生は語っています。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本外科学会 専門医
  • 日本呼吸器外科学会 専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

在籍している医療機関:銀座並木通りクリニック

銀座並木通りクリニックのがん診療は、相談から治療まで幅広く対応しています。他院でもう治療はないといわれた患者さんでもあきらめずに来院してほしいと発信する同クリニックでは、患者さん一人ひとりにあった治療法の提案に努めています。

同クリニックの治療の1つにがん休眠療法(少量抗がん剤治療)があります。標準的な抗がん剤療法よりも使用する薬剤の量が少ないため、副作用が少なく継続して治療できることが特徴です。がんを活性化させないようにコントロールし、上手に共存しながら自分らしい生き方を目指すことができます。

倉持英和医師

2020年7月に東京女子医科大学病院化学療法・緩和ケア科の診療部長に着任した倉持英和先生。消化器外科医として医師のキャリアをスタートさせた倉持先生は、留学先の米国で薬物療法専門医の重要さに気づき、化学療法を専門で行なう道を選択しました。

抗がん剤治療を受ける患者さんや家族にとって、「良い医療」とは必ずしも同じではないと考える倉持先生。もちろん、時間の経過とともに患者さんが希望する治療内容も変わります。倉持先生は患者さん一人ひとりとしっかり向き合い、その人にとってベストの治療を選択できるようサポートすることを心がけています。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法 指導医・専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医・暫定教育医
  • 日本遺伝性腫瘍学会 専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 指導医・専門医

在籍している医療機関:東京女子医科大学病院

東京女子医科大学病院化学療法・緩和ケア科の特徴は、抗がん剤治療と症状緩和治療、緩和ケアを同時に実践していることです。

同院で治療対象とするがんは胃がんや大腸がん、肺がんなどの固形がんをはじめ肉腫や原発不明がんなど多岐にわたります。これらに対して新しい知見に基づいたがん診療を積極的に行ない、標準治療はもちろん、さまざまな治療の情報をいち早く収集して対応します。また、患者さん一人ひとりの特性に合わせて治療効果を最大限に得られるよう、そして副作用を最小限に抑えるよう心がけて治療を進めています。

植竹宏之医師

東京医科歯科大学病院で消化器化学療法外科のトップを務める植竹宏之先生は、消化器がんの中でもとくに大腸がんの化学療法が専門で、オーダーメイド治療(個別化治療)の研究を進めているドクターです。

近年のがん薬物療法の進歩はめざましく、多くの薬剤を使いこなす専門的な知識や経験が医師に求められます。従来から消化器がん治療の第一選択肢とされてきた外科治療にも精通する植竹先生は、がんを総合的に診ることができる医師として、患者さん一人ひとりに最適な化学療法を実施しています。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本外科学会 指導医・専門医

在籍している医療機関:東京医科歯科大学医学部附属病院

東京医科歯科大学病院の消化器化学療法外科は、前身である腫瘍化学療法外科が一新されて2017年に開設されました。大腸がんや胃がんなど消化管の進行がんに対して、外科手術と抗がん剤治療を組み合わせて個々の患者さんに合った治療を提供する「オーダーメイド治療」を目指し、専門のスタッフが治療にあたっています。

治療は臓器ごとの外科や放射線治療科などと協力し、転移・再発したがん病巣に対して手術や放射線治療と併用した集学的治療を行なっています。また、緩和ケア科や医療連携支援センターとも協働して患者さんや家族の生活の質を高めるがん診療を心がけています。

志田晴彦医師

東京品川病院副院長の志田晴彦先生は、同院の統括外科部長と外来化学療法室長も兼務するがん診療のベテランドクター。30年以上の治療経験の中で4,000人をゆうに超えるがん患者さんと向き合い、都内のがん専門医の間でも「彼なら安心」と評判の医師です。

患者本位の名医としても知られる志田先生が心がけていることは、患者さんと何度も話をして仲良くなり、がんを理解してもらうことだといいます。治療に対する心の準備の時間を医師との信頼関係を構築していく時間だと捉え、医師とともに治療に取り組もうとする前向きな感情が生まれてくることを大切にしています。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本外科学会 指導医・専門医
  • 日本消化器外科学会 指導医・専門医・がん治療認定医
  • 日本大腸肛門病学会 指導医・専門医

在籍している医療機関:東京品川病院

抗がん剤を使用する化学療法は、がんの三大治療の1つ。かつての抗がん剤治療は入院が基本でしたが、近年は化学療法の進歩によって通院でも副作用をコントロールしながら安全性の高い治療を受けられるようになっています。東京品川病院でも外来化学療法室を設置し、患者さんが通常の社会生活を送りながら抗がん剤治療が続けられるような体制を整えています。

同院の医療スタッフは連携を取りながら、患者さんが安心して抗がん剤治療を受けられるようサポートしています。もちろん、通院治療中におけるさまざまな心配事や不安、疑問にも親身になって相談に乗ってくれます。

高森幹雄医師

多摩総合医療センターで呼吸器・腫瘍内科部長を務める高森幹雄先生は、肺がんや原発不明がんなどの悪性腫瘍をはじめ、肺炎や肺結核などの感染症や気管支ぜんそくなど呼吸器疾患全般を専門とするドクターです。

高森先生は、年齢を理由に諦めず、患者さんに寄り添う医療の実践がポリシー。同院が強みとするがん診療については、使用可能な抗がん剤がある限り治療を続けたいと語っています。治療にあたっては他の診療科との強固な連携に基づいて併用療法を行なうなど、治療の精度を高めるために日々努力を続けています。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本内科学会 専門医
  • 日本呼吸器学会 指導医・専門医
  • 日本呼吸器内視鏡学会 指導医・専門医
  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

在籍している医療機関:東京都立多摩総合医療センター

多摩総合医療センター呼吸器・腫瘍内科は呼吸器内科を主体とし、肺がんや原発不明がんなどを中心に腫瘍内科一般を担うほか、アレルギーや感染症など幅広い患者さんを受け入れています。ERや三次救急からの緊急入院が多いのも特徴で、年間救急入院患者数は約850人に上ります。

所属する医師の多くは肺がんを専門としており、診断から治療まで一貫して対応が可能です。末梢系肺がんに対しては仮想気管支鏡ナビゲーション「ダイレクトパス」を導入、診断率の向上を図っています。

船越信介医師

東京都済生会中央病院の船越信介先生は臨床腫瘍学が専門で、自分自身で壁をつくらずトータルケアを実践する総合内科医、腫瘍内科医として患者さんの信頼を集めています。

その信頼の源は、何といっても先生の誠実さ。積極的ながん治療が困難な場合にも、患者さんの希望が奪われることがないよう親身に対応し、患者さんや家族の話を聞く時間も大切にしています。

治療は抗がん剤治療と終了後の専門的ケアだけではなく、そもそもの診断や他診療科との連携による副作用や合併症のマネジメントも一貫して船越先生自らが行ないます。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本内科学会総合内科 指導医・専門医
  • 日本消化器病学会 指導医・専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 指導医・専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本肝臓学会暫定 指導医・専門医
  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物治療 指導医・専門医
  • 日本消化管学会 胃腸科 指導医・専門医・認定医
  • 日本乳癌学会 乳腺認定医

在籍している医療機関:東京都済生会中央病院

東京都済生会中央病院の腫瘍内科では、がんの診断から治療まで一貫して実施しています。各診療科と連携したうえで、がんのステージや予後規定因子(術後の経過を予測ながらベストな治療を選ぶための判断要素)、合併症や全身状態などを総合的に判断し、直近のエビデンスに基づいた標準的な抗がん剤治療を選択します。

治療にあたっては総合病院ならではの機動力と総合力を活かし、安全性の高い全人的ながん診療を全身のがんに対して行ないます。腫瘍内科に在籍するがん専門看護師やがん薬物療法認定薬剤師、緩和ケアチーム、医療ソーシャルワーカーは一丸となって、診断・治療から生活面の問題解決などに取り組んでいます。

内野慶太医師

NTT東日本関東病院に在籍している腫瘍内科部長の内野慶太先生は、化学療法を得意とするドクターです。九州大学病院九州医療センターを経て、同院に着任しました。

内野先生が大切にしているのは「治療のための生活」ではなく、「生活のための治療」になるよう最善を尽くすこと。とくに抗がん剤治療は副作用の問題もあり、患者さんにとって不安や心配の多い治療のひとつです。できるだけ早い時期から患者さんと一緒に病気のことや治療のことを話し合いたい、と内野先生は考えています。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医
  • 日本内科学会 認定医・総合内科専門医
  • 日本消化器病学会 専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

在籍している医療機関:NTT東日本関東病院

NTT東日本関東病院の腫瘍内科では、患者さん一人ひとりのがん治療において薬物療法の知識と技術を駆使し、さまざまな診療科・職種のスタッフと連携を取りつつ、最適の治療を提供することを目指しています。また、院内のがん薬物療法センターで診療することで医療スタッフの専門性も集結し、個々の患者さんに応じた支持療法や緩和医療が実践できるのです。

抗がん剤治療をただ行なうだけではなく、生活の質の維持と向上に関しても考慮しながら患者さんにとって最善の治療を目指すことを理想としています。

古瀬純司医師

杏林大学医学部付属病院の腫瘍内科で教授兼診療科長を務めておられる古瀬純司先生は、肝胆膵領域のがんの専門家として、抗がん剤治療に長らく携わってきました。

新しい抗がん剤が次々に開発されるなど化学療法の分野は目覚ましい進歩を遂げていますが、その反面で副作用も複雑になっていることから、化学療法を専門とする腫瘍内科の存在が重要になっています。そのような背景の中で古瀬先生は、科学的根拠に基づいた適切な抗がん剤治療の実施と心の通った治療が大切だと考え、日々患者んさんと向き合われているのです。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本内科学会 認定医・指導医
  • 日本消化器病学会 専門医・指導医
  • 日本肝臓学会 専門医
  • 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
  • 日本膵臓学会 指導医
  • 日本臨床薬理学会 指導医

