がん手術の名医リスト

専門医の資格を持ったがん手術の名医を都道府県ごとに紹介していきます。

東京都

絹笠祐介医師

大腸がんに対するロボット手術を得意とする外科手術のスペシャリスト。手術実績も国内でトップクラスを争うドクターです。

ロボット手術の他にも直腸がんに対する自律神経温存リンパ節郭清手術や、再発大腸がんに対する手術(直腸がん局所再発の手術、大腸がん肝転移の切除手術など)も手がけます。

進行した大腸がんに対しては消化器化学療法外科と連携し、専門スタッフとともに患者さん一人ひとりに合った手術、抗がん剤治療、放射線治療を組み合わせ、治療効果が高く身体的負担の少ない治療法を選択します。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会専門医・指導医
  • 日本大腸肛門病学会専門医・指導医
  • 日本内視鏡外科学会技術認定医
  • 日本がん治療認定医機構認定医
  • 日本ロボット外科学会認定Robo-Doc Pilot国際A級

在籍している医療機関:東京医科歯科大学附属病院

東京医科歯科大学附属病院大腸・肛門外科では、大腸がんに対して腹腔鏡手術やロボット手術といった低侵襲手術を積極的に導入し、その一方で切除困難な進行がんや再発がんに対する拡大手術も行なっています。また、直腸がんに対しては高度な肛門温存手術や機能温存手術を行ない、良好な治療成績を収めています。直腸がんに対するロボット手術の治療成績は国内外からも高い評価を得ており、全国の病院に対して手術の指導も実施します。

高橋慶一医師

高橋慶一先生は都立駒込病院で30年にわたって、大腸がんの開腹手術を数多く手がけてきました。2005年からは「大腸癌治療ガイドライン」編集委員を務めており、大腸がんの治療に精通しています。その活躍の場は大腸外科だけにとどまりません。重粒子線治療に関しても深い見識を持ち、放射線医学総合研究所とも連携を取りながら患者さん一人ひとりに合ったがん治療を行なっています。在宅医療にも力を入れており、大腸がんの集学的治療を目指している医師です。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 指導医・専門医
  • 日本消化器外科学会 指導医・専門医
  • 日本大腸肛門病学会 評議員・専門医
  • 日本消化管学会 専門医
  • 日本癌治療学会 臨床試験登録医
  • 日本がん治療認定機構 認定医

在籍している医療機関:東京都立駒込病院

東京都立駒込病院の大腸外科では結腸がん、直腸がんに対して年間数百例の手術を実施しており、とくに腹腔鏡手術を積極的に選択しています。治療にあたっては大腸キャンサーボードを中心に外科、内科、放射線治療科、化学療法科、病理科の専門医師が合同で治療方針を検討するなど、各診療科の緊密な連携で患者さん一人ひとりの症状に合わせた最適な治療法の選択を心がけています。

また、リンパ節転移のある直腸がんに対する自律神経温存手術を全国に先駆けて導入しており、手術後の排尿機能・性機能温存だけではなく、できるだけ人工肛門を造設しないで済むよう努力されています。

吉岡邦彦医師

ロボット手術の黎明期から治療と研究を続けている吉岡邦彦先生は、前立腺がん、膀胱がんのロボット手術件数において日本屈指のドクター。ロボット手術の国際学会では、日本人で唯一の「Faculty」に選出されました。

早期の前立腺がんの場合は、手術で長期生存が期待できるにも関わらず、前立腺の位置的に手術が困難で合併症や後遺症、がんの取り残しが問題になっていたため敬遠される傾向にありました。それを解決するための最良の答えが、現時点ではロボット手術だと吉岡先生は語っています。

がん手術に関する資格

  • 日本泌尿器学会 専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

在籍している医療機関:板橋中央総合病院

板橋中央総合病院泌尿器科では、腎臓や尿管、膀胱、尿道などの尿路や男性生殖器、副腎などにみられる疾患を対象とし、副腎腫瘍、腎がん、腎盂尿管がん、膀胱がん、尿道がん、前立腺がん、陰茎がん、精巣がんなどの腫瘍性疾患などに対して治療を行なっています。

手術はロボット手術をはじめ腹腔鏡下手術、経尿道的ホロミウムレーザー前立腺切除術や経尿道的腎尿管結石レーザー砕石術などを積極的に実施。前立腺がんに対しては手術以外にピンポイントの放射線療法(強度変調放射線治療)を行なうことも可能です。

鈴木健司医師

鈴木健司先生は、年間200例以上を手がける肺がん手術に精通したドクター。肺がんをメスで取り除く手術を得意とし、熟練の技術を駆使して難易度の高い手術をこなすことでも有名です。がんを取り除くことを第一に考えつつも、身体への負担を可能な限り軽減する高いクオリティを追求しています。

他の病院で手術が無理だと判断された患者さんにも積極的に対応しているので、医師からの信頼も厚く、多くの紹介患者さんが鈴木先生のもとを訪れています。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 専門医
  • 日本呼吸器外科学会 指導医・専門医

在籍している医療機関:順天堂大学医学部附属順天堂医院

順天堂大学医学部附属順天堂医院呼吸器外科では、肺がん、縦隔腫瘍、胸膜中皮腫、気胸などに対する外科治療を得意としています。とくに早期の肺がんに対する手術の縮小と進行した肺がんに対する手術の拡大をバランスよく実施しており、胸腔鏡の併用によって多くの患者さんが手術後1週間以内に退院しているそう。

呼吸器内科との連携体制も充実しており、総合病院の強みを活かすことで心臓や腎臓に持病があったり糖尿病を患ったりしていても手術可能なケースが多くあるといいます。

村上雅彦医師

食道がん内視鏡手術の第一人者として、学会でも厚い信頼を得ている村上雅彦先生。村上先生を知る医師たちが口をそろえるのが「手術が上手」ということ。胸腔鏡と腹腔鏡の2つの内視鏡を組み合わせた食道がん手術は傷口も小さく、身体的負担も感染リスクも軽減される治療法を確立された立役者といわれています。

食道がん内視鏡手術はかつて学会の評価も厳しいものでしたが、内視鏡手術が患者さんの負担を軽減するという信念のもとで治療実績を重ねてきた結果、約5年を経て村上先生の手術法が一躍脚光を浴びることになったのです。

がん手術に関する資格

  • JCOG胸腔鏡下食道手術 認定医
  • 日本消化器内視鏡学会 指導医
  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡学会 指導医
  • 日本消化器外科学会 指導医
  • 消化器がん外科治療 認定医
  • 日本食道学会 認定医
  • 日本大腸肛門病学会 指導医
  • 日本肝胆膵外科学会 高度技能指導医
  • 日本消化器病学会 指導医

在籍している医療機関:昭和大学病院

昭和大学外科学講座消化器・一般外科部門における診療科の1つとして、2018年に食道外科が新設されました。これは従来から消化器・一般外科として診療してきた食道外科部門を診療科として独立させた形になります。食道外科疾患は年々増加しており、チーム医療として特化してより高度な医療を提供することが目的です。

食道がんや食道粘膜下腫瘍、食道裂孔ヘルニアなど手術を必要とする食道疾患を対象としており、外来には常に食道外科専門医が常駐しているのでいつでも紹介患者さんを受け入れることができる体制を整えています。

大家基嗣医師

泌尿器科学や腫瘍学、腎臓病学、透析医学を専門とする大家基嗣先生は、腹腔鏡下手術やロボット手術も専門領域。多岐にわたる泌尿器科疾患に対応するため診療と研究に尽力しており、質の高い医療を患者さんに提供するためさまざまな工夫を行なっています。

教授として後進の指導にも熱心に取り組み、2014年から3年連続で慶応義塾大学医学部ベストティーチャーアワード第1位を獲得するなど学内の信頼も厚い大家先生。近年めまぐるしい発展を遂げている泌尿器科分野において、さまざまな疾患にくまなく対応できるよう努力を続けています。

がん手術に関する資格

  • 日本泌尿器科学会 専門医・指導医
  • 日本腎臓学会 専門医
  • 日本がん治療認定機構 がん治療認定医
  • 泌尿器腹腔鏡 技術認定医
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医

在籍している医療機関:慶應義塾大学病院

慶應義塾大学病院泌尿器科では、患者さんの負担が少ない低侵襲治療として前立腺がんに対するロボット支援手術をはじめ、腎臓がんや副腎腫瘍に対する腹腔鏡下手術を積極的に実施しています。

2008年から転移をともなう腎臓がんの治療は分子標的薬が主流となりましたが、分子標的治療の理論的根拠は当科の長年にわたる研究の貢献によるところも大きく、そのため分子標的治療も積極的に行なっています。さらに2016年からは免疫チェックポイント阻害薬による治療も精力的に実施しています。

井本滋医師

国立がんセンター東病院乳腺外科に14年勤務したのち、2007年から杏林大学医学部外科教授を務める井本滋先生は、センチネルリンパ節生検を標準治療として日本に広めることに貢献した、乳がん治療のスペシャリストの1人です。

バイオマーカーや先進的な低侵襲手術に関する臨床研究においても積極的に活動しており、乳管内進展の少ない2cm以下の乳がんを対象としたラジオ波焼灼治療の臨床試験を手がけています。新しい治療法であっても、臨床的な有効性が証明されればガイドラインに掲載されていなくても患者さんに勧めることもあるそうです。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 専門医
  • 日本乳癌学会 専門医
  • 日本がん治療 認定医

在籍している医療機関:杏林大学医学部付属病院

杏林大学医学部付属病院乳腺外科は、多摩地区を中心に高度な乳がんの診断と治療を行なう専門施設です。乳がんの診療は画像診断と組織診断に基づき、手術、薬物療法、放射線療法を適切に組み合わせて治療の個別化を進めています。

手術は形成外科とのチーム医療によって積極的に乳房再建を行ない、整容性の高い乳房再生を目指します。薬物療法の効果がみられなくなった進行再発乳がんでは、緩和医療を専門とする病院と連携し、症状の緩和と心のケアを行なうことで少しでも長くその人らしい生活が送れるように努めています。

高山忠利医師

肝臓がんが専門の高山忠利先生は、国立がんセンター中央病院外科医長や東京大学医学部肝胆膵移植外科助教授を経て日本大学医学部附属板橋病院に着任されました。日本で初めて小児の生体肝移植に成功した世界的名医・幕内雅敏先生のお弟子さんでもあります。

高山先生自身も「高山術式」と呼ばれる肝尾状葉単独全切除術を世界で初めて成功させたドクターです。

肝臓は血流が多い臓器ですが、高山先生の出血量が少ない手術は定評があります。これまでに約4,000例の肝切除や肝移植を執刀してきました。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会 専門医・指導医
  • 日本肝胆膵外科学会 高度技能指導医

在籍している医療機関:日本大学医学部附属板橋病院

日本大学医学部附属板橋病院消化器外科は消化器病に対する外科診療が専門で、肝臓・胆道・膵臓外科、胃・大腸・食道外科、肝移植外科、内視鏡外科、がん化学療法を担当します。とくに肝臓・胆道・膵臓外科は全国でもトップクラスの手術数と治療成績を誇り、国際的にも高い評価を受けています。

大学病院の使命を常に忘れず、臨床・研究・教育を三位一体として実践しています。臨床の現場では手術の安全性と根治性を両立。研究では最先端の医学情報を発信し、教育では優れた技術と高い志を持った外科医を世に送り出すことが自分たちの使命だと考えています。

福長洋介医師

がん研有明病院の福長洋介先生は大腸がんが専門です。患者さんの負担が少ない低侵襲な腹腔鏡下手術と、他院では手術が無理だといわれた高度進行大腸がんの拡大手術まで積極的に実施しています。周辺の臓器に広がってしまった大腸がんでも、手術前の抗がん剤治療や放射線治療を行なった後で手術することで温存、または根治性を保ちつつ合併切除を実施。福長先生個人だけでも年間220件もの手術をこなします。

福長先生の手術を受け、今では元気に仕事に復帰できたという患者さんの喜びの声も多く寄せられているようです。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会 専門医・指導医
  • 日本消化器病学会 専門医・指導医
  • 日本大腸肛門病学会 専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医
  • 日本消化管学会 専門医
  • 日本がん治療認定医機構 認定医
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医

在籍している医療機関:がん研有明病院

がん研有明病院の大腸外科は大腸がん専門の外科医、内科医、化学療法専門医が協力して診療にあたるチーム医療を採用しており、2週間以内に治療方針を決定してただちに治療を開始します。高度進行大腸がんでも、化学療法や放射線治療、手術を組み合わせて根治を目指します。

大腸がん手術実績は年間700例以上を誇り、そのうち腹腔鏡下手術が97%以上となっています。また、2018年からロボット手術も開始しました。早期の大腸がんや大腸ポリープの内視鏡治療も年間2,900例以上と、非常に多くの患者さんを受け入れています。

中村清吾医師

中村清吾先生は前任の聖路加国際病院勤務時に、乳がん治療を消化器外科から独立させていち早く体制を構築するなど、日本の乳がん治療を牽引してきました。とくに整容性を重視した乳房温存手術に力を入れ、手がける手術の6割が乳房温存手術です。全人的な視点で患者さんを支えるために総合支援チームを構成し、個別化医療を実践しています。

中村先生がとくに力を入れているのが遺伝性乳がん・卵巣がんの診断と治療です。乳がんの発症リスクとなる遺伝子変異を有する患者さんに対する研究は、高い評価を得ています。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 指導医・専門医
  • 日本乳癌学会 乳腺専門医・指導医
  • 遺伝性腫瘍専門医
  • 検診マンモグラフィ読影認定医師

在籍している医療機関:昭和大学病院

昭和大学病院乳腺外科では、2010年に開設されたブレストセンターにおいて医系総合大学としてのメリットを最大限に活かし、関連診療科と密接に連携した患者さん中心の医療を提供しています。また、日本における乳がん死ゼロを目指して予防・検診医学の研究と実践にも努めます。

