公開日: |更新日:

癌による体重減少と注意点

このページでは、癌による体重減少の理由や注意点などについて詳しく解説しています。

癌による体重の減少

不自然な体重減少は要注意

すでに癌患者として診断されている人の場合、癌による直接的な影響や化学療法などの治療の副作用によって体重が減少してしまうことも少なくありません。また、特にダイエットをしているわけでもないのに、急に体重が減ったり体格が小さくなったりすると、癌に限らず何かしらの身体的異常や病気の発症を疑うべきといえるでしょう。

患者によっては体重の20%が減少することも

全ての癌患者において体重減少が明確に見られるとは限りません。しかし、普段と変わらない生活を送っているはずなのに、どうしてかどんどんと体重が落ちてしまって止まらない、といったケースも起こりえます。

基本的に、癌や病気による体重減少は、それ単体で起こることはあまりありません。ですが自覚症状に乏しい癌の種類もあり、はっきりと自覚できる症状が体重減少しかないという可能性はあり得ます。

癌の種類や元々の体重によっても減少幅は異なりますが、例えば適正体重の人であっても、癌の状態や発生部位によっては体重の10~20%が減少してしまうこともあるようです。

参考元:MSDマニュアルプロフェッショナル版|がんにおける悪液質

病気によって体重が増えることもある

一般的に、病に冒された人は体重が減少して痩せ細っていくイメージが多いでしょうが、例えば癌や病気の影響で腹水などがたまって体重が増えるというケースもあります。

また、心不全などによる血行不良で水分の排出が正常に行えなくなり、むくみが悪化していることも可能性として考えられます。

参考元:公益財団法人長寿科学振興財団健康長寿ネット|腹水

参考元:社会福祉法人恩賜財団済生会|体重増加

医師へ相談する体重変化の目安

いずれにしても、体重の増加であれ減少であれ、急な変化を自覚した際は医師へ相談することが望ましいでしょう。特に、元々の体重が適正体重に近い人や、以前はほとんど体重に変化がなかったという人は要注意です。

一方、肥満体質の人の場合、少し食生活を変えたり運動したりすることで体重がまとまって落ちることもあります。ただし、基本的に生活習慣を変えていないのに体重が5%以上も減少した場合や、そこから戻らない場合、改めて医師へ相談することをおすすめします。

癌が原因で体重減少が起こる理由

癌や癌治療によって体重が減少する理由は色々と考えられます。また、症状によっては手術など外科治療が必要になることもあり、速やかな診察と対処が不可欠です。

参考元:国立がん研究センター中央病院|食道がんについて

参考元:国立がん研究センターがん情報サービス|がんと食事

癌の直接的な影響による食欲不振

例えば食道に癌が生じてしまうと、癌によって食道が塞がれてしまい、食べ物が通りにくくなってしまうこともあります。こうなると食事をすることが困難になるだけでなく、そもそも食事をしたいという気持ちがわきにくくなって、結果的に食事量が減って体重が減少するという流れです。また、消化器系の臓器の周囲に癌が生じて、消化管が外から圧迫されることで狭くなり、食事が困難になることもあります。

食道の狭窄や閉塞が進行すると、ただ唾液を飲み込むだけでも困難になるため、ひどくなる前に医師へ相談することが肝心です。

味覚障害による食欲低下

癌が発生する部位によって味覚障害が起きると、食事を楽しむ気力もわきません。

嘔吐や吐き気などによる精神的な影響

癌が発生すると、胸焼けや吐き気、倦怠感といった諸症状が出てしまい、精神的に落ち込んでしまうこともあります。

食道に癌ができていなくても、精神的に沈んでいたり気分的に食欲がわかなかったりすれば、必然的に食事量が減って体重も減少していくことになるでしょう。

消化機能の低下

胃や腸などに癌が発生すると、消化機能が低下して、食事をしても十分に栄養を吸収できなくなる場合があります。この場合、普通に食事をしているつもりでも体重が減少してしまいます。また、癌で膵臓の内分泌機能が低下してインスリンの分泌量が減少し、血糖値や体重が不安定になることも問題です。