在籍している医療機関:杏林大学医学部付属病院

科学的根拠に基づいた適切ながん治療を提供する場として、杏林大学医学部付属病院にはがんセンターが開設されています。腫瘍内科は、がんセンターの中心を担う位置づけです。

治療は主に難治性のがんに対して、エビデンスに基づいた標準的な化学療法を実施します。治療法の選択にあたっては他の診療科や支援部門などと密接に連携し、患者さんの状態を総合的に判断したうえで決定。また、より有効な治療法の開発を目指して臨床試験も積極的に実施しているのも特徴です。

中根実医師

武蔵野赤十字病院の腫瘍内科部長を務める中根実先生は、血液腫瘍内科学を専門とするドクターですが、対応するのは白血病や悪性リンパ腫だけではありません。乳がんや消化器がんなどあらゆる固形がんに対しても、医学的根拠に基づいた薬物療法を実施するほか、抗がん剤治療全般のセカンドオピニオンも受け入れてきました。

現代の医療をもってしてもがんは治りにくい病気のひとつとされていますが、中根先生は著しい薬物療法の進歩の賜物を、患者さんに適切に提供するために努力を続けています。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本内科学会 認定医・指導医・総合内科専門医
  • 日本血液学会 専門医
  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医(暫定教育医)

在籍している医療機関:武蔵野赤十字病院

武蔵野赤十字病院の腫瘍内科は特定のがんに限らず、幅広い種類のがんを治療対象としているのが特徴です。豊富な治療経験を活かして多摩地域のがん医療を支える中心的な役割を担うべく、開設以来多くの患者さんを受け入れてきました。

在籍する医師は日本臨床腫瘍学会に所属し、薬物療法専門医もしくは同等の診療技術を有します。治療は院内の合同会議で検討し、外科系診療科や放射線治療科、緩和ケア科などと連携して患者さんのさまざまな問題に対応したケアを実施できるよう心がけています。

三浦裕司医師

日本ではまだ数少ない泌尿器がんを専門とする腫瘍内科医が、虎の門病院臨床腫瘍科部長の三浦裕司先生です。

腎臓がんや膀胱がん、前立腺がんなどの薬物治療分野は、この15年ほどの間で分子標的治療や免疫療法など多くの薬剤が新たに登場して目覚ましい進歩を遂げています。その一方で、さまざまな副作用のマネジメントも必要になってきました。

複雑化した治療の中で、患者さんが納得のいく治療を受けられるようサポートしたいと三浦先生は語っています。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医
  • 日本血液学会 専門医
  • 日本内科学会 認定医
  • 日本泌尿器腫瘍学会 代議員

在籍している医療機関:虎の門病院

虎の門病院臨床腫瘍科では、さまざまな悪性腫瘍に対する薬物療法と緩和ケアを担当しています。治療においては関連診療科と緊密な連携体制を構築し、患者さん一人ひとりに最適な医療を提供することを心がけています。

また、がんと闘いながらも希望や安心、幸せを感じられるように、患者さんの思いや価値観を重視した「人間性に基づく医療」の実践を目指します。人材教育においても腫瘍内科医を育成することで、国内のがん医療のレベルアップを図っています。

廣瀬敬医師

日本医科大学多摩永山病院の呼吸器・腫瘍内科部長の廣瀬敬先生は、長く肺がんの診療、とくに薬物治療に力を入れてきました。

廣瀬先生が日頃の診療で注意して見ているのは、患者さんが治療を受けて帰るときに満足しているかどうかということ。もちろん診療ガイドラインは大切ですが、廣瀬先生は患者さん個人の希望を重視しているので、科学的根拠に基づきながらも可能な限り患者さんの希望に合うように治療を進めていきます。そういった廣瀬先生のスタンスも、多くの患者さんに頼られている理由でしょう。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本内科学会 認定医・専門医・指導医
  • 日本呼吸器学会 専門医・指導医
  • 日本呼吸器内視鏡学会 専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

在籍している医療機関:日本医科大学多摩永山病院

日本医科大学多摩永山病院は、東京都がん診療連携拠点病院に指定されており、日本臨床腫瘍学会など複数学会の認定施設でもあります。呼吸器・腫瘍内科では呼吸器がんを含む呼吸器疾患全般の診療を実施しています。

治療は薬物治療をはじめ外科治療、放射線治療などさまざまですが、常に呼吸器外科や放射線治療科などと連携を取り、治療方針が決められます。受診した患者さんが「日本医科大学多摩永山病院にかかって良かった」と思ってもらえるような医療の提供が目標です。

千葉県

高橋豊医師

国際医療福祉大学市川病院の化学療法部長を務める高橋豊先生は、金沢大学で長年にわたってがんの生物学・外科学、そして化学療法(抗がん剤治療)を手がけてきました。とくに化学療法において、がんとの長期共存を目指す「がん休眠療法」を確立させた実績を有しています。

この休眠療法では患者さん一人ひとりに適量の抗がん剤を投与し、負担の少ない治療を実現します。さまざまな理由で標準治療が困難な患者さんにも適応があるため、遠方からも多くの患者さんが訪れています。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会 専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
  • 日本消化器病学会 専門医
  • 日本がん治療認定医機構 指導医・認定医

在籍している医療機関:国際医療福祉大学市川病院

がん治療の経験が豊富な4名のエキスパート医師から構成される国際医療福祉大学市川病院の腫瘍内科部門では、さまざまながんに対して抗がん剤を投与し、増殖を抑えてがん細胞を破壊する化学療法が治療の中心となっています。患者さんの状態に応じて通院による化学療法が受けられるよう専用の病床も10床設け、医師や看護師、薬剤師がチームとなって患者さんの生活基盤を守りながら治療に取り組めるようサポートします。

もちろん、高橋豊先生が主導する「がん休眠療法」も実施しています。

岡元るみ子医師

千葉西総合病院の腫瘍内科部長を務める岡元るみ子先生が、外来化学療法センター長を兼任してマネジメントを始めたのが2013年。余裕をもって患者さんとコミュニケーションを取れるように、業務改善に尽力されたそうです。

静脈注射認定看護師の育成も手掛け、点滴の針を優しく刺してくれると患者さんからも好評。腫瘍内科医としての確かな治療だけではなく、さまざまな面に気を配りながら、患者さんが安心して治療を受けられるようにという岡元先生の思いが同院には感じられます。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本内科学会 総合内科専門医・指導医
  • 日本癌治療学会 臨床試験登録医
  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医
  • 日本緩和医療学会 暫定指導医
  • 日本がん治療認定医機構 認定医・暫定教育医

在籍している医療機関:千葉西総合病院

20年前の千葉西総合病院は小規模な医療機関で研修医の受け入れも皆無という状況でしたが、現在では608床、職員1,400名、31の診療科を持つ大規模な総合病院に拡大発展しました。臨床研修医の受け入れも20名以上となっています。

そんな千葉西総合病院の腫瘍内科はがん薬物療法専門医のもと、悪性リンパ腫を中心に固形がんの抗がん剤治療や外来化学療法センターの運営をさまざまな専門医と連携して行なっています。また、がん治療に関するセカンドオピニオンも受け入れています。

五月女隆医師

自院での治療はもちろん、公開セカンドオピニオンやウェブセミナーなどでがん治療の啓蒙活動にも奔走している松戸市立総合医療センター化学療法内科の五月女隆先生。何より患者さんに寄り添うことを信条とし、がんを宣告された患者さんの「こわい」「おそろしい」という気持ちをどう和らげることができるかを常に考えています。

どんな患者さんにも分け隔てなく接する五月女先生の温かく心優しい振る舞いに、多くの患者さんが安心を得ているようです。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

在籍している医療機関:松戸市立総合医療センター

松戸市立総合医療センター化学療法内科では、がん専門病院や大学病院などで研鑽を積んだ経験豊富なスタッフが抗がん剤による全身治療を実施します。特定の臓器に限らず、あらゆるがんに対応できることが同科の強みです。

治療前、治療中に関わらず、局所的な治療が望ましいと判断した場合は、総合病院の特性を活かして必要な診療科へ速やかに依頼することも可能。持病を有している患者さんも、院内の専門医師と協力しながら治療を進めることができます。

滝口裕一医師

千葉大学医学部腫瘍内科の教授である滝口裕一先生は、とくに肺がんを専門とする腫瘍内科学のエキスパートです。とはいえ特定の臓器にとらわれないがん診療を行なっているので、2種類以上のがんを合併しているケースや希少がんにも対応されています。各診療科とも連携してエビデンスを重視した質の高いがん診療を提供している医師です。

がん患者さんと家族が笑顔でいられるように、1日も早くがんの苦痛をこの世からなくしたいと、滝口先生は高い理想を掲げて現在も努力を続けています。

抗がん剤治療に関する資格

  • がん治療認定医
  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医

在籍している医療機関:千葉大学医学部附属病院

千葉大学医学部附属病院の腫瘍内科では、さまざまながんの抗がん剤治療や分子標的薬・免疫チェックポイント阻害薬などの薬物治療、手術や放射線療法などと組み合わせた集学的治療を実施しています。

高難度の薬物療法でも通院での治療が可能な診療体制を確立しており、安全性を保ちつつ可能な限り患者さんが自宅で過ごせるような療養環境を提供しています。もちろん、数日間にわかる点滴が必要な場合などは状況に応じて入院治療も可能です。

大山優医師

大山優先生は亀田総合病院に腫瘍内科を立ち上げたドクター。民間病院では数少ない成功例のひとつとして知られています。アメリカ留学で腫瘍内科医として研鑽を積み、日米両国における腫瘍内科の知識と技術をもって多くのがん患者さんに対応しています。

「総合的にがんを診る医師がいなければ患者さんが不幸になる」という信念のもと腫瘍内科医の道を選択した大山先生。がんの包括的診療を専門とし、病状に応じた最善の治療の選択と実践を心がけて患者さんに向き合っています。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医・がん薬物療法専門医