臨床の場では乳がんが疑われた場合の鑑別診断、手術を中心とした初期治療、そして再発乳がんの治療を腫瘍センター、緩和ケアセンターなどと連携しながら「患者本位の医療」の理念に基づいて実施しています。

井坂惠一医師

東京医科大学名誉教授でもある井坂惠一先生は、国内で初めて婦人科ロボット手術を実施したパイオニア。日本婦人ロボット手術学会の理事長を務め、これまで多くの手術を手がけてきました。

井坂先生はがんの治療成績の向上だけではなく、患者さんの機能温存を目指した質の高い手術を追求し続けています。

がん手術に関する資格

  • 日本産科婦人科学会 専門医

在籍している医療機関:東京国際大堀病院

東京国際大堀病院では、2020年4月の婦人科開設にともなってロボット手術センターを開設しました。これまで泌尿器科手術でロボット支援手術が実施されていましたが、今後は婦人科疾患にも導入されます。センターでロボット支援手術を一元管理することで、患者さんが手術を待つ期間を短縮することができるようなりました。

ロボット支援手術は従来の手術よりも傷口が小さく、出血量も痛みも軽減されるため、患者さんの早期退院と早期社会復帰が期待できます。

朝蔭孝宏医師

朝蔭孝弘先生は、まだ国内では数少ない頭頸部がんを専門とするドクターです。患者さんの身体的負担が少ない低侵襲治療の研究に従事する一方で、20時間以上にも及ぶ複雑な頭蓋底手術を数多く手がけています。

さまざまな頭頸部領域の腫瘍性疾患に対して、最適かつ最高の医療の提供を目指す朝蔭先生。自身の役目を手術によって患者さんの生きる道しるべをつくることだとし、手術で病気を根治する可能性があるのであれば、自分たち外科医がその道しるべをつくるべきだと語っています。

がん手術に関する資格

  • 日本耳鼻咽喉科学会 専門医
  • 日本気管食道科学会 専門医
  • 日本頭頸部外科学会 頭頸部がん専門医
  • 癌治療学会 認定医

在籍している医療機関:東京医科歯科大学医学部附属病院

東京医科歯科大学医学部附属病院頭頸部外科の診療は、耳鼻咽喉科領域だけではありません。放射線診断科・治療科、形成外科、美容外科、脳神経外科、食道外科などさまざまな診療科と組織横断的な診療体制を構築しています。難易度の高い頭蓋底腫瘍の手術は、脳神経外科、形成外科、美容外科と共同で実施しています。

咽喉頭がんでは化学放射線治療や経口腔的腫瘍切除など負担が少ない治療を実施し、積極的に機能温存を図ります。とくに表在がんに対する先進的な内視鏡手術に高い実績を有しています。

篠浦伸禎医師

全身麻酔ではなく局所麻酔で、患者さんの意識がある状態で行なう脳腫瘍手術(覚醒下手術)で世界トップクラスの実績数を争う篠浦伸禎先生。第一線で活躍する現役ドクターでありながら、西洋医学一辺倒の現代医療に偏らず、東洋医学との併用など独自の統合医療の確立を目指しています。

全身麻酔の手術では腫瘍摘出中の脳の機能が十分に確認できないため、目が覚めた状態で会話や手足の運動機能を確認しながら手術を行ないます。

がん手術に関する資格

  • 日本脳神経外科学会指導医・専門医

在籍している医療機関:東京都立駒込病院

東京都立駒込病院で覚醒下手術を実施する理由は、患者さんの症状の悪化させないことに徹してさまざまな技術導入を行なった結果です。覚醒下手術の優れている点は、手術中の症状を正確に把握して、症状が悪化した瞬間に手術を中断できることにあります。これは全身麻酔下の手術では不可能です。

手術後の麻痺や言語障害が悪化することは全身麻酔下の手術であれば約半数の症例に起こりますが、覚醒下手術であれば手術の中断によって1ヶ月程度でほぼすべての症例で回復します。

この覚醒下手術は、脳から脊髄のほぼすべての部位で可能となっています。

山崎直也医師

悪性黒色腫(メラノーマ)をはじめとする悪性度の高い皮膚がんにおいて、国内屈指の診療実績を誇る山崎直也先生。皮膚がんは非常に種類が多く、性質や特徴も多岐にわたりますが、先生の診療はそのすべてを対象としています。

免疫チェックポイント阻害薬の登場などで、悪性黒色腫の治療選択肢も増えてきました。山崎先生は「メラノーマが薬でも治る時代が来た」と語っています。

がん手術に関する資格

  • 日本皮膚科学会 専門医、皮膚悪性腫瘍指導専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

在籍している医療機関:国立がんセンター中央病院

国立がんセンター中央病院の皮膚科は、悪性黒色腫治療の中心的な施設として、日本人の悪性黒色腫の治療成績向上に大きく貢献してきました。

悪性黒色腫は皮膚のメラニン細胞や母斑(ほくろ)細胞から発生し、早期から転移する特長があります。根治させるには、早期発見とともに初回治療でしっかり手術することが大切です。リンパ節転移の有無を発見するセンチネルリンパ節生検法は一定の技術を有する施設だけに実施が認められており、同院では300例以上の実績があります。

悪性黒色腫の薬物治療は進歩しつつあり、海外で実績を上げている薬剤を国内でも実用化できるよう臨床試験にも力を入れています。

川合章医師

国立がん研究センター中央病院の骨軟部腫瘍・リハビリテーション科長を務める川合章先生。極めて専門性の高い希少がんの診療に従事しながら、研究活動を推進するために開設された希少がんセンターのセンター長も兼任しています。

川合先生の専門は、骨や軟部組織に発生する肉腫(サルコーマ)の診断と治療。常に患者さんや家族の視点に立って、最適な治療の選択肢の考えながら診療にあたっています。センターには専任の看護師によるホットラインも開設しました。

がん手術に関する資格

  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

在籍している医療機関:国立がん研究センター中央病院

国立がん研究センター中央病院は、国内でもっとも多くの希少がんの診療を行なう医療施設として世界的にも有数の治療成績を上げています。

高度化、そして複雑化が進むがん医療では診療科の枠組みを超えた対応が求められ、新たな治療法の開発には医師だけではなく研究者や企業、行政、患者さん自身も加えた幅広い連携が必要です。

このようながん医療の変革の中で、希少がんの患者さんが進歩の流れについていけるよう、そして自らが変革を起こしていけるよう、国立がん研究センターの英知を結集して希少がんセンターが開設されました。

比企直樹医師

高齢者における進行胃がんの縮小手術を得意とする比企直樹先生。腹腔鏡と内視鏡を用いて胃の内側と外側からがんを取り除き、胃の機能を温存する手術法「LECS(腹腔鏡内視鏡合同手術)」を開発したドクターです。

近年進む高齢化に伴って、胃がんの患者さんにも合併症や認知症を有するケースが増えています。高齢者には身体的負担が大きい手術はできるだけ避け、生活の質を重視した手術、このLECSのように胃の摘出を避ける手術法を選択しています。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 指導医・専門医
  • 日本消化器外科学会 指導医・専門医・消化器外科がん治療認定医
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医
  • 日本がん治療認定医機構 暫定教育医・認定医

在籍している医療機関:北里大学病院

手術が不可能といわれているがんでもあきらめないのが、北里大学病院の外科です。食道がんや胃がんはメスだけでは対処できないほど進行してしまっている場合も少なくありません。同院ではDOCと呼ばれる3種類の抗がん剤治療を行なうことで、手術できないがんを切れる状態まで縮小する治療を消化器内科と連携して実施します。

こうした治療とともに、同院では世界に誇る治療法を若い世代の医師に伝えていく教育と、さらに新しい治療法を開発するための研究を積極的に行なっています。

奥仲哲弥医師

肺がんや縦隔腫瘍、自然気胸、肺気腫などを専門とする呼吸器外科医・奥仲哲弥先生は4,000例以上の手術経験を持っています。中でも胸腔鏡手術や、早期中心型肺がんに対する内視鏡的レーザー治療を得意とします。化学療法にも精通しており、患者さんにもっとも適した投与方法を提案しています。

奥仲先生のモットーは、外科医として、そして肺がんの専門家として診断から緩和療法まで責任を持つこと。がん関連の著書も多数あり、全国からセカンドオピニオンを求める患者さんが訪れています。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 指導医・専門医
  • 日本呼吸器外科学会 指導医・専門医
  • 日本呼吸器内視鏡学会 指導医・気管支鏡専門医
  • 日本レーザー医学会 指導医
  • 日本呼吸器学会 専門医

在籍している医療機関:山王病院

日本における死因の第1位であるがんの中でも常に上位を占める肺がんは、さらに増え続ける傾向にあります。そのような状況を鑑み、山王病院では東京医科大学の支援と国際医療福祉大学三田病院呼吸器センターとの連携のもとで呼吸器センターを運営しています。

肺がんの診断から治療、再発した場合の緩和医療まで一貫した対応を実践しているのが特徴で、とくにレーザー治療における実績は世界的にも広く知られています。また、細小の傷口で痛みの軽減と入院期間の短縮が可能な胸腔鏡下手術も積極的に実施します。

島津元秀医師

多摩丘陵病院の院長職をこなしながら、外科のメンバーとして手術を執刀する島津元秀先生。日本肝胆膵外科学会の高度技能指導医の資格を持ち、難易度の高いがん手術を行ないます。加えて腹腔鏡や内視鏡で行なう低侵襲手術にも積極的に取り組んでいます。

腹腔鏡手術や内視鏡手術は、しっかりした管理下であれば高齢者でも合併症を起こすことなく早期退院が可能。安全性を最優先にした無理のない範囲での手術が同院でも可能なことを地域住民に知ってもらいたいと、島津先生は語っています。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 専門医
  • 日本消化器外科学会 指導医・専門医・消化器がん外科治療認定医
  • 日本消化器病学会 専門医
  • 日本肝臓学会 専門医
  • 日本肝胆膵外科学会 高度技能指導医

在籍している医療機関:多摩丘陵病院

多摩丘陵病院外科では一般消化器外科、乳腺外科、虫垂炎などの急性腹症を中心とした診療を行なっています。手術は患者さんの身体的負担が少ない腹腔鏡手術を積極的に取り入れ、胆石や虫垂炎はもちろん、胃がんや大腸がんの約半数に対しても腹腔鏡手術を実施しています。このほか、肝臓がんや膵臓がん、乳がんの手術にも対応します。

がん患者さんに対する化学療法(抗がん剤治療)も、各臓器の診療ガイドラインに基づいた治療を行なっています。

亀山周二医師

メディアにもしばしば取り上げられる名医で、膀胱がんをはじめとする手術を数多く手がける亀山周二先生。手術ではがん組織以外の正常な組織を可能な限り残して、本来の臓器機能を温存して手術後も快適な日常生活を送れるようながん治療を目指しています。

患者さんにとってより身体的負担の少ない手術を実現するために、内視鏡手術やロボット手術も導入。患者さんの早期の社会復帰をサポートします。

NTT東日本関東病院の院長でもある亀山先生は、患者さんから選ばれる病院でありたいと願い、いつもスタッフに「相手の気持ちがわかる医療人であるように」と伝えています。

がん手術に関する資格

  • 日本泌尿器科学会 指導医・専門医

在籍している医療機関:NTT東日本関東病院

NTT東日本関東病院泌尿器科では、従来から臓器温存手術に力を入れています。臓器温存が難しい腎臓がんや腎盂がん、尿管がんに対しては腹腔鏡手術を積極的に実施し、早期の社会復帰を目指します。

2016年からはロボット支援による腹腔鏡下腎部分切除術を導入。またVR手術ナビゲーションによってCTやMRIの画像を立体化し、より正確で身体的負担の少ない手術を実現しています。

併設されている前立腺センターでは主に前立腺がんの治療に注力。内科的治療から手術や放射線など幅広い治療に対応します。

筒井英光

わずか20g足らずの小さな臓器のがんに挑む甲状腺外科医、筒井英光先生。進行した甲状腺がんの場合は気管に浸潤したり、縦隔リンパ節に転移したりと、非常にやっかいな状態になっています。ミリ単位で神経を温存する精緻な手技が要求される難易度の高い手術を、筒井先生は芸術的なテクニックでこなすといいます。

専門性の高い甲状腺外科医の存在感をアピールしたいと願う筒井先生は、これからも新時代を切り開く甲状腺外科医であり続けたいと語っています。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 指導医・専門医
  • 日本内分泌外科学会 指導医・専門医
  • 日本甲状腺学会 専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

在籍している医療機関:東京医科大学病院

東京医科大学甲状腺外科の特徴は、早期診断から治療まで一貫した対応、エビデンスに基づく診療とインフォームドコンセント、そして非侵襲的かつ高度先進医療を目指すことです。

甲状腺がんに対しては、進展範囲の正確な診断と高度な手術機器の導入によって、根治の可能性が高く合併症の少ない手術を可能とします。

進行して気道に浸潤した甲状腺がんに対しては、気管形成手術や内視鏡的レーザー治療を積極的に実施しており、甲状腺専門病院や全国の大学病院からも多くの紹介患者さんを受け入れています。

矢作直久医師

消化管がんの低侵襲手術を専門とする矢作直久先生は、国内におけるがん医療の新しい形を模索し続けています。

得意とするのは内視鏡を用いた胃がん治療。消化管がんの中で胃がんは10万人をゆうに超える多さで、さまざまな治療法が開発されていますが、矢作先生が行なうのはESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)と呼ばれ、早期の胃がんを粘膜から剥がすように取り除きます。進歩したESDでは内視鏡に特殊な器具「デュアルナイフ」を取りつけ、従来は難しいとされていた10cmものサイズのがんを切除します。

がん手術に関する資格

  • 日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
  • 日本消化器病学会 専門医・指導医

在籍している医療機関:慶應義塾大学病院

慶應義塾大学病院では腫瘍センターを設置し、患者さん中心のチーム医療で診療科の枠組みを超えた包括的ながん診療を提供しています。さまざまな分野のがん専門医をはじめ、専門看護師や専門薬剤師、理学療法士、ソーシャルワーカーなどがワンフロアに集結し、治療だけではなくがんに関するあらゆる問題に対応することが可能です。