一部の癌治療では、癌細胞を周辺の組織ごと切除した結果、消化機能が低下するという可能性もあります。

参考元:東京医科歯科大学肝胆膵外科|膵がん

出血による貧血症状と食欲不振

消化器官に癌が発生すると、状態によっては出血が続くこともあります。そして出血が続くことで貧血状態になり、食欲不振へつながるという流れです。

消化器官からの出血は便の色で判明することもあり、部位によって真っ赤な鮮血が便に混じっている時や、真っ黒な塊のような血便が排泄されることもあります。

なお、明らかな便秘などで排便自体が困難になることもあり、異常を感じたら医師へ相談するようにしてください。

当然ながら、癌の発生部位によっては下からでなく口から吐血したり、痰などに血液が混じったりすることもあるでしょう。

治療の副作用

放射線治療や化学療法(抗がん剤治療)などの副作用として、吐き気や食欲の減退といった症状が現れることもあります。

どうしても副作用を辛いと感じた場合、治療のプランも含めて再検討する必要があります。

なお、放射線治療や化学療法の副作用として生じている諸問題は、治療を中断すると回復することが多く、改めて食事を楽しめるようになることも特徴です。

手術による影響

例えば胃癌の治療として胃を摘出した場合、食べられる量が減ったり消化機能が低下したりして、体重減少へつながることも珍しくありません。

手術による食事への影響はQOLの維持にも直結するため、必ず治療前から術後のリハビリも含めて医師や看護師らと相談しておくことが肝心です。

なお、手術の内容によっては固形食が食べられず流動食による生活となったり、しばらくは点滴などが中心の生活になったりすることもあります。また、特定の栄養素などを薬やサプリメントで補給しなければならないこともあり、治療後の生活スタイルや食生活などもイメージしながら治療方針を話し合うようにしてください。

参考元:国立がん研究センター東病院|胃がんの手術について

癌による悪液質

悪液質とは、体の脂肪や筋肉がそろって減退していく病態を指します。癌患者においてしばしば見られる状態であり、胃癌や膵癌などで起こりやすいことも特徴です。

結果として体重減少によって判明しやすい悪液質ですが、そもそもの仕組みは代謝異常や免疫系の異常などに由来するとされており、食欲不振や栄養不足が原因で引き起こされるものではありません。

そのため、悪液質となっている患者の場合、高カロリーな食事を一所懸命に続けても体重の改善が見られないこともあり、一層にメンタル面へ大きなストレスを与える要因にもなりえます。

参考元:MSDマニュアルプロフェッショナル版|がんにおける悪液質

他にも注意を要する諸症状

体重減少の他にも癌の予兆や自覚症状は複数あります。

  • 腹痛、背痛、胸痛
  • 吐き気、嘔吐
  • 貧血
  • 倦怠感
  • 息切れ、呼吸困難
  • 嚥下障害
  • 下血、吐血、急な出血
  • 慢性的な下痢、便秘
  • 胸部や腹部の違和感
  • 黄疸……などなど

これらの症状があったからといって、自分は癌かも知れないと過度な不安を抱くことは禁物です。しかし気になる自覚症状がある場合、速やかに医師へ相談して癌検診を受けることが大切です。

参考元:国立がん研究センターがん情報サービス|症状を知る/生活の工夫

   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

癌の治療法としては主に、切除手術、抗がん剤治療(化学療法)、放射線治療があります。
掲載している治療法には保険適用のものと、適用外のものがございます。保険適用外の治療法については、全額自己負担となります。
症状・治療法・クリニックによって、費用や治療回数・期間は変動いたしますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスク等も診療方法によって異なりますので、詳しくは各クリニックに直接確認してから治療を検討することをおすすめします。
治療法によっては未承認機器や未承認医薬品を使用する場合があります。
入手経路や国内の諸外国における安全性等にかかわる情報、同一成分や性能を有する他の国内承認医薬品等の有無は、使用する医療機器・医薬品、クリニックによって異なります。
詳細については各クリニックに直接お問い合わせください。

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)