在籍している医療機関:亀田総合病院

亀田総合病院の腫瘍内科はあらゆるがんに関する先端の知識を駆使し、ハイレベルな医療を提供する専門的診療科です。がんのタイプや進行度、患者さんの状態によって最適な治療方針を立てて実行します。治療にあたっては、手術が最適と判断されれば外科へ、放射線が最適であれば放射線科へ、そして抗がん剤治療が最適なケースは同科でという集学的治療を展開しています。

腫瘍内科はこのような集学的治療を通じて、患者さんのがん治療の全体を常に把握する専門科として機能しています。

細木卓朗医師

君津中央病院の血液内科部長を務める細木卓朗先生は、北海道で地域医療に貢献した後に血液腫瘍制御内科で学位を取得、腫瘍内科での研鑽を積んでこられたドクターです。同院における血液・腫瘍内科の常勤医着任は実に13年ぶりとのこと。大きな期待が細木先生に寄せられる中、悪性リンパ腫や多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群に対する化学療法の件数も徐々に伸びてきています。

今後も血液・腫瘍内科の体制強化を目指していきたいと、細木先生は語っています。

抗がん剤治療に関する資格

  • がん治療認定医
  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医

在籍している医療機関:君津中央病院

がん治療認定医、がん薬物療法専門医資格を有する常勤医と、大学病院や総合病院からの出張医師で構築されている君津中央病院の血液・腫瘍内科。主に悪性リンパ腫や骨髄異形成症候群、多発性骨髄腫などの造血器悪性腫瘍に対する総合的な診断と化学療法を行なっています。

また、貧血や白血球・血小板減少といった各種造血障害にも対応します。

強力な化学療法を行なう場合は、近隣医療機関の血液内科とも連携して治療を行なっています。

野口雅章医師

順天堂大学医学部附属浦安病院の野口雅章先生は、血液内科の教授にして悪性リンパ腫や白血病の専門家。免疫分野の診療経験を積んだ後に血液内科へ転向し、総合病院などでの医療も学んできた経歴をお持ちです。

血液内科は医療業界でもとくに目覚ましい進歩を遂げている分野で、近年は免疫療法の研究が進んで根治が期待できる血液がんも増えてきました。患者さんのニーズに応えられるよう診療体制を整え、治療の精度を高めていきたいと野口先生は語っています。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
  • 日本がん治療認定医機構 暫定教育医

在籍している医療機関:順天堂大学医学部附属浦安病院

多くの自家造血幹細胞移植を手がけているのが、順天堂大学医学部附属浦安病院の血液内科。骨髄バンクからの同種造血幹細胞移植への対応も進めており、治療を終えた患者さんには再発や二次性発がんの予防と早期発見のため、多職種によるチーム医療で長期フォローに取り組んでいます。

今後は無菌室を増やす計画もあり、設備が整えばCAR-T細胞療法など新たな免疫療法も導入する見込み。大学病院として研究や教育に注力しているのも同院の特徴です。

長山人三医師

がん免疫療法の権威として活躍する、帝京大学ちば総合医療センターの長山人三先生。血液・腫瘍内科学を専門とし、がん免疫療法に欠かせない細胞障害性T細胞誘導用組成物に関して特許を取得するなど、職務上の実績も多大なものがあります。さらに臍帯血移植や移植免疫学にも精通しています。

臨床の現場でも日々多くの症例に向き合い、セカンドオピニオンにも対応。患者さんからも同業者である医師からも厚い信頼を寄せられるドクターです。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本血液学会 専門医・指導医

在籍している医療機関:帝京大学ちば総合医療センター

2006年の開設以降、千葉県内の幅広い地域から多くの患者さんを受け入れている帝京大学ちば総合医療センターの血液内科。急性白血病や慢性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などに対して抗がん剤治療や抗体医薬、低分子標的治療薬などの標準治療を実施しています。

入院治療以外に、外来化学療法センターを利用した通院による抗がん剤治療にも取り組んでいる同センター。そちらでも抗体療法や分子標的薬を積極的に導入して、化学療法や移植に頼らない治療も目指します。

遠藤慎治医師

新松戸総合中央病院の遠藤慎治先生は、がん薬物療法や消化器がん内視鏡診断・治療を専門とするがん治療のスペシャリスト。同院の副院長、消化器・肝臓内科主任部長として消化器病センターを統括しています。

がん専門医として後進の臨床指導や治療薬の開発にも関わり、化学療法の名医としてメディアにも紹介される遠藤先生。従来と大きく変わってきた抗がん剤治療に際しては、がんの種類や遺伝子のタイプによって最適な治療法の選択を心がけています。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 指導医・がん薬物療法専門医
  • がん治療認定医

在籍している医療機関:新松戸総合中央病院

新松戸総合中央病院の消化器病センターに腫瘍外来が開設されたのは2015年。以降、がん薬物療法専門医が胃がんや大腸がん、肝胆膵がんなどの消化器がんをはじめ、消化管間質腫瘍(GIST)や神経内分泌がん、腹膜がんなどの希少がんや原発不明がん・肉腫などの治療に対応しています。

がん薬物療法は直近のエビデンスに基づいた標準医療を提供。複数の他施設共同臨床試験にも積極的に参加するなど、新たな治療薬の開発にも協力を惜しみません。

神奈川県

市川度医師

消化器外科医として研鑽を積んだ後に腫瘍内科医へ転じたという昭和大学藤が丘病院の市川度先生。もともと日本では外科医が抗がん剤治療も担当するシステムでしたが、真剣に勉強してみると奥が深く、一から出直すつもりで腫瘍内科に移ったと市川先生は語ります。

効果と副作用を見極めた処方が腫瘍内科医の使命だと考え、単純に副作用だけを理由に昔ながらの使い方をする医師は認めないという厳しい一面も。患者さんと共に苦しみ、共に喜ぶという「寄り添う医療」を体現している名医の一人です。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

在籍している医療機関:昭和大学藤が丘病院

昭和大学藤が丘病院の腫瘍内科・緩和医療科では、日本臨床腫瘍学会が認定するがん薬物療法専門医を含む3名の医師によって高度な専門性に基づいた診療体制を構築しています。近年のがん薬物療法の多くは院内に設置された腫瘍センターにおいて通院治療として実施しますが、万一自宅療養中にトラブルが起きた場合でも救命救急センターが対応します。

すべての患者さんの治療方針は国内外のガイドラインを参考に、エビデンスに基づいた決定を行ないます。消化器がんや呼吸器がんに対しては、内科医、外科医、放射線科医などが一堂に会するキャンサーボードで、集学的治療を含めた検討を実施しています。

勝俣範之医師

国立がん研究センターに20年勤務した後、日本医科大学武蔵小杉病院に腫瘍内科を開設した勝俣範之先生。抗がん剤治療の第一人者として知られ、緩和療法にも精通したドクターです。誤解されがちながんの情報を正しく伝えるため、日々の診療のほかに啓蒙活動にも注力しています。

現代のがん治療では、遠隔転移があったとしても上手に薬物療法を行なうことで、QOL(生活の質)を高めながらがんと共存することも可能になってきていると語る勝俣先生。仕事をしながら闘病生活を送ることを願う多くの患者さんが、絶えず先生のもとを訪れています。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本内科学会 認定医
  • 日本臨床腫瘍学会 指導医・がん薬物療法専門医
  • 日本がん治療学会 がん治療認定医

在籍している医療機関:日本医科大学武蔵小杉病院

日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科の特徴は、他医療機関の腫瘍内科でも対応しているケースが少ない婦人科がんや乳がん、泌尿器がんのほか、希少がんとされる肉腫や原発不明がんなどにも積極的に対応していることです。もちろん適切に抗がん剤治療を実施するだけではなく、手術や放射線治療、緩和医療などのコーディネーターとしての役割も果たします。

また、セカンドオピニオンをはじめがん患者さんのさまざまな悩みや相談にも対応し、患者さんの生活の質を最大限に重視するよう心がけているのが見逃せないポイントです。より良い生活のために、患者さんと共にがんと闘うのが日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科のモットーです。

砂川優医師

聖マリアンナ医科大学病院腫瘍内科の准教授を務める砂川優先生が目指しているのは、がん患者さんが迷うことなく受け入れられる治療法の確立です。

日々研究が進められているがん治療においては、わらにもすがる思いで科学的根拠が乏しい治療法に頼るがん患者さんは少なくありません。砂川先生は、患者さんが治療の選択に迷いが生じているような現状について、医療者が真剣に考えていく必要があることを強く訴えています。

がん患者さんの誰もが求める納得できる説明と明確な裏付け、その真のニーズに応えるため、砂川先生は今日も挑戦を続けています。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本内科学会 認定医
  • 日本臨床腫瘍学会 指導医・がん薬物療法専門医
  • 日本癌治療学会 がん治療認定医

在籍している医療機関:聖マリアンナ医科大学病院

聖マリアンナ医科大学病院腫瘍内科のスタッフは抗がん剤治療の経験が豊富で、全国のがん専門病院とのネットワークを活かして新しい情報に基づいた治療を実践しています。そして現状に満足することなく、新たな治療法開発のための臨床試験などにも積極的に参加します。

同院はがんゲノム医療拠点病院に指定されており、がんの遺伝子解析を実施できるため、それぞれのがんに合った薬剤を探すことが可能です。腫瘍内科ではこのゲノム解析を積極的に実施して診断と治療の成績を向上させています。また、院内の腫瘍センターと連携して、患者さんの治療と生活を支える緩和療法などにも注力しています。

藤井知紀医師

関東労災病院の腫瘍内科部長を務める藤井知紀先生は、臨床血液学・臨床腫瘍学、そしてがん化学療法全般を専門とするドクターです。患者さんの目線で診療することを心がけているという藤井先生は、親身かつわかりやすい説明で多くの患者さんの信頼を集めています。「治療のリスクやデメリットも包み隠さず話してくれてありがたい」という声も聞こえてきます。

総合内科専門医でもあるため、がん以外の病気(合併症など)を抱えている患者さんも総合的な治療を受けることができるでしょう。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本内科学会 総合内科専門医・指導医
  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医
  • 日本呼吸器学会 専門医・指導医
  • 日本血液学会 専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