この腫瘍センターでは迅速かつ正確ながんの診断と最適な治療計画の策定を目的として、がん初診専門外来を開設しています。

山本雅一医師

胆道がんの名医として知られる山本雅一先生。先生が教授を務める東京女子医科大学消化器病センターは消化器疾患を患う患者さんのために開設された施設で、内科と外科の壁を取り払ったオリジナルな医療体制が特徴です。そしてその診療レベルは世界的な評価を受けています。

胆道がんの手術件数は国内でもトップレベルを争い、その中でも胆のうがん、乳頭部がんの症例数がとくに多くなっています。また、センター開設当初より医療練士教育が6年一貫で行なわれており、山本先生も患者のために親身になれる後進医師の育成に努めています。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 指導医・専門医
  • 日本消化器外科学会 指導医・専門医・消化器がん外科治療認定医
  • 日本消化器病学会 指導医・専門医
  • 日本肝胆膵外科学会 高度技能指導医

在籍している医療機関:東京女子医科大学消化器病センター

東京女子医科大学消化器病センターでは、食道から直腸にいたるまであらゆる消化器疾患に対して診療を行なっています。がん治療においては手術だけではなく、化学療法や免疫療法、放射線治療にも力を入れ、患者さんの全身状態やがんの状態を考慮した治療を選択します。

心臓や呼吸器、腎臓などに合併症がある患者さんに対しては、東京女子医科大学の総合力をもって最善の治療が行なわれるよう努力しています。そして同センターのスタッフは、患者さんの声を診療に活かしていくという姿勢を大切にして仕事にあたります。

河野匡医師

河野匡先生は肺がんの胸腔鏡手術の技術をカリフォルニア大学で習得し、現地でインストラクターを務めるなど、胸腔鏡手術の世界的なパイオニアです。これまでに7,000例を超える胸腔鏡手術を手がけ、国内だけではなくアジアでも呼吸器外科医を多数育成してきました。

海外からも手術の依頼があるほど信頼の厚い河野先生。がんの治療後も元気に暮らせる治療を行なうことがモットーです。転移性のがんでも積極的に手術を検討し、治療にあたってはまず丁寧な説明で患者さんとの関係づくりを大切にしています。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 指導医
  • 日本呼吸器外科学会 終身指導医

在籍している医療機関:新東京病院

2019年に呼吸器外科が新設された新東京病院。外科医の高度な技術はもちろん、豊富な経験と国内外の医師との連携によって常に新たな知見を検証し、適切な治療方針に基づいたハイレベルな外科治療の提供を目指しています。

原発性の肺がんや転移性の肺がん、縦隔腫瘍など外科治療が必要な疾患に対しては開胸手術も行ないますが、主に胸腔鏡手術による外科治療を実施。

東葛地域における最高水準の呼吸器外科治療の提供を目指しており、地域住民の信頼を集めるような診療科となるため努力を続けています。

福永哲医師

消化器がんに対する腹腔鏡下手術を黎明期である1994年から手がけ続けてきた福永哲先生。これまでに多くの患者さんを救い、多くの消化器外科医に腹腔鏡下手術の技術を伝えてきました。現在も福永先生のもとには全国から多くの医師が手術見学にやってくるそうです。

福永先生の基本的な考え方は、がんの根治性が担保できるのであれば可能な限り腹腔鏡下手術を行なうこと。社会復帰が早くなるのはもちろん、患者さんに優しい手術だからこそ、腹腔鏡下手術を心がけているのでしょう。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 指導医・専門医
  • 日本消化器外科学会 指導医・専門医
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

在籍している医療機関:順天堂大学医学部附属順天堂医院

順天堂大学医学部附属順天堂医院の消化器・低侵襲外科ではがん診療を中心とし、もっとも大切な根治性を重視したうえで、迅速かつ積極的に腹腔鏡や胸腔鏡による低侵襲治療を行なうことを心がけています。これによって早期の社会復帰を実現するなど、手術後の生活の質を向上させ、また集学的治療が必要な患者さんでは手術後すみやかに次の抗がん剤治療などへ移行できるメリットがあります。

また、新たな低侵襲治療を開発することで、従来の手術方法では身体的負担が大きく治療が困難とされていた患者さんにもチャンスが生まれます。

椎名秀一朗医師

消化器がんの治療、とくに肝臓がんのラジオ波治療を専門分野とする椎名秀一朗先生は、順天堂大学医学部附属順天堂医院で消化器内科教授を務めています。ラジオ波治療のゴッドハンドとも称される椎名先生は、治療のさらなる普及のために国内全体のレベルアップを目指し、日々の診療に加えて人材育成にも力を入れています。

患者さんの表情を見て、自分が必要とされていることを実感するのがストレス解消法だと語る椎名先生。先生にとって医師は単なる仕事ではなく、人生そのものだといえるでしょう。

がん手術に関する資格

  • 日本がん治療 認定医
  • 日本消化器病学会 専門医・指導医
  • 日本肝臓学会 専門医・指導医

在籍している医療機関:順天堂大学医学部附属順天堂医院

順天堂大学医学部附属順天堂医院の消化器内科では、消化管、肝臓、胆膵、画像診断の4グループが緊密な連携体制を構築しています。消化器疾患全般に対して病態生理、生化学、形態学的などあらゆる角度から病態を幅広く把握し、専門的な高度先進医療を提供する特定機能病院として医療全般を視野に入れた診療を提供します。

消化器内科を訪れる外来患者数は年間約65,000名、入院患者数も延べ34,000名と院内でもトップクラス。近年力を入れている分子標的薬治療も国内有数の症例数を誇ります。

中島淳医師

東京大学医学部付属病院の呼吸器外科教授を務める中島淳先生。「患者さんのために働くのが医師の仕事」という信念のもと、多くの患者さんを苦しめる肺がんに立ち向かい続けて30年以上のキャリアを積み重ねてきました。

呼吸器外科のトップとしてすべての手術に責任を負い、さらに週1回は外来を訪れる患者さんを30人以上診ています。もちろん教授として大学での講義を通じて後進の育成にもあたる中島先生。どんなに多忙でも自身の存在が求められている限り、患者さんの気持ちに応えたいと願っています。

がん手術に関する資格

  • 日本呼吸器外科学会 終身指導医・専門医
  • 日本胸部外科学会 指導医
  • 日本外科学会 指導医・専門医
  • 気管支鏡専門医
  • 日本移植学会 移植認定医

在籍している医療機関:東京大学医学部附属病院

東京大学医学部付属病院は臨床医学の発展と医療従事者の育成に努め、患者さん一人ひとりに最適な医療を提供することを理念としています。中でも呼吸器外科は肺がんや転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍などの手術を実施し、近年では胸腔鏡手術を積極的に取り入れて手術後における早期の機能回復を目指しています。また、必要に応じて心臓外科と協力し、肺と心臓の同時手術を行なう体制も整えています。

呼吸器外科専門医、外科専門医の資格を有するスタッフが常に新しい知識や技術を追求する同科。他医療機関からの信頼も厚く、日々多くの紹介患者さんが訪れます。

瀬戸泰之医師

日本有数のがん専門病院・がん研有明病院で活躍した後、母校である東京大学医学部付属病院に戻って来られた瀬戸泰之先生。胃・食道がん手術の名医として名高い瀬戸先生が考える理想的な手術とは、基本的に臓器を残す、温存することです。

前職でも臓器温存手術を積極的に実施してきましたが、その経験を活かして東大病院でも最善のがん治療を患者さんに提供することが自身の責務だと語る瀬戸先生。どんなに進行している胃がんや食道がんであっても、再発防止と臓器温存にはどのような方法があるのか、常にそのことを考えています。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 指導医・専門医
  • 日本消化器外科学会 指導医・専門医
  • 日本食道学会 指導医

在籍している医療機関:東京大学医学部付属病院

東京大学医学部付属病院の胃・食道外科は、瀬戸泰之先生をはじめ前身である旧第三外科の専門医が診療を担当。日本外科学会、日本消化器外科学会、日本消化器内視鏡学会の指導医や専門医資格を持つ医師が数多く在籍し、そうした医師がリーダーとなって食道や胃、腹腔鏡、化学療法の各チームを指導する体制を整えています。

得意分野は胃がん、食道がんの治療で、早期がん、進行がんを問わずすべての病期において患者さん一人ひとりに適した治療を提供します。また、食道がんに対してはロボット支援下手術も導入しています。

大野真司医師

乳腺外科医として長いキャリアを持つがん研有明病院の大野真司先生が大切にしているのは「チーム医療」。チーム医療とは医療従事者が話し合って治療方針を決めることではなく、患者さんがその選択に納得できているかどうかが肝心だと大野先生は語ります。

専門の乳腺外科でいえば、乳房を温存できれば成功というわけではありません。乳房切除によって再発の不安から解放される患者さんもいます。患者さんに十分な情報を提供してしっかり話し合うために、さまざまな職種が関わって納得と満足を得られることがチーム医療のゴールだと考えています。

がん手術に関する資格

  • 日本乳癌学会 乳腺専門医・指導医
  • 日本外科学会 指導医

在籍している医療機関:がん研有明病院

がん研有明病院乳腺外科では、乳がんをはじめとする乳腺のさまざまな病気の診断と治療を実施しています。治療にあたっては患者さんのQOL(生活の質)を最大限に考慮し、形成外科と連携して乳房再建手術を積極的に行ないます。また、総合科の中には腫瘍精神科を有しており、乳がんの診断された患者さんの精神的なケアには欠かせない部門となっています。緩和ケア科も開設され、再発後の疼痛管理など重要な役割を果たします。

他院で治療中の患者さんに対してはセカンドオピニオン外来を設け、各種相談に応じています。

阿部雄太医師

若くして肝臓がん腹腔鏡手術の第一人者と呼ばれる阿部雄太先生。身体への負担が少ない腹腔鏡手術に手術ナビゲーションを応用し、従来よりも精緻な肝切除を実践します。

手術前にはがんの状態はもちろん、どのルートでがんを切除するかなどを5時間にわたるミーティングでスタッフと検討するという阿部先生。がんは患者さんの一生に関わる病気だけに、事前準備にも万全を期しています。

そんな阿部先生の座右の銘は「反省すれども後悔せず」。治療に悔いを残さないために、豊富な経験とあらゆる技術を駆使してすべての患者さんに全力で向き合います。

がん手術に関する資格

  • 日本消化器学会 指導医
  • 日本肝胆膵外科学会 高度技能専門医
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医(肝臓)

在籍している医療機関:慶応義塾大学病院

慶応義塾大学病院消化器外科の肝胆膵・移植班では、良性腫瘍から悪性腫瘍まで幅広い診断と治療を行なっています。5年生存率が未だ不良な肝胆膵領域の難治がんに対し、外科的治療として腹腔鏡下治療から大血管および多臓器合併切除をともなう拡大手術まで、安全性の高い治療の提供を目指します。

一方では化学療法や放射線療法を併用した集学的治療でがんの根治性を高めるほか、移植が必要な患者さんには生体・脳死を含めた肝移植も数多く実施し、良好な生存率を実現しています。

金尾祐之医師

子宮がんは働き盛り、子育て世代の女性の大切な幸せを奪いかねない病気。そんな子宮がんに対して2,800件を超える手術を行なってきた名医が金尾祐之先生です。

金尾先生曰く「子宮がんは女性にとって自分を犠牲にしている時期に発症することが多いがん。だからこそ手術でしっかり治さなければ」。がん研有明病院の婦人科部長となった今でも手術日には自宅でシミュレーションを行ない、完璧なイメージをつくり上げてから手術に向かうといいます。

子宮を失うことは女性にとって切実な問題であり、そういった相談にも金尾先生は積極的に対応しています。

がん手術に関する資格

  • 日本産科婦人科内視鏡学会 技術認定医
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医
  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本婦人科腫瘍学会 腫瘍専門医

在籍している医療機関:がん研有明病院

がん研有明病院の婦人科では、化学療法科や放射線科のアドバイスを得ながら婦人科医が責任を持って治療方針を決定し、安全性の高い手術・化学療法・放射線療法などを実施するためのシステムを構築しています。

その最大の特徴が個別化治療。患者さん一人ひとりのがんの特徴や身体的・精神的な状況、そして患者さんの要望に合わせた治療を実施します。治療後の検診では再発の早期発見を第一に考え、またがん治療に伴う後遺症や合併症によるQOL(生活の質)低下の予防にも積極的に取り組んでいます。

明石定子医師

働く世代の女性でみると、がんの種類別の死因トップは乳がん。昭和大学病院乳腺外科の明石定子先生は、深刻な状況にある乳がん患者さんから絶大な信頼を集めている女性ドクターの一人です。

明石先生の乳がん手術のテクニックには高い評価が寄せられており、これまでに2,000件以上の手術を手がけてきました。その無駄のない手技と的確な手術展開で筋膜がきれいに残るため、手術を引き継ぐ形成外科医も乳房を再建しやすいといい、患者さんからも手術後の痛みが少ないと喜びの声が届いています。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本乳癌学会 乳腺専門医・指導医

在籍している医療機関:昭和大学病院

昭和大学病院乳腺外科は医系総合大学としてのメリットを最大限に活かし、関連診療科と密接に連携した患者さん中心の医療を提供しています。また、国内における乳がん死ゼロを目指し、予防医学・検診医学の研究と実践にも努めています。

同科では早期および進行乳がんの診断、治療はもちろん、治療中の患者さんやご家族に対するさまざまな情報の提供や教育啓蒙を目的とした「リボンズハウス」を併設。カウンセリングルームも設けられ、遺伝性乳がんや卵巣がんに関するカウンセリングや、患者さんやご家族の心のケアも行なっています。

