公開日: |更新日:

がん悪液質

がん悪液質とは、癌患者の脂肪や筋肉が減少して、どんどんと体重が減っていく病態であり、癌治療や再発癌、癌転移などの治療を考える上で無視できない症状でもあります。このページでは、がん悪液質について原因や症状、どのようにコントロールしていくかなど治療のポイントを解説していますので、ぜひ参考にしてください。

がん悪液質とは?

体重減少と食欲不振による合併症

がん悪液質とは、一般的に「癌によって患者の筋肉量が減少していき、通常の栄養サポートを行っても状態が改善しない進行性の病態」を指します。もっと分かりやすくいえば、癌によって体重減少を止められなくなってしまっている状態です。

がん悪液質は単に食べ物を食べないことで引き起こされる体重減少ではなく、食事をしていても筋肉量や脂肪量がどんどんと減少していき、それに伴って心身に様々な悪影響を引き起こしてしまう状態です。

運動によるエネルギー消費だけでなく、安静時であっても体内の栄養が消費されてしまうため、ダイエットや絶食などによる体重減少とは明確に区別されています。

体重減少は患者の身体機能を低下させ、治療へ向き合う意欲の減退などにも影響し、さらに食欲不振を悪化させるという悪循環を引き起こします。また、下半身の筋肉が減少することで歩行が困難になり、寝たきり状態のリスクを上げる点も無視できません。そのため、がん悪液質を正しくコントロールして状態安定を目指すことは、癌治療の成功率だけでなく患者の人生の質(QOL)を高めていく上でも重要なことといえるでしょう。[注1]

進行性の癌患者の約80%にがん悪液質が認められる

がん悪液質は、進行性の癌患者においておよそ80%程度の人に見られる、一般的な病態でもあります。

がん悪液質の現れ方や進行度は患者によって異なりますが、人によってはダイエットや食事制限を行っているわけでもないのに、癌があるだけで体重の10~20%以上が減少していくケースも。また、男女の差で見ると、全体的に男性の癌患者の方が、女性の癌患者よりも癌に起因する悪液質が一層に悪化しやすい傾向があるとされています。現時点では癌の治療を行っていない人であっても、急に体重の減少が生じた際は速やかに医師へ相談して、その原因や体内の状態を詳しく診察してもらうことが大切です。

なお、必ずしも重度のがん悪液質が引き起こされるとは限りません。また、体重減少が起きていないからといって癌が大したことないと油断してしまうことも厳禁です。[注2]

がん悪液質と飢餓状態との違い

単に癌と関連した体重減少であれば、がん悪液質だけでなく、胃癌の手術(胃全摘術)による合併症といった理由も考えられます。

例えば胃癌の治療として胃を手術で摘出した場合、普段の食事で食べられる量が減少する上、せっかく食べた食事も十分に消化吸収されず、体内へ栄養として取り込まれない場合があります。

栄養が十分に摂取できなければ飢餓状態となり、体重減少が起きることも必然です。

一方、がん悪液質では普段通りに食事をしていたとしても、体重減少が起きてしまったり、筋肉量が低下して運動機能が減退したりします。また、飢餓状態では空腹感がありますが、がん悪液質では空腹感を感じにくい場合も。そのような点が飢餓状態とがん悪液質との違いとして指摘されます。

がん悪液質と飢餓状態が混在するケース

重要なポイントは、がん悪液質と癌治療の合併症による飢餓状態の、両方が同時に存在しているケースもあるということです。

そのため、例えば空腹状態を感じているからといって、体重減少の理由が必ずしも飢餓状態だけにあるとは限りません。

胃癌や消化器系の癌の治療を終えた後、適切な治療プランにもとづいて生活しているにもかかわらず体重減少が止まらない場合、がん悪液質の可能性を考慮して速やかに主治医へ相談することが大切です。

がん悪液質の原因

がん悪液質の原因は、代謝異常によって体内のタンパク質合成量が減少して、タンパク質の分解が促進されるためとされています。また、そのような代謝異常は腫瘍細胞や腫瘤の宿主細胞によって産生される腫瘍壊死因子(TNF)や、ある種のサイトカインなどによって引き起こされると考えられています。そのため、癌の治療や腫瘍細胞の減少と、がん悪液質の改善は密接な関係にあり、がん悪液質の治療と癌治療は総合的に考えながら積極的に行っていくことが大切です。[注2]

がん悪液質の主な症状

がん悪液質によって引き起こされる身体的な症状としては、大きく3つの内容が重視されています。

また、その他にも心理面への悪影響も無視できません。

全身性炎症

全身性炎症は、がん悪液質の代表的な症状の1つとなっています。

がん悪液質の原因の1つとして上述したサイトカインは、そもそも免疫細胞から分泌される低分子のタンパク質であり、炎症の調整にも寄与している重要な物質です。

がん悪液質を引き起こす要因として炎症性サイトカインや関連物質が産生されると、体内の組織や細胞が破壊されたり炎症反応が引き起こされたりします。

全身性炎症は痛みの原因になり、筋力低下と合わせて日常の生活を困難にする恐れもあるでしょう。[注3]

体重減少

がん悪液質の特徴的な症状として、体重減少が挙げられます。一般的に、特にダイエットなどを行っているわけでもないのに、過去6ヶ月間で5%以上の体重減少が認められた場合やBMIが2%減少したような場合、あるいは「サルコペニア(加齢性の筋量低下)」として2%以上の体重減少が認められた場合などに、がん悪液質が疑われます。