在籍している医療機関:関東労災病院

関東労災病院の腫瘍内科は、臓器横断的にがん治療を提供する診療科として2010年に開設されました。患者さんやご家族とじっくり相談しながら、最適と考えられる治療を提案しています。

現在は血液がんの患者さんが多くなっていますが、肺がんや乳がん、消化器がんなどの固形がんや、原発不明がんなどの難治がんにも一部対応しています。がん治療にともなう身体的・精神的症状の改善にも努めてきました。

同科は血液内科と一体化して運営されているのも特徴で、患者さん中心の全人的医療の提供を目指しています。

下山ライ医師

医学部卒業後20年以上にわたり、一貫して湘南鎌倉総合病院に勤務してきた下山ライ先生。一般外科診療に携わっていましたが、少しでも患者さんを助けられるようにと抗がん剤治療を学び、同院のオンコロジーセンター長に着任しました。

現在はがん薬物療法専門医研修施設にも認定されている同院は、次に地域がん診療連携拠点病院の指定を目指して準備を進めています。その中で、下山先生は患者さんの治療のためにこれからも高い志を持ち続けていきたいと語られています。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会 専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

在籍している医療機関:湘南鎌倉総合病院

湘南鎌倉総合病院のオンコロジーセンターは、がんの集学的治療から患者さんの社会的・心理的サポートまですべてカバーするがん治療センター。従来は各診療科それぞれで行なっていたがん診療を集約化し、専門知識を有するスタッフが治療を行なうことでより高度な医療を提供します。

また、専門的な研修を受けた看護師や薬剤師、メディカルソーシャルワーカーなどが在籍するがん支援相談センターも設置され、治療内容だけではなく経済的な部分も含めた、患者さんのさまざまな問題を解決する体制を整えています。

岩﨑靖士医師

地元六角橋で生まれ育った岩﨑靖士先生が開設したみついわクリニック六角橋は、患者さん個人の社会的背景を含めた全人的医療をモットーとする地域密着型のクリニック。岩﨑先生は外科医として数多くの消化器がんを執刀し、その一方で総合病院の化学療法部長として年間1,000例以上の抗がん剤治療を手がけてきました。

誰一人として同じ症状の患者さんはいない、一人ひとりに合ったオーダーメイド治療を患者さんの日常生活の傍らで行なっていきたいと岩﨑先生は語ります。

抗がん剤治療に関する資格

  • がん治療認定医

在籍している医療機関:みついわクリニック六角橋

抗がん剤は、治療成績はもちろん、投与方法や副作用管理の進歩によって入院せずに通院治療が可能なケースが多くなってきました。みついわクリニック六角橋では前職で年間1,000人以上の抗がん剤治療を管理してきた院長が、その高い知識と技術に基づき経験豊富な看護師とともに消化器がんに対する外来化学療法を行なっています。

また、抗がん剤治療にともなう持続注入用埋め込み型カテーテル設置などの処置や、がん治療にともなう疼痛管理にも対応しています。

酒井リカ医師

神奈川県立がんセンター副院長の酒井リカ先生は、同センターの血液・腫瘍内科部長も兼任するがん薬物療法の名医。とくに悪性リンパ腫の治療に精通し、臨床の現場だけではなく市民公開講座にも登壇するなど啓蒙活動にも奔走されています。

治療に際して心がけているのは、病状を十分に理解してもらったうえで、患者さん本人や家族と相談しながら最良の治療方針を提案すること。多職種によるチーム医療を統括し、患者さんが安心して治療を受けられるよう努めています。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医
  • がん治療認定医

在籍している医療機関:神奈川県立がんセンター

神奈川県立がんセンターの腫瘍内科では、主に悪性リンパ腫や多発性骨髄腫など、リンパ系悪性疾患に対する診療を手がけています。治療は通院または入院で実施する通常の抗がん剤治療をはじめ、無菌室で実施する自家末梢血幹細胞移植併用大量療法にも対応します。また、大腸がんや甲状腺がん、神経内分泌がん、原発不明がんといった一部の固形がんに対する薬物療法も可能です。

標準的治療法が確立されていない病状に対しては、他診療科の医師や専門薬剤師・看護師とともに治療方針を決定していく体制も整っています。

赤木秀子医師

けいゆう病院の化学療法室長を務める赤木秀子先生は、抗がん剤治療全般を専門とするドクター。がん薬物療法専門医・がん治療認定医として活躍しています。

これまでに3,000人を超えるがん患者さんとその家族の心に寄り添ってきた赤木先生。その姿勢は「がん患者さんを笑顔にする治療が天職」ともいわれるほど。がんという病気を悲観的にとらえず、不幸や不安の中に生きるのではなく、正しく理解し向き合って最適な治療法を選んでほしいと赤木先生は語ります。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
  • がん治療認定医

在籍している医療機関:けいゆう病院

かつては警察の職域病院、地域の中核病院として発展してきたけいゆう病院。平成16年には地域医療支援病院の認定を受け、現在は災害医療拠点病院、神奈川県DMAT指定病院、そして神奈川県がん診療連携拠点病院にも指定されました。

同院は各種がんの治療を行なうだけではなく、がん支援センターや患者サロン、がん治療後のリンパ浮腫のケア、若年女性がん患者さんの妊孕性温存に対するオンコファティリティー外来(がん・生殖医療)などを通じて患者さんを支援しています。

岡本浩明医師

横浜市立市民病院・腫瘍内科長の岡本浩明先生は、同院のがんセンター長、呼吸器内科長を兼務する肺がんの権威。日本肺癌学会の評議員で中皮腫ガイドライン委員会にも携わるなど、その存在と実力を広く知られたドクターです。

治療にあたっては総合病院のメリットを活かし、患者さん一人ひとりに合った最適ながん治療を提案する岡本先生。幅広い職種からなる医療チームを率いて患者さんを支え、対話に基づいた安心できる医療を心がけています。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本肺癌学会 評議員
  • 日本臨床腫瘍学会 協議委員

在籍している医療機関:横浜市立市民病院

横浜市立市民病院では診療科単位でがん診療を行なっているため、腫瘍内科は科単独での診療を廃止して呼吸器内科と一体化されました。したがって、原発不明がんや複数の臓器にわたるがん、肉腫などの希少がん、診療科を決められないがんを同科で対応しています。

在籍する医療チームは多くの臨床試験を経験しており、実地においても高度な医療を提供。高齢の肺がん患者さんの増加や新薬登場による副作用の多様化といった現状に、さまざまなマネージメントで対応しています。

埼玉県

中島日出夫医師

上尾中央総合病院において、腫瘍内科の開設責任者である中島日出夫先生。21世紀に入ってから大きな変革を遂げているがん診療、とくに化学療法の日進月歩によってダイナミックに変貌した治療戦略の根幹を支えてきたドクターです。

同院は埼玉県がん診療指定病院であり、中島先生はその腫瘍内科のトップとして臓器別診療科の垣根をなくして連携を深めてきました。次々に開発される新しい治療法にも迅速に対応できるよう、診療体制を強化していきたいと中島先生は語っています。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
  • 日本ハイパーサーミア学会 認定医
  • 日本外科学会 認定医
  • 日本消化器外科学会 認定医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

在籍している医療機関:上尾中央総合病院

上尾中央総合病院の腫瘍内科は、基本的にすべてのがんに対応しています。専門外来に加えて専属スタッフが化学療法室に常駐しており、患者さんの相談にも都度対応することもできます。

近年の化学療法分野では、従来の抗がん剤とは異なる作用機序を持つ分子標的薬などが次々に開発され、臨床の現場に導入されてきました。それにともなう標準治療や副作用対策の変化に対しては、がん治療専門の医療スタッフが一丸となって新しい情報を収集して対応しています。

公平誠医師

公平病院の院長・公平誠先生は、医師になってから長くがんの診療に携わってきた後に同院を継承しました。できるだけ総合的にがんを診られるようにと、乳がんや大腸がんなど患者さんが多いがんやリンパ腫などの血液がん、さらに肉腫や原発不明がんなどの希少がんまで幅広いがん診療に従事してきた経験を持ちます。

その経験を活かし、地域医療の中でがん患者さんに安心して診療を受けてもらい、健康維持や治療上の悩みの解決に役立ちたいと願っています。

抗がん剤治療(化学療法)に関する資格

  • 総合内科専門医
  • がん治療認定医
  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医

在籍している医療機関:公平病院

「地域でがん治療に向き合う」をテーマに掲げる公平病院。同院には腫瘍内科を専門とする医師が4名在籍しており、治療はもちろん、がんに関するあらゆる不安の相談相手になることも自院の役目だと考えています。スローガンは「コミュニティ・オンコロジー」。患者さんやご家族とともに、がんと向き合う地域に根差した病院を目指しています。

腫瘍内科専門医の豊富な経験と高度なスキルを活かし、地域で暮らしながら国内における標準的なレベルのがん治療・緩和医療が受けられるのが公平病院の特徴です。

石綱一央医師

乳がんの専門医として乳腺レディースクリニック越谷を開設した石綱一央先生。大学病院や総合病院で長く乳がん治療を手がけ、開業後も乳がんの検診・診断、そして抗がん剤治療を専門に実施しています。

開業のきっかけは、より身近で気軽に受診できるクリニックの必要性を強く感じたことだと語る石綱先生。クリニック全体はもちろん、とくに抗がん剤治療を受ける点滴室はゆったりと落ち着いた雰囲気で、患者さんを思う石綱先生の姿勢と人柄があらわれているようです。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
  • がん治療認定医

在籍している医療機関:乳腺レディースクリニック越谷

乳腺レディースクリニック越谷は、乳腺専門医・がん薬物療法専門医による乳がん検診や精密検査、ホルモン療法や抗がん剤などの薬物療法を実施する専門クリニック。これまで埼玉県東部地域には乳腺疾患を専門的に診療するクリニックがありませんでしたが、同クリニック開設後は多くの患者さんが専門的な治療を求めて訪れています。