石井良幸医師

身体に傷を残さない大腸がん治療の名医として知られる、北里大学北里研究所病院の石井良幸先生。へそに小さな穴を一カ所だけ開けて内視鏡でがんを治療するという先進的な「単孔式手術」を手がけています。もちろん患者さんの満足度が高いのは手術成績だけではなく、病院理念でもある「心ある医療」の実践に努めていることもあるでしょう。

石井先生は他医療機関のドクターからの信頼も厚く、ベストドクターズ社の医師間の相互評価によって選ばれるベストドクターズジャパン2020-2021にも認定されています。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会 専門医・指導医・消化器がん治療認定医
  • 日本大腸肛門病学会 専門医・指導医
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医(消化器・一般外科)
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医
  • 日本がん治療認定機構 がん治療認定医・暫定教育医

在籍している医療機関:北里大学北里研究所病院

北里大学北里研究所病院の外科では複数の部門を有し、それぞれにおいて専門医資格を持つ経験豊富な医師が中心となって診療を行なっています。良好な手術成績を誇る各部門の中でも内視鏡手術をより安全・確実に実施するため内視鏡手術センターを開設し、多くのエキスパートが在籍しています。

同科には消化器、呼吸器、血管、乳腺の4つの専門領域があり、外科の一体運営のもとで多角的視点と厳密な管理体制で安全性の高い診療を心がけています。診療科間の壁がないので連携もスムーズで、安心の協力体制が整っているのが特徴です。

千葉県

三木淳医師

泌尿器の悪性腫瘍に対する腹腔鏡手術やロボット手術を専門とする、慈恵医科大学附属柏病院の三木淳先生。膀胱がん治療のスペシャリストとして知られ、膀胱を摘出したあと小腸を使って膀胱を再建することで患者さんの生活の質を下げない画期的な手術が注目されています。

三木先生がトップを務める泌尿器科が大切にしているのはチーム医療。スタッフ一丸となって、ベストな診療と手術を通じて患者さんが笑顔になれるよう尽力しています。

がん手術に関する資格

  • 日本泌尿器科学会 専門医・指導医
  • 日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定医
  • 日本内視鏡外科学会 腹腔鏡手術技術認定医
  • ロボット手術認定医

在籍している医療機関:慈恵医科大学附属柏病院

慈恵医科大学附属柏病院の泌尿器科では、患者さんにとってより安全性・確実性の高い医療を提供するため、日々新しい治療を追求しています。とくに手術は患者さんの身体的負担になる治療であり、良い技術は積極的に取り入れた上で改良を加え、日本一の手術集団を目指して研鑽を積んできました。現在では腎臓がんや膀胱がん、腎盂尿管がん、前立腺がんなどに対して行なう、負担を最小限に抑えた腹腔鏡手術が治療の中心です。

また、大学病院として国内外に治療成績を発表し、世界水準の医療を目指しています。

矢野友規医師

できるだけ患者さんに負担をかけない胃がん・食道がんの治療を目指している国立がん研究センター東病院の矢野友規先生。高度な技術を要する「内視鏡的粘膜下層剥離術」を駆使して早期の胃がんを治療します。

この治療法は胃がんの下に薬剤を入れて病巣を持ち上げ、がんだけを内視鏡と電気メスで剥がし取るもの。患者さんはほとんど負担を感じることなく、もちろん胃も温存できます。矢野先生はこれまで1,000例を超える内視鏡治療を手がけてきました。現在も内視鏡を使って患者さんのためにできることを考え続けています。

がん手術に関する資格

  • 日本内科学会 認定医
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医

在籍している医療機関:国立がん研究センター東病院

国立がん研究センター東病院の消化管内視鏡科では、食道や喉頭・咽頭、胃、大腸などのがんに対する内視鏡治療を担当しています。早期に発見されたがんほど治りやすいことがわかっているので、同科では内視鏡を用いてがんを早期に発見すること、身体への負担を少なくがんを治療すること、がんの症状や治療に伴う負担を軽減することを目標とします。

治療にあたっては患者さんを中心に消化管内科や外科、頭頸部内科などと連携し、身体的負担がもっとも少なく、そして最善の内視鏡治療を提供することを心がけています。

鎌田信悦医師

千葉徳洲会病院の頭頸部外科センター長を務める鎌田信悦先生は、40年の経験で執刀手術件数4,000例を超える頭頸部がんの専門医です。早くから頭蓋底手術に積極的に取り組み、副鼻腔がんの頭蓋底浸潤症例や嗅神経芽細胞腫などの進行がんに対して手術を行なってきました。多数の頭蓋底手術を手がける中で、手技にさまざまな工夫をこらして安全性の高い手術法に育て上げてきた実績を持ちます。

医師は患者さんが社会復帰できることを目的とし、最善を尽くして機能を残す努力をすべきだと鎌田先生は語っています。

がん手術に関する資格

  • 日本頭頸部外科学会 指導医
  • 日本耳鼻咽喉科学会 専門医
  • 日本気管食道科学会 認定医

在籍している医療機関:千葉徳洲会病院

千葉徳洲会病院の頭頸部外科センターでは、一般の耳鼻咽喉科診療はもちろん、耳鼻咽喉科領域の腫瘍、つまり頭頸部がんの診断・治療・手術を専門としています。顔や首に発生するがんのため言葉や咀嚼、嗅覚や視力など重要な機能が失われることも少なくありませんが、同センターでは高度な技術と豊富な経験をもとにがんを治すことと日常生活に欠かせない機能を温存することに全力を注いでいます。

患者さんの人生観を最優先にして十分に話し合い、最適な治療法の提案を心がける同センターでは、セカンドオピニオンなどのがん相談も広く受け入れています。

宮下正夫医師

外科・消化器外科にて食道がんの治療を専門としており、低侵襲手術である腹腔鏡手術を積極的に取り入れた治療を行う、日本歯科大学千葉北総病院の宮下正夫医師。手術を受けるまでの日数が極力短くできるよう鋭意工夫を行っており、その間に手術に欠かせない検査を実施しています。また、患者さんの判断で最適な治療を受けられるよう、カウンセリング時には綿密なコミュニケーションを大切にしているのが特徴です。

常に笑顔を意識した温かい人柄で、がん探知犬の研究などにも取り組んでいます。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 指導医・専門医
  • 日本消化器病学会 指導医・専門医
  • 日本消化器外科学会 指導医・専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療 認定医・暫定教育医

在籍している医療機関:日本歯科大学千葉北総病院

日本歯科大学千葉北総病院の外科・消化器外科では、消化器官のさまざまな疾患の中でもとくにがんの治療に力を入れています。これは、日本歯科大学千葉北総病院が印旛医療圏地域がん診療連携拠点病院であるからです。

外科的手術では、腹腔鏡を使った手術を実施。食道がん、胃がん、肝臓がん、大腸がんに対しては、日本内視鏡外科学会技術認定医や日本肝胆膵外科学会高度技能専門医による専門性の高い手術が受けられます。

また、腹腔鏡のみならず、通常の内視鏡を使った治療も可能です。胆管がんや膵臓がんなどの黄疸に関しては、ステントを留置して通過障害を図っています。

宮崎勝医師

外科の中でも難易度が高く、豊富な知識と高い技術が必要となる肝臓・胆のう・胆管・膵臓の治療を行う肝胆膵外科医。

「沈黙の臓器」と呼ばれる範囲はがんが進行してから見つかることが多いため、治療が非常に難しい分野です。そのため、手術を行わず諦める医師も多い中で、宮崎医師は1,500件を超える患者さんの手術を担当し、困難といわれている再発した膵臓がんの手術を約50件成功させています。

「患者を365日診る」というポリシーのもと、手術の執刀を担当医に任せるのではなく自身で行うなど、患者さん第一の対応に余念がありません。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 指導医・外科専門医
  • 日本消化器外科学会 消化器外科指導医・消化器外科専門医
  • 日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科高度技能指導医
  • 日本胆道学会 認定指導医

在籍している医療機関:千葉大学医学部附属病院

千葉大学医学部附属病院・肝胆膵外科では、高度な手技と専門知識をベースとした治療を徹底。数多くの手術を実施するのと同時に、基礎研究や臨床にも尽力しており、先端分野のデータを世界へ向けて発信しています。

肝胆膵領域のがんでは外科的切除を主体としており、安全性が高い医療を提供するために消化器内科の協力のもと、早期診断と確実な進展度診断を行い、化学療法を含めたラジオ波凝固療法などの集学的治療に取り組んでいるでしょう。

福永正氣医師

大腸がんの腹腔鏡手術に関して、国内トップレベルの実績を有する医師です。腹腔鏡手術に着手しはじめたのは1990年前半。累計症例数は600例を突破しており、これは国内でも有数の症例数を誇ります。

患者さんの身体的負担や合併症のリスクが少ない低侵襲手術を積極的に採用しており、患者さんの早期社会復帰を考慮した治療が特徴です。また、指導医という立場あら、技術トレーニングや研修医の受け入れなどにも前向きに行い、若手医師の活躍をサポートしています。

がん手術に関する資格

  • 日本消化器外科学会 指導医・専門医
  • 日本内視鏡外科学会評議員 内視鏡外科技術認定医
  • 日本臨床外科学会評議員 日本外科系連合会評議員
  • 日本腹部救急外科学会評議員 日本乳癌学会乳腺指導医・専門医
  • 消化器病学会指導医 肝胆膵外科学会評議員
  • 単孔式内視鏡手術研究会運営委員

在籍している医療機関:千葉大学医学部附属病院

順天堂大学医学部附属浦安病院消化器・一般外科では、スタッフが一丸となって安全かつ高品質な医療を患者さんに提供しています。対象となる疾患は、消化器の悪性・良性疾患やヘルニアで、とくに胃がんや大腸がんに対しての腹腔鏡手術外科手術では先駆的立場にあり、大半の手術を腹腔鏡手術で実施しています。

胃がんについては、2018年より手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」を使った手術も開始。また、肝細胞がんや転移性肝がんに対しては肝切除術を、膵臓がんや胆管がんでは膵頭十二指腸切除術術にも積極的です。

福間英祐

亀田総合病院乳腺科主任部長を務める福間英祐医師は、乳がんのスペシャリストとして各地から診察・治療を受けたいという人が殺到するほどの凄腕医師です。日本では16人に1人が発症すると言われている乳がんに対し、切らずに日帰りで完了する「非切除凍結療法」を生み出しています。これは、がんを凍らせることで細胞を死滅させ、乳房を残したままがん治療ができるという画期的な治療法です。

切らずに治す方法を確立した福間英祐医師の評判は非常に良く、他院で乳房の全摘出が必要だと言われた患者さんに対しても、内視鏡手術で乳房の形を残す提案を行っています。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 認定医・専門医・指導医
  • 日本乳癌学会 認定医・専門医・指導医
  • マンモグラフィー精度管理委員会 読影資格:A判定
  • マンモグラフィー読影資格 認定医
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 顧問
  • 乳腺内視鏡手術研究会 世話人

在籍している医療機関:亀田総合病院

亀田総合病院・乳腺科は、今から約25年前に世界初となる乳腺内視鏡手術をしており、以来多くの女性に対して乳房を残すがん治療を提供している科目です。また、がんの根治性と整容製の向上のために、豊富な経験を持つ乳腺センターの形成外科医と連携し、乳房の再建や脂肪注入なども実施しています。

乳腺画像診断や乳腺病理診断においては、活躍の場を世界にまで広げている医師が担当し、乳腺外科医と共に安全性の高い医療を目指しているでしょう。

神奈川県

遠藤格医師

膵臓がんと闘う名医として名高い、横浜市立大学附属病院消化器外科の遠藤格部長。完治が難しいがんだからこそ、最善の手術を行なって患者さんに希望の光を届けたいと願っています。

手術の技術はもちろん、画像診断や補助療法の高度化によって、治りにくいといわれる膵臓がんの治療は確実に進歩しています。5年生存率も向上していくでしょう。遠藤先生は「悪い部分を丁寧に取り除いて、患者さんの身体に負担をかけないきれいな手術をしたい」と語っています。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会 専門医・指導医
  • 消化器がん外科治療 認定医
  • 日本肝胆膵外科学会 高度技能指導医
  • 日本胆道学会 指導医
  • 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医

在籍している医療機関:横浜市立大学附属病院

横浜市立大学附属病院消化器外科の専門分野は食道、胃、肝臓、胆道、膵臓、大腸など、すべての消化器疾患の外科治療です。消化器外科指導医7名をはじめ、専門医12名、肝胆膵高度技能指導医・専門医5名、内視鏡技術認定医6名など、充実の人員体制を誇ります。

いずれの分野でも国内トップクラスの治療成績を目指し、とくに悪性腫瘍に対しては拡大郭清から機能温存、ロボット手術まで、安全性にも考慮した高度な手術を実施。患者さんの状態や希望に応じたテーラーメイドな医療を提供します。

塩澤学医師

神奈川県立がんセンター大腸外科のトップを務める塩澤学先生。大腸がん手術のエキスパートである塩澤先生が最重視するのは根治性です。最初の手術で完全にがんを切除すること、手術の質で勝負が決まるといっても過言ではないと語ります。

「この患者さんに二度目はない」という緊張感を常に持って手術に臨み、それを成功させるためにはメンバー全員が同じベクトルを持つことが大切としてチーム医療を欠かしません。もちろん手術後のQOL(生活の質)も考慮し、個々の患者さんのニーズに応えたテーラーメイド医療の提供に努めています。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会 専門医・指導医・消化器がん外科治療専門医
  • 日本消化器病学会 専門医・指導医
  • 日本大腸肛門病学会 専門医・指導医
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

在籍している医療機関:神奈川県立がんセンター

神奈川県立がんセンター大腸外科では、大腸がんに対する手術療法から化学療法、放射線療法までを含めた総合的な診療を実施しており、患者さんに寄り添った医療の提供を目指しています。また、がんセンターという高い専門性を活かし、消化器内科や腫瘍内科、放射線科との連携も緊密にし、患者さんにとって最適な治療を模索します。