ただし、がん悪液質の体重減少量や減少速度は人種や癌の状態、個々人の体質などによっても異なるため、必ずしも体重減少が即座に癌の証明になるとは限らないという点も理解しておきましょう。[注1]

サルコペニア

サルコペニアとは、加齢に伴って筋肉量や筋力が減少することを指します。一般的な老化現象の1つですが、サルコペニアは2016年1月から国際疾病分類に登録されているため、現在は疾患の1つとしても認められています。

サルコペニアによって筋肉量や筋力が低下すると、歩行が困難になったり転倒リスクが上昇したりと日常生活に悪影響が現れるため注意しなければなりません。また、筋肉量が減少することで必然的に体重減少の可能性も高まりますが、減少量が通常のサルコペニアによる影響を超えて大きい場合、がん悪液質が疑われます。

特に癌の既往歴がある高齢者などは、サルコペニアと再発癌によるがん悪液質の区別が付きにくい可能性もあり、不安があれば速やかに主治医やかかりつけ医へ相談することが大切です。[注4]

食欲不振

がん悪液質では食欲不振もしばしば生じ、体重減少の原因としても重視されます。

そもそも人間の食欲促進には、胃から分泌される内因性ホルモン「グレリン」や脂肪細胞から分泌される「レプチン」などが関与しています。しかし、がん悪液質によるサイトカインなどの影響によって、それらの内因性ホルモンの働きが阻害されたり分泌量が減少したりすれば、摂食中枢が正常に働かず、食欲不振へつながるという仕組みです。

なお、グレリンは食欲促進だけでなく、タンパク質の合成促進や脂肪貯蔵量の増加、エネルギー消費の調節といった作用も持っており、がん悪液質の症状を改善するために重視されています。[注1]

がん悪液質の心理面への悪影響

がん悪液質が心理面へもたらす悪影響は少なくありません。

具体的にがん悪液質がどのように心理面へ作用するかは、がん悪液質の状態や患者の性格、生活スタイルなどによって異なります。しかし、一般的には以下のような悪影響が一例として考えられます。

  • 体重減少や見た目の変化による自信喪失やコミュニケーション障害
  • 見た目の変化や運動機能の低下によって外出したくなくなる
  • 食欲不振や生活リズムの悪化による家族との対立
  • 慢性的な痛みや倦怠感などによるストレスや鬱症状

体重減少や見た目の変化による悪影響

体重が減少して見た目が変化したことで、人と会いたくないと考えたり、自信を失ったりといった状態も起こりやすくなります。

外出や行動への意欲低下

見た目の変化や運動機能の低下によって、そもそも歩いたり立ち上がったりすることさえおっくうになり、引きこもりがちになることもあるでしょう。また、癌の治療そのものへの意欲にも悪影響を与えます。

家族や友人との対立

癌の治療を応援してくれる家族や友人から、「もっと積極的にご飯を食べなさい」と言われることがストレスになることもあります。

また、患者の運動機能が低下することで要介護状態が悪化し、家族や介護者の負担が増大するかも知れません。

痛みや倦怠感による鬱症状

痛みや倦怠感が続くことでストレスが増加し、鬱症状へつながる恐れも無視できないでしょう。

がん悪液質の治療

がん悪液質そのものの治療はあるのか?

現在、がん悪液質そのものに対する標準治療は確立されていません。

一方、がん悪液質ではケアすべき対象や部位が多いこともあり、何よりもまず早期発見と医療従事者や介護支援者などによる早期介入が重要とされています。

なお、がん悪液質の治療としては薬物治療や運動療法、栄養療法、心理的ケアなどが総合的に判断されて実施されます。

薬物治療

がん悪液質の薬物治療としては、食欲促進に寄与する「グレリン」を使った治療法が研究されている他、海外では症状によってコルチコステロイド(食欲不振、疲労)やプロゲステロン剤(食欲不振、体重減少)が使用されることもあるようです。ただし、これらは海外のケースであり、日本における標準治療薬ではありません。[注1]

非薬物的治療

栄養療法や運動療法など、多角的なアプローチが行われますが、どのケースにおいても単独で治療効果を期待しにくいことがポイントです。そのため、高カロリー食品だけで栄養改善を目指したり、無理な運動によって低下した筋力を取り戻したりするのでなく、患者にとって前向きになれるプランを心理的ケアと合わせて考えていくことが重要です。

癌治療によってがん悪液質は改善する?

腫瘍細胞や腫瘤などががん悪液質の原因として考えられており、癌治療によって癌細胞を減少させることができれば、がん悪液質も改善や緩和が見られるとされています。

そのため、患者自身が治療への意欲を保って実践できるよう、患者の状態を把握した上で適切なプランニングを行っていくようにしましょう。[注2]

参考サイト

   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

癌の治療法としては主に、切除手術、抗がん剤治療(化学療法)、放射線治療があります。
掲載している治療法には保険適用のものと、適用外のものがございます。保険適用外の治療法については、全額自己負担となります。
症状・治療法・クリニックによって、費用や治療回数・期間は変動いたしますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスク等も診療方法によって異なりますので、詳しくは各クリニックに直接確認してから治療を検討することをおすすめします。
治療法によっては未承認機器や未承認医薬品を使用する場合があります。
入手経路や国内の諸外国における安全性等にかかわる情報、同一成分や性能を有する他の国内承認医薬品等の有無は、使用する医療機器・医薬品、クリニックによって異なります。
詳細については各クリニックに直接お問い合わせください。

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)