大学病院や総合病院との連携体制もしっかり構築されており、相互紹介の実績も高いところが信頼されているクリニックの証です。

添田大司医師

三井病院の腫瘍内科で外来化学療法センター長を務める添田大司先生は、腫瘍内科を専門とするドクター。とくに消化器がん、乳がんなどの化学療法やホルモン療法に加え、がんの緩和医療にも精通しています。添田先生を頼るがん患者さんは多く、同院のサテライトである三井クリニックでも活躍してこられました。

医療関係者向けの講演会に登壇する機会も多く、日本臨床腫瘍学会指導医、日本乳癌学会認定医という立場の添田先生から多くのことを学んでいる医師も多いようです。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 指導医・がん薬物療法専門医
  • 日本乳癌学会 乳腺認定医
  • がん治療認定医

在籍している医療機関:三井病院

三井病院の腫瘍内科は、がんに対する薬物療法を行なう抗がん剤治療の専門診療科です。さまざまな副作用をともなう抗がん剤治療に際して適切な支持療法を実施し、患者さんの日常生活に支障をきたさないよう心がけています。患者さんの状態によって抗がん剤治療が難しい場合は症状を軽減する緩和治療を行ない、必要に応じて在宅医療や入院治療も検討します。

このほか、抗がん剤治療に関する相談にも随時対応しています。遠方の医療機関に通院している患者さんでも同様の治療を受けられる場合があります。

福元剛医師

行田総合病院の外科医長であり、同時に腫瘍内科も専門とする福元剛先生。消化器がん外科治療認定医やがん薬物療法専門医など多数のライセンスを持ち、多角的な視点をもってがん治療にあたるドクターです。

近年著しい進歩を遂げている抗がん剤治療において、常に新しいエビデンスを治療に取り入れ、免疫チェックポイント阻害薬を用いた免疫療法や分子標的薬治療にも積極的に取り組みます。そして抗がん剤治療中に外科的治療が必要になった場合も、福元先生は迅速に対応できる高い技術をもっています。

抗がん剤治療に関する資格

  • がん治療認定医
  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医

在籍している医療機関:行田総合病院

行田総合病院の腫瘍内科では、主に胃がんや大腸がん、膵臓がん、胆道がんなどの消化器がんに対する治療を実施しています。また、消化器がんの他にも乳がんや肺がんなど、さまざまながんの抗がん剤治療を中心とした療法全般にわたる専門的な診療を手がけてきました。がんのセカンドオピニオンにも対応しています。

また、外来化学療法室の管理運営に加え、抗がん剤治療スケジュールであるレジメンの管理も腫瘍内科の重要な役割となっています。

濱口哲弥医師

濱口哲弥先生は埼玉医科大学国際医療センター消化器腫瘍科の教授・診療部長で、消化器がんの薬物療法を専門とするエキスパート。がん診療を志して国立がんセンターで長く研鑽を積んだ後、現職に就かれました。

2007年には日本癌学会奨励賞を受賞し、米国や欧州の臨床腫瘍学会にも在籍するなど、国内外を問わず活躍する濱口先生。地域連携にも積極的に取り組み、紹介元や地元の医療機関とも協力して患者さんの日々の生活のバックアップにも尽力しています。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
  • がん治療認定医・暫定教育医

在籍している医療機関:埼玉医科大学国際医療センター

埼玉医科大学国際医療センターの消化器腫瘍科では、外科と協力してがん薬物療法を実施しています。遠隔転移があって手術の適応がない患者さんや、がんが再発してしまった患者さんに対しても全身状態を考慮した上で薬物療法を行なうほか、臨床試験など先進的な治療にも積極的に取り組んでいます。

また、がんによる疼痛などの症状がある患者さんに対しては、緩和医療科と連携してスムーズに治療が受けられるよう配慮しています。もちろん、治療効果や副作用などを十分に理解してもらった上での治療を原則とします。

三谷絹子医師

獨協医科大学の三谷絹子先生は、血液・腫瘍内科の教授で日本癌学会の評議員も務めるドクター。その高い功績が認められ、さまざまな医学賞や学会奨励賞を受賞してきた経歴をお持ちです。

大切にしているのは「人と人の和」で、治療法の選択にあたっては常に親切丁寧な説明を心がける三谷先生。大学病院の教授として、そして臨床医として、自立した医療人を育成しつつ血液・腫瘍内科の領域で患者さんに貢献していきたいと語っています。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本癌学会 評議員

在籍している医療機関:獨協医科大学病院

獨協医科大学の血液・腫瘍内科では、血液疾患全般に対する治療を行なっています。急性および慢性白血病や悪性リンパ腫といった造血器腫瘍には特殊な薬剤や無菌環境が要求されますが、同科ではそうした体制が整った設備を有し、経験豊富な専門医が治療を担当します。

また、遺伝子診断など先進的な分子生物学の技術を導入しているのも同科の特徴。根治を目指した造血器腫瘍に対する抗がん剤治療や造血幹細胞移植などを積極的に実施します。

酒井洋医師

埼玉県立がんセンター呼吸器内科部長の酒井洋先生は、肺がんに対する化学療法において国内外で活躍するドクター。とくに、進行性非小細胞肺がんに対する従来の抗がん剤併用療法への分子標的薬の上乗せ効果を世界で初めて証明した臨床試験に関与するなど、その功績は非常に高いものがあります。

酒井先生が登壇する講演会では質問が引きも切らないという人気ぶりで、もちろん臨床の現場でも真摯な姿勢で患者さんと向き合うことから多くの信頼が寄せられています。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
  • がん治療認定医

在籍している医療機関:埼玉県立がんセンター

埼玉県立がんセンター呼吸器内科では、近年のがん治療研究の進歩と肺がん患者さんの増加にともない、チーム医療による体制強化と積極的な情報収集を図っています。治療にあたっては胸部外科や放射線科、脳神経外科、腫瘍診断予防科など関連診療科と緊密な連携を取り、根治を目指す集学的医療に取り組んできました。

ステージⅢ非小細胞肺がんや限局型の小細胞肺がんでは、化学療法と放射線療法の併用で根治が期待できる患者さんも増えています。

西智弘医師

川崎市立井田病院・腫瘍内科で化学療法センター長を務める西智弘先生は、腫瘍内科と緩和ケアを専門とする同科のエース。家庭医療を学んできた経験から在宅医療にも造詣が深く、2017年には自ら一般社団法人プラスケアを設立し、「暮らしの保健室」の運営を中心とした地域活動にも力を入れています。

患者さんの生活や生き方、大切にしたいものを守るための手段のひとつとして抗がん剤治療を提案する、というスタイルの西先生。緩和ケアと一体になった診療で精神的なサポートにもあたります。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医

在籍している医療機関:川崎市立井田病院

川崎市立井田病院の腫瘍内科では、抗がん剤治療を中心とした診療を行なっています。主な対象は肝臓がんや胆道がん、膵臓がんですが、消化管間葉系腫瘍(GIST)や消化管原発不明神経内分泌がん、原発不明がんなどにも対応します。

また、地域におけるがん拠点病院としての役割を果たすため、緩和ケアの充実だけではなく支持療法や意思決定支援、通院困難な場合の抗がん剤治療継続などを目的とした腫瘍内科緩和ケア初診の枠も設け、早期からの緩和ケア外来のニーズに応えています。

茨城県

栗島浩一医師

栗島浩一先生は、筑波メディカルセンター病院の呼吸器内科で専門部長を務めるドクター。呼吸器一般を専門としていますが、とくに肺がんの治療に豊富な実績を持っており、日本化学療法学会や日本臨床腫瘍学会の専門医として活躍されています。

肺がんの研究活動において高い評価を得ている栗島先生。その成果は臨床の場に還元され、多くの肺がん患者さんの治療に活かされてきました。近隣医療機関との連携体制構築にも尽力しており、地域に根づいた肺がん診療を目指したいと栗島先生は語ります。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

在籍している医療機関:筑波メディカルセンター病院

筑波メディカルセンター病院呼吸器内科の診療は、肺炎や気管支ぜんそくなどに加えて肺がんの診断・治療が中心です。肺がんは肺がんドックによる早期発見とともに、各診療科の協力のもとで迅速な確定診断を行なっています。

治療は主に手術困難な肺がん症例に対し、放射線治療と抗がん剤治療の併用による集学的治療や、新たに登場した抗がん剤による治療を積極的に推進。受け入れている肺がん患者さんは、2017年、2018年と連続で450人以上にのぼります。

大原元医師

水戸協同病院で呼吸器内科部長を務める大原元先生は、日本臨床腫瘍学会が認定するがん薬物療法専門医。さまざまな診断機器を駆使して的確かつ迅速な診断を行ない、外科や放射線腫瘍科とも連携して肺がん診療にあたってきました。

治療に際しては、質の高い医療の提供とわかりやすい病状説明を心がけている大原先生。県北の拠点病院における呼吸器内科の責任者として、つくば市の附属病院との協力体制構築にも尽力して地域のがん診療を支えています。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

在籍している医療機関:水戸協同病院

水戸協同病院の呼吸器内科は、悪性腫瘍を含め幅広い領域をカバーしています。肺がんなどの腫瘍性疾患に対しては、呼吸器外科や大学病院の放射線腫瘍科とも連携し、患者さん一人ひとりに最適な医療の提供を目指してきました。

当院は日本がん治療認定医機構、日本臨床腫瘍学会の認定研修施設であり、診療体制や治療実績において高いハードルをクリアしている医療機関。がん治療に精通した医師も複数在籍しており、高度な抗がん剤治療を実践しています。

米野琢哉医師

水戸医療センターの副院長を務める米野琢哉先生は、日本臨床腫瘍学会や日本血液学会の指導医資格を有する実力者。同センターの臨床研究管理室長も兼任し、血液がんに対する新たな治療法の研究にも余念がありません。

多くの研修医を受け入れ、未来のがん診療を担うドクター育成に尽力する一方、多くの患者さんにも向き合う多忙な日々。その中でもがんの啓蒙活動の一環として市民講座にも登壇するなど、患者さん目線を決して忘れない名医が米野先生です。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
  • 日本血液学会 専門医・指導医