セカンドオピニオンも随時受け入れており、大腸がんの手術内容や再発に対する治療、センターで実施している臨床試験の状況などさまざまな相談に対応しています。

工藤進英医師

「大腸がんはポリープから発生する」という通説を覆し、特殊な事例とされていた陥凹型大腸がんを臨床にて次々と見出し、大腸がんの初期病変に関して陥凹型早期大腸がんが重要だということを日本国内の医学界に周知した医師です。

内視鏡を扱える医師が少ない場合でも手術ができるよう、1人で内視鏡の操作を行う「1人法」を生み出し、数多くの内視鏡検査を実施。これまでの実績は10万例以上で、ベテラン医師であっても30分はか要する大腸内視鏡検査を5分で完了させることができるそうです。

がん手術に関する資格

  • 日本大腸検査学会 理事長
  • 日本消化器内視鏡学会 名誉会員・学術評議員・指導医・専門医
  • 日本消化器病学会 功労会員
  • 日本内視鏡外科学会 特別会員
  • 大腸がん研究会 世話人・規約委員
  • 日本ロボット外科学会 評議員
  • 日本消化器がん発生学会 特別会員
  • 日本消化管学会 暫定胃腸科指導医

在籍している医療機関:昭和大学横浜市北部病院

昭和大学横浜市北部病院の消化器センターでは、最小の負担で最大の治療効果を得るために、内科と外科を一体化。診断から治療までをセンター内で一貫して行っています。とくに大腸を中心とした消化器領域の内視鏡による診断・治療に取り組んでおり、患者さんに優しい高品質な検査を心掛けているようです。

また、肝胆膵疾患においても柔軟に対応可能で、消化器疾患全般の治療ができる体制を整えています。内視鏡治療や腹腔鏡治療などによる、身体への負担が少ない治療も魅力です。

佐藤武郎医師

手術と化学療法法のコンビネーションで根幹治療を目指す、北里大学病院の准教授である佐藤武郎医師。消化器下部のがん治療を得意としており、特に大腸がんの治療では「ゴッドハンド」として名高いです。

治療では、傷が小さく術後の疼痛を軽減できる腹腔鏡下を積極的に採用。原発巣と転移巣を同時に除去しなければならない場合も、腹腔鏡下手術を行っています。肝転移に対しても腹腔鏡下手術を実施できる、数少ない医師の1人です。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 指導医・専門医
  • 日本消化器外科学会 指導医・専門医
  • 日本内視鏡外科学会技術 認定医
  • 消化器がん外科治療 認定医
  • 日本消化管学会 認定医・指導医・専門医
  • 日本がん治療機構 暫定教育医・がん治療認定医
  • 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
  • 日本消化器病学会 専門医
  • ストーマ 認定医
  • 日本内視鏡外科学会 評議員

在籍している医療機関:北里大学病院

北里大学病院には上部消化管外科・下部消化管外科・肝胆膵外科の3部門があり、それぞれの部門の領域専門性に重きを置き、低侵襲治療である内視鏡外科手術を導入。安全・確実な治療をモットーに、治療成績の向上に努めています。

良性疾患含めた各消化器がんをメインに、全国的にも指折りの症例数と診療実績を誇る病院です。また、看護師や臨床検査技師、薬剤師や栄養士などとの連携によるチーム医療を徹底。患者さん1人1人に最善の医療を提供しています。

渡邊昌彦医師

北里大学病院一般・消化器外科教授である渡邊昌彦医師は、1992年に日本初である大腸がんへの腹腔鏡下手術を実施以降、内視鏡治療のスペシャリストとして数多くの手術に携わっている医師です。内視鏡手術による「患者さんに優しい手術」を常に意識しており、どんな症例に有効なのか、どうしたら安定して安全性の高い手術を提供できるかを追求。

研究ばかりになってしまいがちな大学病院に在籍しながらも、臨床を何より大切にしている医師です。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 指導医・外科専門医・認定医
  • 日本消化器外科学会 指導医・専門医・消化器がん外科治療認定医
  • 日本内視鏡外科学会 内視鏡外科技術認定医(大腸)
  • 日本癌治療学会日本がん治療認定医機構 暫定教育医・がん治療認定医
  • 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本消化器病学会 日本消化器病学会専門医
  • 日本外科系連合学会
  • 日本消化管学会 暫定指導医・暫定専門医・認定医

在籍している医療機関:北里大学病院

渡邊正彦医師の在籍する北里大学病院一般・消化器外科では、上部消化管外科と下部消化管外科、肝胆膵外科の3部門に分けて、それぞれ専門性の高い医師が診断や治療にあたっています。上部消化管疾患では胃がんや食道がんを、下部消化管疾患では直腸がんや結腸がん、肛門管がんや小腸腫瘍、肝胆膵疾患では原発性肝がんや転移性肝がん、胆道がんや膵臓がんなどを担当。

胃がんや食道がんなどの悪性疾患に対しては、内視鏡外科手術による低侵襲治療を行っています。また、高度先進・特殊医療も導入しており、ロボット支援手術や集学的治療などを受けることも可能です。

土屋了介医師

進行肺がんの専門家である土屋了介医師は、自身も大腸がんの経験があり、それ以来常に患者さんの目線に寄り添った医療を意識しています。肺がんの手術件数においては、日本でもトップクラスの症例数を誇る専門性の高い医師です。

また、人当たりが良く常に笑顔を絶やさないことに定評があり、ちょっとした身体の不調や違和感、手術に対する不安などを打ち明けやすい雰囲気を持っています。これも、患者さんとの信頼関係を大切にしている医師ならではの特徴と言えるでしょう。

がん手術に関する資格

  • 公益財団法人がん研究会 理事長

在籍している医療機関:神奈川県立病院機構

神奈川県立病院機構・がんセンターは、都道府県がん診療連携拠点病院として、放射線治療、手術、化学療法などの高度専門医療を提供。緩和ケアセンターやがんワクチンセンター、漢方サポートセンターなどと連携し、がん治療の強化・充実に取り組んでいます。

また、2015年12月の段階において、専門病院に併設された施設としては世界初となる重粒子線治療施設を開設。これにより、患者さん1人1人の病状やQOLを考慮した包括的な治療が可能となりました。

坪井正博医師

肺がんや転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍や悪性胸膜中脾腫などの手術を得意としている医師。高レベルの肺がん手術においては指折りの名手で、手術や放射線、全身化学療法などの治療選択肢を組み合わせた治療を行っています。

また、分子生物学的検索や遺伝子を利用したオーダーメイドの治療など、肺がんに対する最新治療を日々研究しています。なるべく専門用語を使用せず、分かりやすい説明を心掛けており、「患者さんに最適かつ高品質でハートフルな診療」がモットーです。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 外科専門医・指導医
  • 呼吸器外科 専門医
  • 日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医・指導医
  • 日本気管食道科学会 気管食道科専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医・暫定教育医
  • 日本呼吸器外科学会 終身指導医
  • 日本胸部外科学会 終身指導医
  • 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医

在籍している医療機関:国立がん研究センター東病院

国立がん研究センター東病院・呼吸器外科は、肺がんを主とした胸部の悪性腫瘍における全国的に優れた手術実績があります。

肺がんの外科的治療をより効果的かつ安全に、患者さん1人1人に合わせて提供することを心掛けているのが特徴です。全ての患者さんに柔軟性の高い治療ができるよう、呼吸器内科、放射線治療科、緩和治療科、病理・臨床検査科などと連携して治療を実施。負担の少ない胸腔鏡下手術やロボット支援下手術なども行っています。

中村治彦医師

外科学・呼吸器外科を専門とする中村治彦医師は、聖マリアンナ医科大学病院にて診療・教育・診療に携わっているドクターです。リアルタイムPCR法によりDNA複製過程を即時に測定することで、肺がん発現遺伝子の高感度検出ならびに診断への応用に活かせるなどの研究を行っています。

手術の腕前は折り紙付きですが、とりわけ手術後のアフターケアがポイントとなる肺がん患者に対しての丁寧な対応が特徴です。単に治療を行うだけでなく、不安や苦痛に寄り添った心の負担の軽減も期待できます。

がん手術に関する資格

  • 外科専門医・指導医
  • 呼吸器外科専門医・指導医
  • 呼吸器専門医・指導医
  • 気管支鏡専門医・指導医
  • がん治療認定医・暫定教育医

在籍している医療機関:聖マリアンナ医科大学病院

原発性肺がんをはじめ、転移性肺腫瘍や良性肺腫瘍など様々な疾患を対象とする、聖マリアンナ医科大学病院・呼吸器外科。年間280例を超える呼吸器外科手術を行っており、術後の痛みを軽減できる低侵襲機能温存手術に力を入れています。

一般的なレントゲン写真では発見が難しい肺がんに対しては、胸部CT、蛍光気管支鏡、超音波気管支鏡、FDG-PETなどを用いた検査を実施。迅速かつ的確な診断ができるため、患者さん1人1人に最適な治療方法を提案可能です。

福田護医師

福田護医師は、聖マリアンナ医科大学附属研究所ブレスト&イメージング先端医療センター附属クリニックにて院長を務めています。日本では乳がんの権威として知られており、日本乳ピンクリボン活動の先駆者的存在です。

最新機器や高い技術、豊富な知識だけでは真に良い治療とは言えないと考えており、「患者さんがどうしたいか」を意識した温かい対応を重視。そのため、自身も週4日は外来、1日は手術、もう1日はセカンドオピニオンに励み、患者さんが主役の治療を徹底しています。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 指導医・専門医
  • 日本乳癌学会 乳腺専門医・認定医
  • 日本がん治療認定医機構 暫定教育医
  • 検診マンモグラフィ読影 認定医
  • 乳房再建用エキスパンダー

在籍している医療機関:聖マリアンナ医科大学病院

乳がんの治療において高い評価を得ており、乳がんの患者さんが年々増加し、診療環境に悪影響を及ぼしていました。そこで、状況改善と先端的な診断装置の導入を目的に、乳疾患に特化したブレスト&イメージングセンターを開設。がん拠点病院の開設する、日本初の本格的かつ独立型のブレストセンターです。

世界最高水準のケアを目標に、豊富な知識と高い技術を兼ね備えたチーム医療を提供し、乳がん診療の中心となる施設を目指しています。

埼玉県

持木彫人医師

腹腔鏡下手術を採用した胃がん手術にて高い実績を持つ持木彫人医師は、埼玉医科大学総合医療センター消化器科・一般外科にて教授を務めています。手術では安全性を最重要視していますが、術後のQOLを高く保つために、「攻めの姿勢」をモットーとしてロボット支援下手術の指導にも力を入れているようです。

また、「地元でできる治療は地元で完結させる」という思いのもと、埼玉県央エリアにて地域完結型医療の実現に向けて尽力されています。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会 専門医・指導医
  • 消化器内視鏡学会 専門医
  • 日本内視鏡外科学会技術 認定医

在籍している医療機関:埼玉成恵会病院

埼玉成恵会病院は、195床の消化器外科、一般外科を中心とした外科系クリニックで、地域では2次救急医療を担っています。がん治療では主に胃がん、肝がん、泌尿器がん、乳がんの診療・治療が得意です。

治療によりがん細胞をしっかりと取り除くのはもちろん、早期発見のための検診にも力を入れており、院内にはCT、MRI、マンモグラフィをはじめとした様々な検査機器を用意。CTは短時間で高精細に撮影できるため、息止め撮影時の負担も軽減可能です。

藤原恵一医師

藤原恵一医師は、婦人科腫瘍学、がん臨床試験、国際共同臨床試験を専門としたドクターです。「臨床試験は標準治療のレベルアップに繋がる」として、治療だけでなく臨床試験にも力を入れています。

乳がんの治療では女性ならではの悩みに寄り添い、手術の約50%を乳房温存手術で実施。子宮がんに関しては、子宮摘出手術時に役立つ神経温存術をオリジナルで発案しています。また、卵巣がんや卵管がんなど、婦人科に係る様々な手術にも定評があるでしょう。

がん手術に関する資格

  • 日本産科婦人科学会 専門医・指導医
  • 日本婦人科腫瘍学会 専門医
  • がん治療 認定医
  • 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医

在籍している医療機関:埼玉医科大学国際医療センター

埼玉医科大学国際医療センター・婦人科腫瘍科では、婦人科がん全般を扱っており、とくに浸潤がんの治療や研究を行っています。手術・放射線治療・化学療法といった治療プランは、綿密なカンファレンスによって決定。

また、ガイドラインに基づいた標準治療を基本としていますが、標準治療では完治不可能だと判断された難治性疾患に対しては、新薬の開発などを念頭に置いて治療プランを立てています。他の病院では治療が難しい疾患・病状でも、埼玉医科大学国際医療センター・婦人科腫瘍科なら快く受け入れてくれる可能性が高いでしょう。

篠塚望医師

1985年に埼玉医科大学医学科を卒業後、消化器一般外科・心臓外科、移植外科などを研究。1995年には米国ジョンス・ホプキンス大学にて移植外科を学び、帰国後は腎臓移植や自己血輸血などの研究・治療に従事しています。現在は、埼玉医科大学病院にて肝臓・胆嚢・膵臓外科、内視鏡外科、腹腔鏡下外科手術などを担当。肝胆膵疾患に関しては新しい手術法の研究に注力し、より患者さんの負担を軽減でき、効果の高い手術を目指している医師です。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会 専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医
  • 消化器がん外科治療 認定医
  • 消化器病学会 専門医
  • 日本胆道学会 認定指導医

在籍している医療機関:埼玉医科大学病院

埼玉医科大学病院・消化器一般外科では、主に胃がんや大腸がんなどに対する外科治療を実施しています。2019年の手術実績は、腹腔鏡下胆嚢摘出術152件、大腸がん84件、結腸がん62件、直腸がん15件です。総手術件数は943件と非常に多くの実績を有しています。

