公開日: |更新日:

マクロファージ活性化療法

このページでは、癌治療の中でも免疫療法の一種として検討されることがある、「マクロファージ活性化療法」について解説しています。

マクロファージ活性化療法とは?

マクロファージ活性化療法とは、人体の免疫機能を司る細胞「マクロファージ」を活用して、効果的に癌を撃退しようとする免疫療法の1種です。

マクロファージとは?

体内の殺し屋としての働き

マクロファージは白血球の1種であり、人の体が生まれつき持っている免疫機能(自然免疫)に関与している細胞です。[注1]

マクロファージは体内に侵入した細菌などの「異物」を捕食して消化することで人体を感染症などの病気から守っており、このような働きを持つ細胞は他に「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」があります。

体内のパトロール隊員としての働き

異物を捕食して消化するだけでなく、異物を捕食したマクロファージはさらに免疫機能を活性化させるタンパク質を分泌して、他の免疫系の働きを高めていることもポイントです。

また、マクロファージは取り込んだ異物の情報を「T細胞」という免疫細胞へ伝達して、一層に免疫機能を強化するためにも働きます。[注2]

このように、敵の存在を感知して他の免疫細胞へ伝える細胞には「樹状細胞」もあります。

NK細胞と樹状細胞の働きを両立するマクロファージ

自らが攻撃役となって異物を退治し、さらに異物の情報を免疫系へ伝達して機能活性を促進することから、マクロファージにはNK細胞と樹状細胞の2つの働きがあるといえるでしょう。

マクロファージは癌細胞も攻撃する?

かつてマクロファージは体外から侵入した異物に対してのみ働くものと考えられていました。しかし現在では、マクロファージは異物だけでなく死んだ癌細胞(死細胞)も取り込んで、その情報をT細胞へ伝えて免疫力を高めることが知られています。[注2]

マクロファージとT細胞の連携で癌細胞を攻撃

T細胞(Tリンパ球)はマクロファージと同様に白血球の1種であり、マクロファージから伝達された癌細胞の情報を活用して、積極的に癌細胞を攻撃する働きが知られています。[注3]

マクロファージを活性化させる「GcMAF(ジーシーマフ)」とは?

「GcMAF(ジーシーマフ)」はマクロファージの活性に関与する物質であり、癌細胞の血管新生を阻害して癌増殖を抑える作用があるとされています。マクロファージ活性化療法では患者の血液から「GcMAF」を分離して効果を高めた上で、再び患者の体へ戻すことでマクロファージを活性化させて、癌治療へ活かそうというプランです。

GcMAFマクロファージ活性化療法の流れは以下のようになります。

  1. 検査・診察
  2. 患者の血液を採取
  3. 血液から「Gcプロテイン」を抽出
  4. 酵素処理によってGcプロテインからGcMAFを製造
  5. 患者由来のGcMAFを注射

マクロファージ活性化療法は医学的に有効性が認められていない

2022年2月時点で、日本国内で医学的に有効性が認められている癌の免疫療法としては、「免疫チェックポイント阻害薬」を利用する治療法の他に、「エフェクターT細胞療法」のような免疫療法があります。

これらは基本的に「T細胞」に関連した治療法であり、GcMAFを使ったマクロファージ活性化療法そのものは日本国内で医学的に有効性が認められていません。

そのため、GcMAFマクロファージ活性化療法を保険適用の標準治療として受けられないことがポイントです。[注3]

癌細胞の敵にも味方にもなるマクロファージ

マクロファージは免疫を抑える働きも持つ

マクロファージには免疫を強化させるだけでなく、免疫を抑制する働きもあります。これは、過剰に活性化された免疫細胞が体内の健常な細胞を攻撃しないよう抑制するためです。

しかし、癌細胞にはこのようなマクロファージの機能を逆手に取り、免疫系の網から逃れるという機能があります。[注4]

癌の周囲に集まる「腫瘍随伴マクロファージ(TAM)」

癌細胞の回りには「腫瘍随伴マクロファージ(TAM)」と呼ばれるマクロファージが集まっており、これが癌細胞のために体内の免疫機能を抑制することで、癌細胞の増殖を助けることが知られています。

言い換えれば、TAMの働きを抑制し、正常な免疫機能を取り戻すことが、癌治療として有益であると想定されました。[注4]

マクロファージの癌攻撃性を高める研究

令和3年12月、神戸大学大学院の研究グループが、癌細胞に対するマクロファージの攻撃性を高める研究報告を発表しました。

同研究では、マクロファージにある「SIRPα」と「SIRPβ1」という膜タンパク質へ結合する抗体を使うことで、マクロファージを活性化させて癌細胞への攻撃を高められることが発見されており、今後のマクロファージ活性化療法として注目を集めています。[注5]

参考サイト

   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

癌の治療法としては主に、切除手術、抗がん剤治療(化学療法)、放射線治療があります。
掲載している治療法には保険適用のものと、適用外のものがございます。保険適用外の治療法については、全額自己負担となります。
症状・治療法・クリニックによって、費用や治療回数・期間は変動いたしますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。
また、副作用や治療によるリスク等も診療方法によって異なりますので、詳しくは各クリニックに直接確認してから治療を検討することをおすすめします。
治療法によっては未承認機器や未承認医薬品を使用する場合があります。
入手経路や国内の諸外国における安全性等にかかわる情報、同一成分や性能を有する他の国内承認医薬品等の有無は、使用する医療機器・医薬品、クリニックによって異なります。
詳細については各クリニックに直接お問い合わせください。

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)