在籍している医療機関:水戸医療センター

水戸医療センター血液内科では、悪性リンパ腫や多発性骨髄腫、白血病など造血器の悪性腫瘍に対する治療を行なっています。化学療法や移植治療の実施には看護師、薬剤師、検査技師など多職種との連携が不可欠であり、カンファレンスや勉強会を通じて医療の質を高めることにも重点を置くのが同科の特徴です。

近年では通院による化学療法や定期的な輸血を要する患者さんが増えており、血液内科医をはじめとする専門スタッフが最善の治療を提供すべく奮闘しています。

関根郁夫医師

関根郁夫先生は筑波大学附属病院腫瘍内科の教授で、がん薬物療法を専門とする抗がん剤治療の権威。大学病院や国立がんセンターで突出した実績を残し、2015年現職に着任されました。専門は肺がんで、肺線維症を合併した肺がんの治療に関する研究は高い評価を得ています。

「これからの日本のがん医療を背負って立つ若い医師を育てたい」と語る関根先生。その志に共感する多くのスタッフとともに、現在も多くのがん患者さんに向き合っています。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 専門医・暫定指導医
  • 日本呼吸器学会 指導医・専門医

在籍している医療機関:筑波大学附属病院

筑波大学附属病院の腫瘍内科は、現在のがん医療における多様なニーズに対応するため新たに開設された診療科です。従来の臓器別診療科や放射線科、外科、緩和ケア科、精神科などと協力体制を取りながら、既存の枠組みでは難しかったがん患者さんのケアを目指しています。

また、同科ではがんゲノム医療にも力を入れており、特定の臓器に関わらず臓器横断的な対応で診療にあたります。これまでの抗がん剤治療や分子標的薬治療と併せて大きな期待が寄せられています。

藤尾高行医師

茨城県立中央病院・茨城県地域がんセンターの血液内科医長である藤尾高行先生は、日本臨床腫瘍学会が認定するがん薬物療法専門医。腫瘍内科と協力し、お互いの強みを活かしあって血液がんの治療にあたっています。

65歳以下の悪性リンパ腫、多発性骨髄腫の患者さんには積極的に自己末梢血幹細胞移植を実施するのが方針。悪性リンパ腫のひとつである胃MALTリンパ腫に対しては、消化器内科と連携を取りながら積極的な化学療法を行なうなど、専門性を活かした治療で高い実績を上げているドクターです。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
  • 日本血液学会 専門医

在籍している医療機関:茨城県立中央病院・茨城県地域がんセンター

茨城県立中央病院・茨城県地域がんセンターを訪れる患者さんの多くは、主に病診連携を通じて近隣医療機関から紹介された方々です。治療は化学療法をはじめ自己末梢血幹細胞移植にも対応し、遺伝子定量装置や遺伝子配列解析装置も完備して約500件の遺伝子検査を院内で実施しています。

2018年の実績では入院・通院併せて延べ4,000人以上の患者さんを受け入れました。入院は初回治療のみで、継続が必要な化学療法については外来化学療法センターで対応します。

栃木県

小林洋行医師

小林洋行先生は、若くして那須赤十字病院の血液内科部長を務める新進気鋭のドクターです。血液の領域にとどまらず血液腫瘍医を目指して研さんを積み、広い視野に立った観察眼と若手研修医の模範となる姿勢が高く評価されています。

専門は急性リンパ性白血病や悪性リンパ腫、造血幹細胞移植などで、その知識と経験は臨床の場はもちろん、市民講座などで披露する一面も。患者さんからは「小林先生だから治療をお願いした。何でも親身になって対応してくれる」といった喜びの声が寄せられます。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

在籍している医療機関:那須赤十字病院

那須赤十字病院の血液内科では、白血病や悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群などの患者さんを受け入れています。抗がん剤治療においては副作用が最小限に抑えられるよう最適な補助療法を心がけ、クリーンルームを用いて高度な骨髄抑制にも対応可能な体制を有します。

同院が存在する地域は高齢の患者さんも多いため、患者さん一人ひとりの社会的背景なども考慮して治療法を提案します。血液がんは社会的認知度が低いこともあり、治療の説明はわかりやすい言葉を使い、患者さんの不安を取り除くことも忘れません。

杉山智英医師

栃木県立がんセンターの呼吸器内科で副科長を務める杉山智英先生は、肺がんを専門とする呼吸器の専門医。日本呼吸器学会の指導医やがん薬物療法専門医の資格を持つなど、その実力は折り紙つきです。

抗がん剤治療に関する論文も数多く出版し、医療人からも高い評価を寄せられる杉山先生。治療にあたっては同科に在籍する専門医とともにチーム体制を組み、患者さん一人ひとりの身体的状況や社会的背景によって臨機応変な対応を心がけています。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本呼吸器学会 専門医・指導医

在籍している医療機関:栃木県立がんセンター

栃木県立がんセンターの呼吸器内科は、主に肺がんや胸腺腫瘍、胸膜腫瘍に対する抗がん剤治療を行なっています。基本的には手術が困難な患者さんが対象ですが、放射線治療との併用や手術後の抗がん剤治療、臨床試験としての手術前化学療法なども多く手がけます。

治療は主治医だけの判断ではなく他の専門医も診断・治療に関わり、目指すのはチーム医療による最適な医療の提供。外科や放射線科とも協力し、診療ガイドラインを遵守した治療方針の立案を心がけています。

田中浩一医師

黒須病院の外科部長を務める田中浩一先生は、外科専門医・指導医であると同時にがん薬物療法専門医・指導医でもあるゼネラリスト。主に乳腺や呼吸器を得意分野とし、これまでも総合病院や国立がんセンターで活躍してきました。

田中先生のポリシーは「患者さんの気持ちに寄り添った丁寧な医療を心がけること」。がん薬物療法の専門家として常に新しい知見を追求し、患者さん一人ひとりに適切な治療を提供することを目指しています。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医

在籍している医療機関:黒須病院

黒須病院では、専門領域の診療経験が豊富な医師が新しい技術と知識をもって治療にあたっています。呼吸器外科においては肺がんや縦隔腫瘍などに対し、専門医による正確な診断と化学的根拠に基づく治療を行なってきました。

このほか専門外来として乳腺科を有し、日本人女性の発症率が急激に上昇している乳がんに対して経験豊富ながん治療専門医が診療にあたります。家族も安心できるよう近隣の開業医とも連携体制を取り、患者さん主体の医療を心がけているのも同院の特徴です。

中元明裕医師

とちぎメディカルセンターしもつが消化器内科で、がん薬物療法専門医として活躍する中元明裕先生。大学病院でがん治療に長く従事し、臨床試験を含む研究功績は多くのがん患者さんの診療に役立っています。

専門は消化器がんで、同センターに着任した現在も大学病院と連携して最適な医療を患者さんに届けるのが中元先生のスタイル。科学的根拠に基づいた抗がん剤治療を手がける一方、日々進歩する新薬治療にも積極的に対応しています。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医

在籍している医療機関:とちぎメディカルセンターしもつが

とちぎメディカルセンターしもつがは、栃木県が指定する肝臓疾患の専門医療機関。肝臓がんの早期発見・早期治療に努めており、局所治療のほか新しい知見に基づいた全身化学療法など、個々の患者さんに応じた適切な治療を提供します。

肝臓がん以外の消化器がんに対してもエビデンスに基づく抗がん剤治療を実施。研究開発が進んだことで近年相次いで登場している新薬による治療も取り入れ、外来化学療法室の充実による通院治療にも力を入れています。

長井良昭医師

自治医科大学附属病院で臨床腫瘍部の助教を務める長井良昭先生は、呼吸器内科が専門で肺がん治療に長く携わってきたドクターです。進化を続ける非小細胞肺がんの薬物治療に精通し、がん専門医の育成を目的とした6大学合同セミナーに登壇するなど、その知識と実績には多くの医療人が信頼を寄せています。

日本肺癌学会や日本癌治療学会など多くの学術機関に所属し、現在も研鑽を積み続けている長井先生。その志と人柄を頼って多くの患者さんが先生のもとを訪れています。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医

在籍している医療機関:自治医科大学附属病院

自治医科大学附属病院の呼吸器内科は、肺がんを含む気道・肺を取り囲む胸部の疾患に幅広く対応しています。肺がんの治療に際しては呼吸器外科、放射線科とも連携し、集学的な治療を行なってきました。

診療体制は約20名の医師という充実ぶり。モットーは「安全・十分な説明・患者さんの立場に立った医療」で、さまざまな難病に対してチーム医療で立ち向かいます。2018年実績では年間673人もの肺がん患者さんを受け入れ、胸腺がんや悪性胸膜中皮腫の治療も手がけています。

群馬県

荒木和浩医師

群馬県立がんセンターで化学療法部長を務める荒木和浩先生は、がん薬物療法専門医でとくに乳がんを専門とするドクター。臨床薬理の専門家でもあり、抗がん剤治療におけるエキスパートと呼べる存在です。

適切な抗がん剤治療を行なうため、各診療科との連携を欠かさない荒木先生。従来の臓器別診療科では対応が難しい臓器横断的ながんや原発不明のがんにも対応するなど、患者さんの状態に合わせて柔軟な診療を行なうことを大切にしています。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本乳癌学会 乳腺専門医

在籍している医療機関:群馬県立がんセンター

群馬県立がんセンターの腫瘍内科は、抗がん剤治療の効果が最大限に発揮されるよう、手術や放射線治療を組み合わせた集学的治療や副作用対策を十分に行なうことが治療方針の柱です。合併症や持病がある場合は、心理的な悩みも含めて専門スタッフがチーム医療の調整役を担い、適切な対策を立案します。

同センターはがんゲノム医療連携病院の一面もあります。国立がん研究センターと連携し、原発不明がんや標準治療が困難ながんなどに遺伝子検査などを実施し、正確な診断と治療の提供に役立てています。