胃がんや胃粘膜下腫瘍を含む上部消化管の治療では、1人1人の病状に応じて腹腔鏡下手術や開腹手術を実施。大腸がんをはじめとした下部消化管の治療では、腹腔鏡下手術を採用しており、2019年には45件の症例を腹腔鏡下手術で行っています。

川島吉之医師

食道がんや胃がんなどの外科治療を得意とし、自身の在籍する埼玉県立がんセンターでは消化器外科長兼部長として活躍。栄養サポートチームにも所属しており、患者さんに対して総合的な治療を実施しています。

また、ベストドクターズ社による「The Best Doctors in Japan」にも認定されている優れた医師です。胃がんに対する腹腔鏡手術の達人であり、合併症発生率を抑え、なるべく短期間で社会復帰ができるよう努めています。術後に発生しやすい栄養障害を軽減するために、胃機能を温存できる手術にも積極的です。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会 専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医
  • 日本消化器病学会 専門医・指導医
  • 日本食道学会 食道科認定医
  • 日本消化管学会 専門医 暫定指導医
  • 日本癌治療学会 代議員
  • 日本臨床外科学会 評議員
  • 日本がん治療認定機構 がん治療認定医・暫定教育医

在籍している医療機関:埼玉県立がんセンター

埼玉県立がんセンターでは、早期胃がんから進行胃がん、転移再発胃がんに至るまで全てのがん治療を担当しています。早期胃がんでは消化器内科と連携し、胃カメラを用いた粘膜切開剥離術(ESD)を採用。胃カメラで治療できない場合には腹腔鏡下手術を、進行胃がんには腹腔鏡手術と開腹手術を、胃癌が周辺組織に及んでいる場合は開腹や開胸による臓器摘出手術も行っているでしょう。

また、胃粘膜下腫瘍には、胃カメラと腹腔鏡を使った低侵襲手術(LECS)も提案可能です。

星永進医師

1979年に山形大学医学部を卒業し、呼吸器外科の医師として様々な疾患の診察・治療に取り組んできた医師です。臨床を重ね、2016年には埼玉県立循環器・呼吸器病センターにて病院長に就任し、病院の運営と若手医師の教育に力を注いでいます。若手医師の教育では「患者さんは全員で診療する」という思いをベースに指導を行っているでしょう。

肺がん、縦隔腫瘍、嚢胞性疾患、膿胸、先天性疾患など幅広い呼吸器疾患の治療を専門分野としています。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本胸部外科学会 認定医・指導医
  • 日本呼吸器外科学会 指導医・評議員
  • 日本呼吸器外科専門医合同委員会 専門医
  • 日本肺癌学会 評議員

在籍している医療機関:埼玉県立循環器・呼吸器病センター

埼玉県立循環器・呼吸器病センターは、呼吸器疾患に関して呼吸器内科・外科の医師が24時間体制で診療を実施しており、肺がんに対しては診断から治療までを一貫して行っています。また、呼吸器内科、呼吸器外科、放射線科、病理科、麻酔科、リハビリテーション科が連携を取りながら診療を行っているクリニックです。

2018年の総手術件数は年間265件で、そのうち原発性肺がんは165件、転移性肺腫瘍は8件。肺がんの手術では、80%以上の症例を胸腔鏡手術を採用し、進行肺がんでは術前抗がん剤治療の後に手術を実施しています。

笹島圭太医師

大腸がんにおける内視鏡手術の名医。内視鏡治療の方法は、大きくポリペクトミー、内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の3つに分けられ、笹島圭太医師は内視鏡的粘膜下層剥離術による治療が得意です。

また、拡大内視鏡による早期大腸がんの深度達成診断にも力を入れており、病変のごくわずかな凹凸や色調の変化に素早く気付くことができます。鎮静剤を用いたなるべく苦しくない検査を大切にしているため、苦痛なくスムーズな胃カメラ検査を希望する人の強い味方になってくれるでしょう。

がん手術に関する資格

  • 日本消化器内視鏡学会 学術評議員
  • 日本消化器内視鏡学会 指導医・消化器内視鏡専門医
  • 日本消化器病学会学会 評議員
  • 日本消化器病学会 指導医・消化器病専門医
  • 日本内科学会 認定医

在籍している医療機関:さいたま赤十字病院

さいたま赤十字病院・消化管内科では、食道、胃、大腸を専門に、拡大内視鏡を用いた検査や内視鏡的粘膜下層剥離術などの治療を行っています。具体的な診断・治療の種類としては、大腸内視鏡検査、拡大内視鏡、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)です。

切除が難しい進行がんの場合は、抗がん剤による化学療法をメインとした治療を実施。入院・通院の両方を用意し、通院抗がん剤点滴においては専用の外来化学療法室で受けられます。食道がんの場合には、放射線治療を併用することもあるでしょう。

茨城県

小田竜也医師

膵臓がんの治療開発に注力する筑波大学医学医療系消化器外科において、主任教授と附属病院手術部長を兼任する小田竜也先生。とくに膵頭十二指腸切除術は難易度の高い手術の代表とされていますが、小田先生が率いる消化器外科ではこれまで400例以上の実績を誇っています。

小田先生自身の研究テーマも、膵臓がんにいかに立ち向かっていくかが中心。外科医としての技術を磨くこと、科学者として医学の再現性を求めることの両方が、これからの外科医に求められていることだと語ります。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会 専門医・指導医
  • 日本肝胆膵外科学会 高度技能指導医

在籍している医療機関:筑波大学附属病院

がん治療を中心に、移植外科も含めた高度な医療を提供する筑波大学附属病院消化器外科。治療の主体は手術で、正常組織へのダメージを最小限にとどめ、根治性と臓器の機能温存を最大限に保つことを心がけています。

手術だけでは根治が期待できない進行がんの場合は、放射線治療や抗がん剤治療を併用する集学的治療を関連診療科と協力して実施します。他の医療機関にかかっている患者さんの求めに応じてセカンドオピニオンにも積極的に対応しています。

古川欣也医師

東京医科大学茨城医療センターの古川欣也先生は、呼吸器外科教授にして気管支鏡手術の名手。がんによる気道狭窄に対する硬性気管支鏡下ステント留置術など、難易度の高い手術を数多く手がけることで広くその名を知られているドクターです。

日本呼吸器外科学会や日本肺癌学会でも評議員を務める古川先生。これまで積み重ねた経験と知識に満足することなく、外科医としてさらなる高みを目指して現在も多くのがん患者さんと向き合う日々を送っています。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本呼吸器外科学会 専門医
  • 日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医

在籍している医療機関:東京医科大学茨城医療センター

母体である東京医科大学はかつて国内でもいち早く肺がんの切除を行なった施設で、現在では全国的に見ても肺がんの症例が多い施設のひとつに挙げられます。茨城医療センターでは同大学のスタッフによる診療が行なわれており、同レベルの診断と治療が受けられます。

肺がんに対する手術は常に新しい知見を取り入れ、患者さんの身体的負担を軽減するよう心がけています。胸腔鏡手術の導入によって手術の負担はさらに軽減傾向にあり、入院期間も短縮されるようになりました。

瀬下明良医師

牛久愛和総合病院の院長である瀬下明良先生は、長年にわたって消化器外科診療に専念している外科専門医。がんの拡大手術から腹腔鏡を用いた低侵襲手術、そして機能温存手術への変遷を、その身をもって経験してきたベテランドクターです。学会認定の指導医資格も多数取得しており、業界からの信頼も厚いことがうかがえます。

医師という職業は、科学者と職人の両側面があると考えている瀬下先生。これまでの医師人生によって築かれた知識と技術をもって、現在も多くのがん患者さんを担当します。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会 専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医・暫定教育医
  • 日本乳癌学会 認定医

在籍している医療機関:牛久愛和総合病院

牛久愛和総合病院の総合外科・消化器外科では、外科手術のほか内視鏡治療や抗がん剤治療、緩和医療など幅広い領域のがん診療を取り扱ってきました。何より丁寧な医療の提供を心がけており、外科手術実績は年間約300件、腹腔鏡下手術も年間約100件の実績があります。

消化器がんに対しては周術期口腔衛生指導やリハビリテーションも取り入れており、合併症の少ない手術を目指します。がんのステージによっては抗がん剤治療の併用も行ない、各種ガイドラインに沿った治療を快適な外来化学療法室で実施しています。

上田和光医師

筑波記念病院で消化器外科診療部長を務める上田和光先生は、肝胆膵悪性腫瘍の手術を得意とする外科専門医。日本外科学会、日本消化器外科学会の専門医・指導医資格を持ち、その技術の高さは多くの医療人が認めるところです。

また、上田先生は肝胆膵領域だけではなく、胃がんや食道がんに対する機能温存手術も数多く手がけています。食道がんは早期であれば内視鏡的粘膜下切除術も検討可能。進行がんであれば化学療法を先行し、その効果によって手術を検討しています。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会 専門医・指導医
  • 日本肝胆膵外科学会 高度技能指導医・評議員
  • 消化器がん治療認定医

在籍している医療機関:筑波記念病院

筑波記念病院の消化器外科は、常勤医の体制が充実したことによって緊急手術にも対応可能。上腹部外科、下腹部・骨盤外科を担当する医師がそれぞれ在籍しているので、幅広い範囲の外科手術を取り扱えるようになりました。

同院のモットーは「誠意をもって最善を尽くす」。それに基づいて県南地域の中核病院としての役割を担うため、臨床・研究・医療人の育成だけではなく、24時間365日の救急体制を構築して地域医療に貢献しています。

山本雅由医師

茨城県西部メディカルセンターの山本雅由先生は、同センターの副院長と診療部長を兼任する外科専門医で、大腸・小腸・肛門疾患の手術を得意とするドクターです。大学病院や総合病院で長くがん治療に携わり、現在は筑波大学医学医療系消化器外科の教授も務めています。

消化器外科の権威となった現在でも、山本先生が大切にしているのは患者さんの目線。わかりやすく説明したうえで納得をいただき、そして最適な治療を行なうという基本的なスタイルは変わりません。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会 専門医・指導医
  • 日本消化器病学会 専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

在籍している医療機関:茨城県西部メディカルセンター

茨城県西部メディカルセンターの外科では、消化管から肝胆膵といった腹部臓器まで幅広いがんを受け入れてきました。近年普及している腹腔鏡手術などの低侵襲手術は、とくに胃がん、大腸がんに対して実施しています。また、内視鏡やCT、超音波検査などによる診断・治療が必要な紹介患者さんも多く受け入れます。

そのほかの特徴として、同センターは開業医とタッグを組んだ2人主治医制が機能しています。こうした連携で、地域内における一貫したがん治療を支える医療機関であることを目指します。

佐藤宏喜医師

水戸赤十字病院の院長として地域医療の中核を担うべく活躍する佐藤宏喜先生は、県内屈指の乳腺外科医としても知られているドクター。日本乳癌学会が認定する乳腺専門医であり、適応を慎重に選択して乳房温存手術を数多く手がけます。

患者さんとも医療スタッフとも確固たる信頼関係を築くというのが佐藤先生のポリシー。医師として言うべきことは患者さんにしっかり伝え、それでいて優しさとユニークさも忘れないその人柄が、多くの患者さんを安心に導いていると評判です。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本乳癌学会 乳腺専門医

在籍している医療機関:水戸赤十字病院

水戸赤十字病院の外科グループは消化器外科、乳腺外科、血管外科などの専門スタッフがそろい、診断から治療までを一貫して行なっています。抗がん剤治療や緩和ケアも外科が担当しているのが特徴です。

早期がんに対しては内視鏡的粘膜切除や腹腔鏡下手術を積極的に実施し、胃がんでは手術支援ロボット「ダヴィンチ」による腹腔鏡下胃切除も導入。乳がんに対しては専用の超音波検査装置を完備し、適応によって乳房温存手術も手がけます。

栃木県

佐田尚宏医師

自治医科大学附属病院の佐田尚宏先生は、胆膵外科と内視鏡外科を専門とするドクター。膵臓がん、胆道がんの集学的治療や低侵襲手術の研究に長く携わり、最善の治療を提供したいと、さまざまな取り組みを行なっています。

「外科医は手術をこなすことがゴールではない」とし、いかに死亡率・合併症発生率をゼロにするかを目標に日々の手術に立ち向かう佐田先生。その姿勢は教授となった現在も変わることなく、さらに高いスキルを身に着けるべく奮闘されています。

がん手術に関する資格

  • 日本消化器外科学会 専門医・指導医
  • 日本消化器病学会 専門医・指導医・評議員
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医・評議員
  • 日本肝胆膵外科学会 高度技能指導医・評議員

在籍している医療機関:自治医科大学附属病院

自治医科大学附属病院の消化器外科は、各種消化器がんに対して内科部門と協力して診療にあたっています。手術の多くもがんが中心ですが、治療方針の決定には臨床腫瘍科、放射線科とも連携し、標準治療に沿った外科治療を行ないます。

併設の実験医学センターには手術支援ロボット「ダヴィンチ」が導入され、若手ドクターのための教育研究にも取り組みます。臨床では胃がん手術にロボットが用いられており、次いで大腸がんのロボット支援手術も開始されました。

俵藤正信医師

芳賀赤十字病院で外科分野と手術部の責任者を兼任する俵藤正信先生は、幅広い領域の消化器がんを専門とするトップドクター。とくに胃食道外科、内視鏡外科領域における技術には定評があり、早期胃がんに対する腹腔鏡下胃切除術を得意とします。

腹腔鏡下手術は傷口が小さいので痛みが少なく、内臓の回復も早いのがメリットだと語る俵藤先生。開腹手術以上に高い技術を必要とする手術ですが、高性能の腹腔鏡カメラを駆使する俵藤先生の繊細な外科操作がそれを可能にしています。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 指導医・専門医
  • 日本消化器外科学会 指導医・専門医
  • 日本肝胆膵外科学会 高度技能指導医・評議員
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医・評議員