塚本憲史医師

群馬大学医学部附属病院の診療教授である塚本憲史先生は、同院に併設された腫瘍センターのトップを兼任するがん薬物療法の専門家。同センターには塚本先生の統率のもと外来化学療法センターやがん登録部門、緩和ケアチームなどが整備され、それぞれの患者さんに最適な治療方針を提案しています。

治療以外にもがん診療についての相談対応や情報提供を行ない、患者さんと家族の支援体制構築を推進する塚本先生。大学病院として次世代のがん医療を担う医療人育成にも余念がありません。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

在籍している医療機関:群馬大学医学部附属病院

群馬大学医学部付属病院では、高齢化社会にともなって増加したがん患者さんへの診療に対処すべく、がん医療の地域格差、病院格差、情報格差の改善を目的として腫瘍センターを開設しました。その役割はがんの集学的治療、がん診療のレベルアップ、がん予防についての啓発活動などさまざまです。

また、県内の地域がん診療連携拠点病院やがん診療連携推進病院、医師会などと連携協力を図り、協議会の円滑な運営に寄与することも同センターに期待されているところです。

田中寛医師

田中寛先生は高崎総合医療センターでがん診療に従事する外科医。若くして消化器外科専門医・指導医の資格を得る一方、がん薬物療法にも精通する第一線のドクターです。

専門分野は消化器外科や乳腺外科で、名古屋大学腫瘍外科で研さんを重ねたのち地元である高崎に戻り、群馬大学医学部付属病院の肝胆膵外科勤務を経て現在に至ります。診療ポリシーは「誠実で思いやりのある医療」。高崎の住民の皆さんに役に立てるよう日々精進したいと田中先生は語ります。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
  • 日本乳癌学会 乳腺専門医

在籍している医療機関:高崎総合医療センター

高崎総合医療センターはがん診療連携拠点病院であり、悪性腫瘍に対する先進的な治療を数多く手がけています。消化器病センターでは内科医や外科医、放射線科医をはじめとした多職種による症例検討を行ない、高度な専門性と安全性を両立した医療の提供を目指します。

がん治療は総合病院の強みを活かし、糖尿病や心疾患、呼吸器疾患を抱えるがん患者さんに対しても専門診療科と協力し、病状に合わせて一貫した治療と支援を可能にしています。

石原真一医師

伊勢崎市民病院の内科主任診療部長である石原真一先生は、同院の化学療法センター長を兼任する抗がん剤治療の専門医。得意分野は呼吸器領域で、肺がんの治療に長く従事してきた実績があります。

「安全で快適な抗がん剤治療を提供できるよう、スタッフ一同で尽力しています」と語る石原先生が大切にしているのはチーム医療。医師をはじめ化学療法専門の薬剤師や看護師と協力し、さまざまな患者さんのニーズに応えるべく奮闘しています。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

在籍している医療機関:伊勢崎市民病院

伊勢崎市民病院では、患者さんのニーズの変化や副作用対策の進歩を受けて通院による抗がん剤治療を支援するため、外来化学療法センターを開設しています。リラックスして治療を受けられるよう配慮されたセンターは20床を有し、副作用対策に関するパンフレットや脱毛に対するウィッグの展示、患者さんが自由に使用できるインターネット端末などが完備されています。

同センターを訪れるがん患者さんは増加の一途をたどっており、2019年度の実績では年間の抗がん剤投与件数が3,906件にのぼっています。

高田覚医師

群馬県済生会前橋病院の血液内科を統括する高田覚先生は、白血病をはじめとする血液がん治療の専門医。治療法が急速な進歩を遂げた一方でまだ難治性の患者さんが多い白血病に対し、積極的に臨床試験を実施して新たな治療法の確立に尽力してきました。

日々の診療を確実に行ない、教育・研究活動にも携わる高田先生。一人でも多くの患者さんに治癒を得てほしいと願いつつ、目標をともにするスタッフと一丸になって努力を続けています。

抗がん剤治療に関する資格

  • 日本血液学会 専門医

在籍している医療機関:群馬県済生会前橋病院

群馬県済生会前橋病院の血液内科は、白血病の診断と治療を中心とした診療を行なっています。中でも急性白血病に対しては移植用・化学療法用の無菌室を多数設け、日本骨髄移植推進財団の国際認定施設とされるなど、その体制の充実ぶりが伺えます。

同科の部長医師は全員が血液学会専門医・造血細胞移植学会専門医で、平成29年実績では200例を超える新規診断を実施しました。骨髄・末梢血のドナー採取にも対応しています。また、国際共同臨床試験にも参加するなど医学界への貢献度も高いものがあります。

各医師が所属している学会

抗がん剤治療の名医と名高いドクターの多くは、以下のような学会に所属しています。

日本臨床腫瘍学会

日本臨床腫瘍学会は、9,000名以上の会員を擁する日本医学会分科会のひとつ。臨床腫瘍学を中心とする学術と、癌医療の推進に寄与する公益事業を幅広く展開してきました。こうしたさまざまな活動を通じて、癌患者さんの生活の質の向上や生存期間の延長、そして癌の制圧を目指しています。

中でも大きな役割が、がん薬物療法専門医の育成と認定です。がん薬物療法専門医とは、質の高い薬物療法を実現するため幅広い臓器の薬物療法の知識と技術を備えたドクター。全国のがん診療連携拠点病院や大学病院、がんセンターなどを中心に活躍しています。

参考元:日本臨床腫瘍学会

日本臨床薬理学会

臨床薬理学とは、科学的かつ合理的な薬物治療を志向する学問領域のこと。日本臨床薬理学会は、国民が有効かつ安全な薬物治療を受けられるようにさまざまな学問的・社会的活動を行ない、患者さん一人ひとりへの最適な治療の提供を目指しています。

その実現のため、科学としての臨床試験、合理的薬物投与計画法と臨床薬物動態学、患者さんと医療者とのパートナーシップと信頼関係の形成を重要視する同学会。医薬品の有効性と安全性、より高い効果を追求する学会の社会的役割は、今後ますます重要になっていくでしょう。

参考元:日本臨床薬理学会

日本内科学会

日本内科学会の目的は、内科学の進歩と普及を図ってわが国の学術の発展に寄与することです。内科はもっとも一般的な診療科のひとつであり、同学会は医学系学会として国内最大の規模と長い歴史・伝統を有しています。

本来、内科とは患者さんに最初に寄り添う診療科で、患者さんの心理的・社会的側面も考慮した全人的医療を目指すもの。同学会では、さまざまな社会的活動と50年にわたる認定医・専門医制度を通じて、全人的医療を担う内科医の育成に積極的に取り組んでいます。

参考元:日本内科学会

日本外科学会

100年を超える歴史を持ち、40,000名以上の会員を擁する国内でも屈指の規模と歴史を誇る学会が日本外科学会です。会員同士だけではなく国内外の学術団体との知識の交換・提携を通じて外科全体の進歩を図り、それをもって国民の健康と福祉に寄与することを存在意義としています。

とくに力を入れているのは、次世代を担う若手外科医が夢を実現できる人材育成の仕組みと専門医制度の構築。また、時勢に鑑み医療施設間の連携強化や遠隔医療を推進し、国内の医療の大きな課題となっている外科医の地域偏在解消にも取り組んでいます。

参考元:日本外科学会

日本血液学会

血液学は内科の中でも重要な学問分野のひとつであり、日本血液学会はわが国の血液学を学術活動として発展させることを責務としてきました。現在の研修医・専門医制度のもとでは基礎血液学への注目が足りないと考え、その底上げを図るために学会活性化委員会を組織し支援しています。

そして、何より同学会の社会的役割は診療面の充実です。国内どこにいても十分な治療を受けられるような体制を構築するため、約500の研修施設と8つの地方会組織を設けました。これらと緊密な連携を取り、その活動を積極的に支援していく方針です。

参考元:日本血液学会

日本肺癌学会

日本肺癌学会は、肺癌に関する研究と患者さんのケアの進歩・知識の普及をもって、人類の健康と福祉の増進に寄与することをミッションとしています。国内の死因の3分の1を占める悪性腫瘍の中でも第1位である肺癌ですが、その一方で治療の進歩が目覚ましい分野でもあり、同学会の活動は国内外における医療界の注目を集めてきました。

肺癌治療を取り巻く環境は治療技術の進歩だけではなく、ビッグデータの利用やAIの活用など、テクノロジーの革新的変化も起こると見込まれます。この急速な変化のもと、同学会が社会で果たすべき役割とその貢献に大きな期待が寄せられています。

参考元:日本肺癌学会

日本呼吸器学会

日本呼吸器学会は、呼吸器専門医の育成や禁煙キャンペーン、市民公開講座など、学術的・社会的活動を幅広く行なう医学系団体。会員数は1万名に達し、呼吸器領域では国内最大、代表的な存在といえる学会です。学会内には各学術部会が設置され、肺癌を取り扱う腫瘍部会にはもっとも多い3,000名以上のドクターが登録して専門的な研究と臨床を推進しています。

同学会が誇る学術的な知識や技術をもって、社会に貢献することが期待されているところです。

参考元:日本呼吸器学会

日本呼吸器内視鏡学会

高度で安全性の高い呼吸器内視鏡医療の実現を目指す日本呼吸器内視鏡学会。その知識と技術の向上ならびに治療機器の進歩と普及などを図る事業の展開によって、公共の福祉に貢献することを目的とします。

呼吸器内視鏡は、わが国で開発されて世界に普及しました。その診断技術や治療技術を正しく理解し、かつ安全に使用することが学会の精神です。その活動を通じて、肺癌をはじめとした呼吸器疾患の診断や治療をさらに発展させることが同学会の存在意義といえるでしょう。

参考元:日本呼吸器内視鏡学会

日本乳癌学会

日本乳癌学会の目的は、国民が安心できる乳癌診療を提供すること。乳癌の診断と治療は画像検査による検診をはじめ、患者さん一人ひとりの癌のタイプによって手術や薬物療法、放射線療法を組み合わせた治療を行ないます。そこで大切なのは、患者さん本人や家族の意向を尊重しつつ、エビデンスに基づいた治療を提供すること。同学会もその部分を重要視しています。

近年は遺伝子医療が普及しつつあり、この流れは乳癌診療においても変わりません。同学会は他職種から構成されており、その英知を結集して乳癌の遺伝子医療を一歩ずつ進めていく方針です。

参考元:日本乳癌学会

日本膵臓学会

日本膵臓学会はさかのぼること60年前、当時は独立した分野だと認識されていなかった膵臓疾患のパイオニアたちが討議を重ねたのがその始まりです。学会化の後も順調に発展を遂げ、膵臓癌の分野では手術、薬物療法、放射線療法を組み合わせた集学的治療の導入など、多大な功績を残してきました。

膵臓の形態・機能の解明に情熱を持つ研究者と、患者さんを救うことを志す医療者に連携の場を提供するのが使命だと考える同学会。その成果を社会に還元する責務を果たすために全力を尽くしています。

参考元:日本膵臓学会

日本肝臓学会

日本肝臓学会は50有余年の歴史を持ち、国民病といえる肝臓癌・肝炎の診療および研究、そして後進の育成に取り組んできました。

国内における肝臓癌の診療レベルは、世界と比較しても際立って高くなりました。とはいえ、今後も続く新薬登場などの状況変化を踏まえ、さらなる向上を目指す必要があります。肝臓癌と関係が深い肝硬変も同様です。同学会はこれからの四半世紀を見据え、わが国も肝臓研究・診療を発展させて社会貢献を果たしていくことを目指しています。

参考元:日本肝臓学会

日本大腸肛門病学会

将来的な人口減少が叫ばれるわが国において、癌の中でも大腸癌がもっとも多くなると予想されています。そのような中で、日本大腸肛門病学会は下部消化管に特化し、複数の診療科を横断しながらも同じ疾患の研究を行なう学会として存在感を示してきました。

大腸癌だけではなく、炎症性腸疾患や肛門疾患も増加しており、同学会への期待とニーズは高まる一方です。内科、外科、肛門科、放射線科、病理診断科が一堂に会して議論を行なうことができる同学会の意義は、国内の癌診療において今後ますます重要になっていくでしょう。

参考元:日本大腸肛門病学会

日本消化器病学会

日本消化器学会の発足は1898年、わが国でもっとも長い歴史を持つ学会のひとつです。会員数は35,000名を超え、消化器分野における国内最大の学会となっています。

同学会の目的は、消化器病の研究を奨励して消化器病学の向上と発展を図り、人類の福祉に寄与すること。その多岐にわたる事業の中でも、とりわけ専門医の育成と学会の国際化が重要性を増しています。国民から信頼される消化器病専門医の育成は、日本消化器病学会のもっとも重要な使命として期待されています。

参考元:日本消化器病学会

日本消化器外科学会

設立50周年を迎えた日本消化器外科学会。約2万人の会員を擁し、外科系サブスペシャルティ(細分化された専門分野)では国内最大の学術団体です。

消化器癌の集学的治療をはじめ、機能温存手術や低侵襲治療など、医療現場の最前線において消化器外科医はもっとも広い疾患領域を支えます。そのような外科領域の重要な担い手を育成する同学会は、消化器外科学の発展はもちろん、外科医が誇りとやりがいを持ちながら生涯にわたって研鑽を積める場をつくることを使命としています。

参考元:日本消化器外科学会

日本消化器内視鏡学会

国内における消化器内視鏡は、初めての胃カメラが1950年に開発され、その後も改良と新技術の開発が繰り返されて現在に至ります。これによって早期胃癌の診断学が確立されたのは、日本消化器内視鏡学会の大きな功績だといえるでしょう。

同学会は設立当初から内視鏡すべての領域で世界に対して指導的役割を果たしてきました。そして、数多くの専門医を育成してきたのも同学会です。現在の会員数は3万数千名に上り、全国に10支部の下部組織を数えるまでになりました。今後も内視鏡による診断・治療を通じて社会福祉に貢献してくれるでしょう。

参考元:日本消化器内視鏡学会

日本消化管学会

日本消化管学会は、消化管学を専門とする医師や研究者を中心に2004年に設立されました。比較的歴史が浅い学会ながら会員はすでに5,000名を超え、大きな学会の仲間入りを果たした勢いのある学術団体です。

同学会の大きな特徴は、臨床と基礎研究の融合がなされているところ。臨床での課題や新たな治療法などを研究し、発表と議論をもって再び臨床にフィードバックする場でもあります。また、さまざまな学術団体とも連携して消化管学の発展に寄与することを目指しています。

参考元:日本消化管学会

日本泌尿器腫瘍学会

わが国は2人に1人が癌にかかり、3人に1人が癌で亡くなるという時代を迎えています。このような背景のもとで日本泌尿器腫瘍学会は誕生し、5年余りで会員数1,700名を数え、日本泌尿器化学会の関連学会として最大の規模になりました。

新薬の登場や医療機器の開発、遺伝子医療の導入など、医療を取り巻く環境は大きく変化しつつあります。そのような中で、同学会は泌尿器癌に関する多くの情報を発信し、常に新しい医療を患者さんに届けられるよう努力してきました。学術集会には泌尿器科医以外に腫瘍内科医や病理医、放射線科医なども参加し、泌尿器癌診療の向上に大きな役割を果たしています。

参考元:日本泌尿器腫瘍学会

日本緩和医療学会

高齢化社会の進行に伴って緩和ケアの世界が大きな転換点を迎える中、エンド・オブ・ライフケアの質を高めることを目的に日本緩和医療学会は設立されました。特に力を注いでいるのは癌緩和ケアと腫瘍学の統合、緩和ケアの質の測定と向上を継続的に実施できるシステムの構築などです。

わが国での緩和医療の取り組みはまだ十分とはいえず、医療と福祉の専門分野を包括した緩和医療の確立が必要です。同学会は癌をはじめとする根治が困難な病気のすべての過程において、生活の質の向上を目指し、緩和医療を発展させるための研究と実践、教育を通じて社会貢献を果たしています。

参考元:日本緩和医療学会

日本遺伝性腫瘍学会

日本遺伝性腫瘍学会は、前身である日本家族性腫瘍研究会などを経て一昨年に新たなスタートを切った学会です。主な活動目的は、すべての遺伝性腫瘍や関連疾患に関する診療や教育、研究に貢献すること。そこにフォーカスを当てて医師や研究者、医療スタッフ、遺伝カウンセラーなどが一堂に会する学術団体は、世界的に見ても数少ない存在です。

癌の遺伝子医療の急速な進歩や、遺伝性乳癌・卵巣癌のリスク低減手術の登場など、遺伝性腫瘍に対する社会的関心は高まりつつあります。そのため、同学会の活動についても多くの支持が集まるようになりました。

参考元:日本遺伝性腫瘍学会

日本がん分子標的治療学会

ここ20年あまりで、分子標的治療薬は癌治療に欠かせない存在となりました。この画期的で斬新な治療をさらに向上させるべく、多くの関係者の力を結集させようと設立されたのが日本がん分子標的治療学会です。

高額な分子標的治療薬の輸入は医療経済にも大きな影響を及ぼすため、日本発の画期的な医薬品開発を推進していくことも同学会の悲願。また、次世代を担う若手研究者の育成も極めて重要かつ急務であり、それらを実現する機会を提供することも同学会が果たすべき役割だとしています。

参考元:日本がん分子標的治療学会

日本サイコオンコロジー学会

サイコオンコロジーとは、癌と心の関係を扱う精神腫瘍学のこと。ともすれば軽視されがちな、癌が患者さんや家族の心に与える影響と、心や行動が癌の罹患率や生存率に与える影響という二つの側面を明らかにするための学問です。

日本サイコオンコロジー学会の目的は、この精神腫瘍学をもって癌医療に貢献し、癌と向き合う人たちの健康に寄与することです。具体的には患者さんや家族のニーズに沿って精神腫瘍医を育成し、患者さんや家族の声を学会活動にさらに取り入れていくために尽力しています。

参考元:日本サイコオンコロジー学会

各医師が所属している認定機構

上記のような学会のほか、癌治療に関する認定制度を有する機構にも多くの医師が登録しています。

日本がん治療認定医機構

国内における癌治療の水準向上を目指して設立された日本がん治療認定医機構は、高度な知識と技術のみならず、医療倫理に基づいた癌治療を手がける優れた医師・歯科医師の育成と認定を行なっています。

具体的な活動は認定の教育セミナーの開催や認定試験の実施、暫定教育医や研修施設の認定登録などです。この機構に認定された医師が「がん治療認定医」を標榜することができるのです。認定医はがん診療連携拠点病院や大学病院、がんセンター、大規模民間病院など全国各地の癌医療を行なう医療機関で活躍しています。

同機構の果たしている役割は非常に大きく、専門化、複雑化が進む癌医療において全国どこでも一定レベル以上の治療を受けられる体制が整いつつあるのは、同機構による認定医の存在抜きには不可能だったかもしれません。

参考元:日本がん治療認定医機構

【東京版】抗がん剤治療ができるクリニック3選

東京都内で、以下の基準を満たしている施設を3院ピックアップしました。

  • がん治療専門クリニックもしくは地域がん診療連携拠点病院
  • 公式HPに治療の実績数が掲載されている
  • 転移がんも積極的に治療している

東京医科歯科大学医学部附属病院

患者にやさしい治療の実現を目指す

がんの種類やステージを踏まえてさまざまな治療方法を提示してくれるほか、患者の体を考えた抗がん剤治療をプランニングしてくれます。

在籍している医師:植竹 宏之医師

東京都立駒込病院

東京屈指のがん治療数を誇る病院

治療可能ながんの種類が多く、2015年には都内3位のがん治療をしていた実績のあるがん診療連携拠点病院です。

在籍している医師:小室 泰司医師

聖路加国際病院

チーム医療「聖路加式がん診療」を実現

合併症を併発しているがん患者の場合は、持病の治療を継続しながらがん治療を行なうといったワンストップのチーム医療体制を実現しています。

在籍している医師:山内 照夫医師

   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)