在籍している医療機関:芳賀赤十字病院

芳賀赤十字病院の消化器外科では、上・下部消化管や肝胆膵領域などあらゆる消化器疾患に対して内科と協力のうえで外科治療を中心に行なっています。各臓器に対する低侵襲治療に力を入れ、内視鏡治療と腹腔鏡を用いる鏡視下手術を積極的に実施。関連学会の技術認定医や指導医が在籍しているので、高度な鏡視下手術が可能です。

抗がん剤治療も外科において化学療法専門医が実施しており、近年は入院せずに通院で済む外来化学療法も推進しています。

知久毅医師

上都賀総合病院で副院長を務める知久毅先生は、大腸・肛門外科を専門とするがん治療認定医。臨床の現場はもちろん、関連学会における発表や地域FMでの啓蒙活動などでも存在が知られるドクターです。

大腸がんの治療においては、可能な限り内視鏡や腹腔鏡による切除を行ないます。進行がんの場合は根治性を損なうことなく、そして手術後の生活の質を重視した手術を実施。直腸がんにおいても肛門機能・性機能を極力温存するのが知久先生の考え方です。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会 専門医・指導医
  • 日本大腸肛門病学会 専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 消化器がん外科治療認定医

在籍している医療機関:上都賀総合病院

上都賀総合病院の外科では各分野の専門医を揃え、高度な外科診療の提供を目指しています。外来も各分野の専門外来を開設し、きめ細かい対応を行ないます。

手術は生活の質を重視した鏡視下手術や機能温存手術をはじめ、根治性を重視した拡大手術まで患者さんに最適かつ負担の少ない方法を提案します。臨床的にも効果が確立している治療の選択を基本とし、高齢者やリスクの高い症例も積極的に受け入れているのが同科の特徴です。

塚田博医師

塚田博先生は佐野厚生総合病院の呼吸器外科部長で、臨床腫瘍科と化学療法センターのトップも兼任するがん治療のスペシャリストです。とくに肺がんを専門とし、検診から診断、手術に至るまで豊富な経験を有し、常に第一線で活躍してこられました。

塚田先生ほどの名医に言わせても、やはり肺がんは早期発見・早期治療がもっとも大切とのこと。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本呼吸器外科学会 専門医
  • 日本胸部外科学会 認定医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

在籍している医療機関:佐野厚生総合病院

佐野厚生総合病院に呼吸器外科が開設されたのは2008年のこと。それまで佐野地区には呼吸器外科専門の医療機関がありませんでしたが、現在では呼吸器内科と連携して地域における肺がん診療を完遂できるようになりました。

同科では胸腔鏡による低侵襲手術にも対応しており、従来とは比較にならないほど小さな傷口で肺の手術が可能です。体力的に手術が困難だとされてきた患者さんでも、胸腔鏡を使うことで手術が可能なケースが増えています。

一瀬雅典医師

国際医療福祉大学塩谷病院で副院長の職を担う一瀬雅典先生は、消化器外科と救急医療を専門とするドクター。総合病院で外科の管理職を長く務め、消化器がんの治療において豊富な経験と高い知見をお持ちです。

とくに肝胆膵領域の外科治療を得意とし、消化器内視鏡治療にも精通している一瀬先生。早期がんに対する内視鏡治療では卓越した技術を発揮します。高い専門性と誠心誠意の医療を通じ、地域医療の発展のために日々努力を続けています。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医
  • 日本消化器外科学会 専門医・消化器がん外科治療認定医

在籍している医療機関:国際医療福祉大学塩谷病院

国際医療福祉大学塩谷病院の消化器外科は、専門医によるがんの診断・手術だけではなく抗がん剤治療も積極的に実施しています。また、内視鏡による上部・下部消化管の検査や手術にも以前から力を入れてきました。また、乳がんの診断や手術にも対応しています。

地域密着を掲げる同院の外科チームは、幅広い領域の消化器疾患に対して迅速な対応を行なう一方で、日本外科学会認定施設に相応しく、高度な医療の提供を患者さんにわかりやすく説明したうえで行なうことを目指します。

群馬県

川島修医師

渋川医療センターの呼吸器外科部長を務める川島修先生は、長く肺がんの外科治療に携わってきた経験豊富なドクター。在籍している関連学会の多くで指導医・教育医の資格を取得するなど、後進育成の立場でも活躍してきました。

川島先生が率いる呼吸器外科では、年間100例以上の原発性肺がんに対する手術を実施。また、治療成績の向上を目指して呼吸器内科と連携し、手術後の補助的化学療法も積極的に行なっています。「肺がんの心配がある人はぜひ当科を受診してほしい」と川上先生は語ります。

がん手術に関する資格

  • 日本呼吸器外科学会 専門医・指導医
  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医・暫定教育医
  • 日本胸部外科学会 認定医・指導医

在籍している医療機関:渋川医療センター

渋川医療センターの呼吸器外科は、主に肺がんの外科治療を取り扱う診療科です。

同科は県内でいち早く肺がんの外科治療を手がけた西群馬病院呼吸器外科をそのまま引き継いだ経緯があり、豊富な手術症例と臨床データを有しています。それを駆使した肺がんの外科治療は他の医療機関と比較しても高レベルで、胸腔鏡下手術などの身体的負担の少ない外科治療はもちろんのこと、患者さん一人ひとりに最適な手術を提案することが可能です。

林浩二医師

太田記念病院の外科主任部長である林浩二先生は、腹腔鏡下手術における卓越した技術で知られるドクター。林先生が統括する外科における平成27年度の手術件数の合計は約600件ですが、そのうち約200件が鏡視下手術でした。

傷口が小さいので手術後の痛みが少なく、早期の歩行や食事開始が可能だという腹腔鏡下手術。入院期間も短いので早期の社会復帰も望めるのが大きなメリットだと林先生は語ります。また、総合病院の強みを活かして持病のある人や高齢者にも多数対応しています。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 指導医
  • 日本消化器外科学会 指導医
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医

在籍している医療機関:太田記念病院

太田記念病院の外科では、成人のがんを中心とした消化器疾患全般にわたる治療を行なっています。胃がんや大腸がんに対しては腹腔鏡下手術を積極的に実施し、患者さんの身体的負担の軽減を図ってきました。

同科では外来化学療法室を開設しており、医師や薬剤師、看護師による専門チームで有効性・安全性の高い抗がん剤治療を可能な限り通院で実施できるよう、体制を構築しています。また、緩和ケアやストーマ(人工肛門)ケアもチームによる取り組みを行なっています。

保田尚邦医師

伊勢崎市民病院の保田尚邦先生は、大腸・肛門の外科治療を専門とする同院の主任診療部長。直腸がんにおけるロボット支援手術に力を入れるなど、常に新しい知識や技術を追求することで、信頼と期待を寄せられる外科医でありたいと考えてきました。

そんな保田先生が大切にしているモットーは、誠実な外科医療を行なって患者さんを幸せにすること。わかりやすい説明で患者さんに安心してもらいたいと作成した「安心ブックレット」も好評を得ており、そこにも保田先生の真摯な人柄が表れています。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本消化器病学会 認定医・指導医
  • 日本消化器外科学会 専門医・指導医・がん外科治療認定医
  • 日本癌治療学会 臨床試験登録医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

在籍している医療機関:伊勢崎市民病院

伊勢崎市民病院の消化器外科は7名の常勤医による診療体制を取っており、胃がんや大腸がんなどの悪性疾患を幅広く受け入れています。手術や化学療法によるがん治療では上部消化管と下部消化管にチームを分け、さまざまな新しい治療法を実践。胃がんや直腸がんではロボット支援手術を積極的に推進しており、良好な治療成績をあげています。

同科は伝統的にアットホームな雰囲気があるため、治療のうえで疑問点や不安なことがあっても相談しやすいと評判です。

内藤浩医師

群馬中央病院の院長である内藤浩先生は、消化器外科の中でもとくに胃・大腸の外科を専門とするドクター。外科医として35年以上のキャリアを持ち、これまで県内を中心に地域医療に尽力したのち現職に着任されました。

院長に就任した現在も、消化器・肛門病センター長を兼任して外科治療の第一線に立ち続ける内藤先生。患者さんからも医師たちからも人望が厚く、その存在が専門性の高い同科の診療を支えていることは間違いありません。

がん手術に関する資格

  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会 専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医
  • 日本消化器病学会 専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構 暫定教育医

在籍している医療機関:群馬中央病院

群馬中央病院の外科は常勤医8名によって消化器外科全般および一般外科の診療に対応しています。中でも乳腺・甲状腺や呼吸器、肝胆膵などは大学病院の専門医による専門外来を開設し、きめ細かい診療を提供してきました。

治療は入院・通院ともにすべて外科系学会指導医・専門医資格を有する医師が責任を持って対応。救急患者さんも24時間体制で受け入れています。内科や病理診断科、放射線科などの関連診療科や多職種とも連携し、専門性が高く、患者さんが安心して受けられるような治療体制を構築しているのも特徴です。

各医師が所属している学会

上記に代表される手術を得意とする名医たちは、以下のような医学系学会に多く所属しています。

日本癌治療学会

医師に限らず、癌医療に携わる他職種の医療従事者が所属し、癌医療の現状や将来の展望について発表・議論を交わし合う学術団体が日本癌治療学会です。

以前とは違って、現在の癌医療は場合によっては根治も望めます。これは手術をはじめ、放射線治療や薬物治療の進歩の賜物だといえるでしょう。そのぶん治療は多様化し、従来よりも専門的な知識や技術が求められるのも事実です。

同学会は臓器別、治療方法別といった癌医療の垣根を取り払い、患者さん一人ひとりに最適な治療を提供すべく幅広い領域の医師が議論できる学術団体だと自らを位置づけています。

参考元:日本癌治療学会

日本外科学会

日本外科学会は100年以上の歴史を持ち、40,000名以上の会員を擁する国内でも屈指の規模を誇る学会です。外科に関する会員相互および国内外の学術団体との知識の交換・提携を通じて外科全体の進歩を目指し、国民の健康と福祉に寄与することを目的とします。

同学会が大きく掲げているのが「禁煙宣言」。喫煙はがんの原因になるだけではなく、外科手術にも悪影響を及ぼします。そこで、禁煙による癌予防を推進し、喫煙が外科手術に与える悪影響を知らしめ、禁煙の重要性を社会に発信することも自らの役割としています。

参考元:日本外科学会

日本内科学会

内科は誰もが知る診療科のひとつで、日本内科学会は国内最大の規模と長きにわたる歴史と伝統を持つ医学系学会です。内科学の進歩と普及に尽力し、わが国の医療の発展を学術的な立場から支え続けてきました。

同学会が考える内科の位置づけは、患者さんに最初に寄り添う診療科であるということ。患者さんの心理的・社会的な側面も考慮した、特定の病気に限定しない全人的医療を目指すものだとしています。そのような内科医を育成するため、同学会は50年にわたって認定医・専門医制度の維持と向上に努めています。

参考元:日本内科学会

日本臨床外科学会

日本臨床外科学会は臨床外科学と外科医療の進歩・発展を目指し、同時に会員相互、関連学会との連携を目的としています。主たる活動のひとつである学術集会や機関誌での発表も充実。治療法の標準化を目指した臨床研究や、新たな医薬品や医療機器、技術を取り入れた臨床研究も多く、産学連携による研究開発の実績でも高い評価を得ています。

そうした成果は臨床の現場にフィードバックされており、同学会による臨床研究の必要性と重要性は高まり続けていくでしょう。

参考元:日本臨床外科学会

日本内視鏡外科学会

内視鏡外科手術の発展と普及を目指し、もって国民の福祉の増進に寄与することを目的として設立されたのが日本内視鏡学会です。

同学会の大きな特徴は、臓器を限定しない領域横断的な学術団体であること、他の外科系学会に先駆けて技術認定制度を導入していることなどが挙げられます。また、医工連携(医療と工学の連携)を強力に推進しているのも同学会ならでは。こうした特徴をそのまま方針に掲げ、国内はもちろん世界の医療を発展させる原動力となるべく尽力しています。

参考元:日本内視鏡外科学会

日本ロボット外科学会

日本の医療レベルは世界に誇れるほど高い水準を満たしていますが、一方で新しい医療機器や医薬品、新技術を輸入して実用化することが困難な環境にあります。その代表的な分野がロボット手術。遅れを取ってしまったロボット支援手術の潮流を一刻も早く国内に浸透させるため、2007年に設立されたのが日本ロボット外科学会です。

設立以降の同学会の発展は目覚ましく、すでに専門医制度も確立されています。ロボット手術の成績向上と保険適応の認可など多くの患者さんがその恩恵を受けている背景には、同学会の多大な努力があることは間違いありません。

参考元:日本ロボット外科学会

日本レーザー医学会

日本レーザー医学会は、レーザーに関する研究と技術の向上をもって医療を発展させ、社会貢献を果たすことを目的としています。

レーザー医学は医学と工学から成り立っており、レーザーを取り扱う診療科は多岐にわたります。基本領域は外科、産婦人科、泌尿器科、眼科などさまざまですが、それらの専門医資格を有する会員医師に講習会と試験を実施し、レーザー専門医として認定するのも同学会の大きな役割です。レーザー専門医は、レーザーに関する十分な知識を持って安全性の高いレーザー治療を提供できる臨床医という位置づけです。

参考元:日本レーザー医学会

日本移植学会

変革の時代を迎えている日本の移植医療。臓器提供を申し出るドナーの数は次第に増加し、実際の移植手術の成績も世界に冠たるレベルとなってきました。移植医療に対する国民の理解が深まってきたこともその理由のひとつですが、これまで移植医療を支えてきた日本移植学会の存在も忘れてはなりません。

同学会のビジョンは、臓器不全の患者さんが移植を受けて人生を全うできる社会づくりです。必要なことは移植へのアクセスと臓器提供環境の整備、そして何より医療技術の革新とそれを担う人材の育成。これらを果たすことを学会の使命としています。

参考元:日本移植学会

日本皮膚科学会

皮膚科学をより一層発展させ、次世代を担うハイレベルな皮膚科医を育成することが日本皮膚科学会の最重要課題。専門領域を守るとともに、他の医療分野との融合も図りながら医学の発展を牽引するのも同学会の役割です。

ビッグデータの活用やAI医学の技術革新など、学術進歩のスピードが加速しているのは皮膚科領域も同様。同学会はそうした時代の潮流に流されず、自らの価値観を失わずに確立し進化させていく体制の強化を図り、活動の成果を社会実装につなげる努力を続けています。

参考元:日本皮膚科学会

日本整形外科学会

90年余りの歴史と25,000名の会員を擁する日本整形外科学会。少子高齢化が進むわが国においては、老若男女問わず国民の社会参加が必要で、骨や関節、筋肉といった運動器の健全性が非常に重要です。同学会の活動の社会的意義も大きいといえるでしょう。

このような中で同学会が取り組んでいる課題は数多くありますが、特に力を入れているのは国民に信頼される専門医の育成です。また、同学会は運動器疾患に関する多くの診療ガイドラインを作成しており、これらを通じた整形外科学の進歩への貢献にも期待がかかります。

参考元:日本整形外科学会

日本内分泌外科学会

内分泌外科とは耳慣れない診療科かもしれませんが、甲状腺や副甲状腺、副腎、膵消化管などの内分泌腺と関連臓器に発生する外科的疾患に関する診療科のこと。日本内分泌外科学会は日本甲状腺外科学会と統合合併し、新たに専門医制度も設けられました。

同学会の内分泌外科専門医は外科以外に耳鼻咽喉科、泌尿器科も基盤領域で、これらを中心に病理、核医学、内科など幅広い領域をカバーします。会員の臨床現場における活躍だけではなく、研究や後進の育成などを通じ、国民の健康福祉の増進に寄与してくれることでしょう。

参考元:日本内分泌外科学会

日本甲状腺学会

日本甲状腺学会は甲状腺学の進歩と向上を図ることを目的として設立され、会員は2,700名超、毎年150名以上の新規入会がある活発な学術団体です。同学会が認定する甲状腺専門医は地域における甲状腺診療の中核として活躍し、甲状腺癌などの腫瘍性疾患をはじめ、救急病院や大学病院、基幹病院などにおいて複雑な病態を示す甲状腺疾患を取り扱っています。

同学会はチーム医療も重視しており、内科や外科はもちろん、病理医や放射線科医、眼科医などとの連携も推進しています。

参考元:日本甲状腺学会

日本脳神経外科学会

1万人を超える会員と8,000名近くの専門医が所属する日本脳神経外科学会。学理とその応用についての研究発表や知識の交換、国内外の学会との連携を通じて脳神経外科学の進歩と普及を図り、学術の発展と国民の福祉に長く寄与してきました。

同学会では早くから専門医認定を基幹事業と位置づけており、その公平性・透明性が担保された専門医制度は高い評価を受けています。個々の専門医は総合的かつ専門的な知識と技術を持ち、必要に応じて他の診療分野の専門医への転送判断も的確にできる能力を備えた医師とされます。

参考元:日本脳神経外科学会

日本耳鼻咽喉科学会

診療科としての耳鼻咽喉科は耳、鼻、のどをはじめ気管、食道、頭頸部と幅広い領域をカバーしています。そして新生児から高齢者までさまざまな疾患の診療と研究を行ない、耳鼻咽喉科専門医の育成に取り組むのが日本耳鼻咽喉科学会です。

同学会の注目すべき方針は「社会連携」。診察室の中の医師と患者さんの関係だけではなく、在宅や介護を含めたより社会的な活動が求められると考えています。また、従来どおり学校保健や産業・環境保健などを通じて社会貢献を果たすための活動も続けています。

参考元:日本耳鼻咽喉科学会

日本気管食道科学会

日本気管食道科学会は同分野の進歩と発展を図り、学術振興と医療福祉の増進を目的として設立された学会で、すでに70年以上の歴史を持っています。耳鼻咽喉科や消化器外科、呼吸器外科、内科、放射線科など多くの専門医が参加する多科協調的な特性こそ、同学会の大きな存在意義だといえるでしょう。

学会における喫緊の課題は、気管食道科専門医制度の確立。社会的使命の明確化や研修施設・指導医の整備など高いハードルをクリアし、医療界における確固たる地位の構築を目指しています。

参考元:日本気管食道科学会

日本頭頸部外科学会

頭頸部外科は耳鼻咽喉、口腔、加えて小児のそれらに細分化されますが、日本頭頸部外科学会はそれらの分野を横断し、外科的な側面にフォーカスを当てた学術団体です。こうした意味では、日本耳鼻咽喉科学会の関連団体の中でも特殊な存在といえます。

これからの医療にはAIが次々に導入され、特に診断領域では加速度的な進化が予想されます。しかし、医師がその手で行なう外科的治療の必要性は変わりません。頭頸部がん専門医制度の運営母体として、当該分野の手術全般を取り扱う同学会の重要性は今後ますます高まっていくでしょう。

参考元:日本頭頸部外科学会

日本食道学会

日本食道学会は、食道癌を中心にさまざまな悪性・良性の疾患を幅広く取り扱う食道専門の学術団体です。外科医、内科医はもちろん、放射線科医や病理医、医師以外の医療スタッフなど、食道を専門とする多種の医療職が参加しているのが特色といえます。

同学会は食道癌診療ガイドラインや食道癌取り扱い規約などを作成し、国内の食道癌診療レベルの底上げに大きく貢献してきました。また、全国どこでも安心して食道癌治療が受けられるように専門施設を認定し、手術のエキスパートである認定医、専門医の育成も行なっています。

参考元:日本食道学会

日本呼吸器学会

1961年に設立された日本呼吸器学会は約1万名の会員を擁し、日本医学会傘下の呼吸器領域学術団体では国内最大の規模となっています。その名のとおり呼吸器学に関する研究や知識の交換、関連学会との連携をもって呼吸器医療の進歩を図り、学術の発展に寄与することが目的です。

呼吸器疾患専攻の優れた医師を養成し、医療の向上と国民の福祉に貢献することも同学会の重要な役割。一定レベルの実力と患者さんからの信頼を兼ね備えた医師が呼吸器専門医として認定され、官民問わず全国の医療機関で今日も活躍しています。

参考元:日本呼吸器学会

日本呼吸器外科学会

呼吸器外科を中心に医療に関する社会啓発と情報提供、研究の進歩発展に関する事業を行なう学術団体が日本呼吸器外科学会。国民の保健福祉・医療の増進を図るためにさまざまな活動を展開しています。

同学会では医療安全も重視しており、特に肺癌手術に関するさまざまな調査を実施してリスク因子を解析、その結果を公表してきました。また、国内で普及しつつある胸腔鏡手術においても技術習得過程の事故防止に努めています。常に進歩を続ける呼吸器外科医療において、同学会からの提言は非常に重要な意味を持っているといえるでしょう。

参考元:日本呼吸器外科学会

日本胸部外科学会

日本胸部外科学会は、学術研究を通じて国内外の胸部外科学の進歩と普及に貢献し、もって国民の健康と福祉に寄与することを目的に設立された学術団体。70年以上の歴史と8,000名を超える会員を有し、外科系学会の中でも大きな存在感を示しています。

胸部外科には心臓血管外科、呼吸器外科、食道外科が含まれますが、同学会はこれら3診療科の基盤としてそれぞれの発展を目指します。また、胸部外科の将来の発展のためには次世代の胸部外科医の育成も欠かせません。今後の揺るぎない医療の発展のため、何をすべきかを常に自問していくのが同学会の姿勢です。

参考元:日本胸部外科学会

日本乳癌学会

乳癌の診断と治療は、患者さんや家族の意向を尊重しながら科学的根拠に基づいた医療を提供することが何より重要です。つまり「安心」が重視されるということ。日本乳癌学会が掲げるミッションも、国民が安心できる乳癌治療を提供することです。

そのために同学会が取り組んだのは、患者さん向けのガイドラインの改定。複雑化の一途をたどる乳癌医療をわかりやすく伝えることに尽力しました。肝心の治療面では、同学会が認定する1,600名の乳腺専門医が全国各地で活躍中。引き続き、実践力を持った専門性の高い医師の育成を目指しています。

参考元:日本乳癌学会

日本胆道学会

日本胆道学会は会員数3,200名、中堅の学会ながら内科や外科、病理診断科、放射線科など多岐にわたる分野の医師が集い、機動力のある運営を行なっています。他の学会にはみられない、診療科を横断した熱い議論が交わされるのも同学会が誇る特長です。

同学会の大きな方針のひとつが若手の育成。次世代の胆道学を背負って立つ若いドクターが積極的に参加しやすいプログラムを取り入れています。

胆道学はこの数十年で大きく進化しました。その中で積極的に症例データを集めて臨床研究を進め、高いレベルの診療知見を創造していくことも自らのミッションとしています。

参考元:日本胆道学会

日本肝臓学会

日本肝臓学会の設立は1959年、研究発表と知識の交換等による肝臓学の進歩と普及、学術の発展を目的として設立されました。設立後まもなく研究奨励賞制度を設けて若手研究者の育成に努めてきましたが、平成の世に移り認定医制度(現専門医制度)を構築、現在では5,000名を超える肝臓専門医が第一線で活躍しています。

また、アジア諸国の肝臓専門医との交流も活発に行なわれてきました。アジア全体における肝臓疾患の治療向上を図るため、同学会では国際肝硬変・肝癌セミナーを開催。こちらは現在も発展を続けています。

参考元:日本肝臓学会

日本腎臓学会

日本腎臓学会の使命は、腎臓病の研究を通じて社会貢献を果たし、国民の負託に応えること。そのための人材育成や生涯教育の奨励、研究成果の臨床現場への還元など、同学会の活動は多岐にわたります。

特に医療の将来を託す次世代の育成は、学会の存在意義にも関わる大きなミッションです。他職種連携の必要性も重視しており、新たに確立される「腎臓病療法指導士制度」をはじめ、腎臓病を手がける専門職の裾野を拡大する同学会の活動に大きな期待が寄せられています。

参考元:日本腎臓学会

日本肝胆膵外科学会

日本肝胆膵外科学会は、文字どおり肝臓、胆道、膵臓の外科に関する学術研究の発展と知識の普及、国際関連学会との交流を図ることを目的としています。同学会の大きな特徴は「肝胆膵外科高度技能専門医制度」を有すること。高難度の手術を安全に、そして確実に行なうことのできる外科医を育成するための制度で、この資格を有する多くの医師が全国の大学病院やがんセンターなどで活躍してきました。

ここ10年ではグローバル化の一環として世界肝胆膵学会議の支部としても活動を開始。本邦の優れた研究成果を発信し、併せて高度で緻密な日本の手術を世界に広めようとしています。

参考元:日本肝胆膵外科学会

日本消化管学会

消化管学を専門とする医師や研究者が中心となって2004年に設立された日本消化管学会。すでに会員数は5,000名を超え、胃腸科認定医・専門医・指導医を多数輩出して消化管に関する医療に多大な貢献を果たしています。

今後は学会の独自性をさらに発揮すべく、さまざまな消化管疾患の病態解明と新たな治療法の開発に取り組む方針です。また、他の分野と同様に遺伝子医療や再生医療、癌や難治性疾患に対する治療法の研究など、同学会の関与に期待がかかる領域は数多くあります。

参考元:日本消化管学会

日本消化器病学会

1898年設立という国内でも長い歴史を持つ日本消化器病学会は、会員数35,000名を誇る国内最大の消化器系学会です。

同学会の大きな使命は専門医の育成。消化器病専門医は内科または外科の見識を基本に、さらに深く消化器領域の病態に精通する高度な専門性を持ったドクターです。消化器科は内科の中でも受診機会の多い診療科であり、その活動は多岐にわたります。同学会が育成する消化器病専門医は常に新しい医療を学ぶ姿勢を持ち、チーム医療、連携医療、予防医療をもって多くの患者さんに向き合っています。

参考元:日本消化器病学会

日本消化器外科学会

約2万人の医師が所属する日本消化器外科学会は、外科系サブスペシャルティ(細分化された専門分野)では国内最大の学術団体。消化器外科学の発展はもちろん、若手の外科医が誇りとやりがいを持ちながら研鑽できるシステムを構築したことが人材育成につながり、結果として臨床の現場への貢献を生んできました。

近年の活動では、同学会が発足した若手外科医向けの教育セミナーに注目。第一線で活躍するエキスパートの技術が若手に伝わる絶好の機会であり、女性研修医も積極的に参加していることから消化器外科分野における男女共同参画にも一役買っています。

参考元:日本消化器外科学会

日本消化器内視鏡学会

日本消化器内視鏡学会の前身は、1959年に設立された日本胃カメラ学会。内視鏡機器や技術の進化とともに学会も発展を遂げ、1973年に現在の形になってからも消化器内視鏡分野に対してさまざまな形で貢献してきました。

最大の功績は、何といっても早期胃癌の診断学を確立したことです。現在では消化管のみならず、胆道や膵管など広範囲な消化器分野の内視鏡診断が可能となり、治療面でもさまざまな内視鏡手術の実用化が進んでいます。こうした消化器内視鏡の進化に同学会の存在が大きく影響してきたことはいうまでもありません。

参考元:日本消化器内視鏡学会

日本大腸検査学会

大腸検査研究会の業績を受け継いで誕生した日本大腸検査学会は、大腸検査の研究促進と発展をもって社会福祉に貢献することを目的とする学術団体です。

わが国では大腸癌が胃癌に次いで注目を集め、その早期発見・早期治療が医療者にとっても大きな課題でした。それに対する大腸内視鏡検査の急速な普及は国民医療に大きな貢献を果たしました。

内視鏡以外による大腸検査の方法も進展が望まれ、同時に検査に習熟した医師の育成も社会的な要請であることを考えると、同学会にかかる期待も大きくなっているといえます。

参考元:日本大腸検査学会

   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)