癌転移の治療ガイド » 転移した癌の治療の名医がいるおすすめ病院 » 愛知県がんセンター中央病院・研究所
  

愛知県がんセンター中央病院・研究所

東京 放射線治療

産学官で癌の治療や研究に取り組んでいる
愛知県がんセンター中央病院・研究所

愛知県がんセンター中央病院・研究所は、研究成果と根拠に基づいた癌医療を患者さんの立場に立って提供することを目指している総合がんセンターです。従来の癌治療の革新を目指して、産学官(※1)の連携を高めています

    ※1 産学官について

  • 産…研究開発を経済活動に結び付ける民間企業
  • 学…人材育成や知的資産の継承をする大学・高等・専門学校
  • 官…研究開発や制度改正を行う国・地方の公共団体

愛知県がんセンター中央病院・研究所の医師

名医(イメージ)

古平 毅放射線治療部部長

名古屋大学医学部卒業。専門領域は頭頸部がん、子宮がん、食道がん、強度変調放射線治療、高精度放射線治療です。

公益社団法人 日本医学放射線学会 放射線科専門医

愛知県がんセンター中央病院・研究所の特徴

標準治療を大切に

臨床試験や研究データなどの科学的根拠をもとに、従来の治療よりも優れていると国から認められた治療(標準治療)をベースにしている愛知県がんセンター中央病院・研究所。

新しい治療機器や治療手技、薬剤の導入も積極的に行っていますが、必ず科学的根拠を標準治療と比較したうえで導入を決定しているそうです。

サルコーマセンターを開設

愛知県がんセンター中央病院・研究所は平成28年10月に東海地区で初めてサルコーマセンターを開設しました。これは希少癌のひとつ「サルコーマ(肉腫)」のための診療部です。

肉腫は組織診断が難しいため、遺伝診断部門がある病院で診てもらう必要があります。愛知県がんセンター中央病院・研究所には遺伝子診断部門があり、肉腫を専門とする医師(整形外科、薬物療法、病理医)も在籍しているため、サルコーマ治療を実現できているのです。

ゲノム医療の研究も行っています

また、「個別化医療センター」を開設。併設のがんセンター研究所と連携して、これまでの治療とは違ったアプローチを目指し共同研究を行っています。ゲノム医療は個別化治療の1つで、がんゲノム(遺伝子情報)を調べ1人1人の体質や病状に合わせて治療する方法です。

愛知県がんセンター中央病院・研究所のがん治療実績

愛知県のHPで公表されている「愛知県指定病院のがん治療実績」を確認したところ、愛知県がんセンター中央病院・研究所は、2017年度に薬物療法を受けた癌患者数が最も多いことがわかりました(5,197人)。また、癌手術の件数は愛知県指定病院の中で2番目に多く(2,232件)、放射線治療を受けた患者数は3番目に多い(787人)ことがわかりました。

このことから、幅広い癌治療に対応している実績がある病院だと言えるでしょう。

愛知県がんセンター中央病院・研究所のがん治療方法

放射線治療(イメージ)放射線
治療

放射線治療

愛知県がんセンター中央病院・研究所は腫瘍の位置や形に合わせて放射線の強度を調整できる強度変調放射線治療(IMRT)のマシンを3台導入しています。これらのマシンは腫瘍に対して最大限の線量を回転しながら与えるため、短時間の照射で複数箇所の病変にアプローチできます。そのため、再発・転移した癌の治療にも有効です。

マシンの中には4DCTという機能によって呼吸による腫瘍の移動にも対応している装置(シナジー)やトゥルービームというX線ビームの出力を高速に行い治療にかかる時間を短縮してくれる装置などがあります。

手術療法

ダヴィンチ(手術支援ロボット)を使用した低侵襲手術が受けられます。ロボット手術のメリットは治療する創部の傷口を小さくでき、痛みを抑え出血量を減らせることです。特に泌尿器科領域の手術で活用されているようです。ロボット手術の他にも腹腔鏡下手術、ミニマム創手術(腹腔鏡下小切開手術)などが受けられます。

薬物療法

ホルモン治療や化学療法、分子標的治療薬などが薬物療法にあたります。癌の性質、病状に応じて手術前・手術後に補助療法とおして用いられるケースが多め。または転移した癌に対する治療にも利用されます。

愛知県がんセンター中央病院の施術について

愛知県がんセンター中央病院の施術についてご紹介いたします。

放射線施術までの流れ

愛知県がんセンター中央病院は以下のような流れで放射線治療を行っています。

1.外来受診

まず外来で診察をしてもらい精密検査などを実施。その結果によって、入院するか外来で通院するかを判断します。治療方針や具体的な治療の方法は、ドクターが一方的に決めるのではなく、患者と相談しながら話し合う方針を貫いているようです。

2.治療開始

手術や化学療法放射線治療などの中から最適と判断された治療を開始。放射線治療の場合は、地下1階で受付を行います。呼び出しがあったら治療をスタート。治療室に入って放射線治療を受けます。がん放射線療法の看護認定看護師が活在籍しており、疑問や不安に対して相談に乗ってもらうことが可能です。

3.退院

治療が終了したら退院となります。会計で入院費を支払えばOK。振込での支払いもできます。

予約方法

はじめて受診する場合は、紹介元の医療機関からの紹介状をFAXで送信する必要があります。その後、予約日時調整と日時を決定し、紹介元医療機関へ患者の受診日時と担当医を記入した予約票をFAXで返信されるので、受診日の前日までに診察の予約をしましょう。
電話:052-764-9892(直通)、FAX:052-764-9897

治療費

治療費となる自己負担額は、病状や治療方法などにより異なってきます。放射線治療は基本的に保険診療となるので、高額療養費制度の利用が可能です。

これから紹介する治療費は、あくまでも標準的な放射線治療を行った場合の概算となります。

  • 乳がん温存術後(治療回数25~33回):約6万円~21万円
  • 前立腺がんに対する強度変調放射線治療(33~41回):約13万円~47万円
  • 定位放射線治療(6日入院):約5万円~26万円

愛知県がんセンター中央病院・研究所の基本情報

愛知県がんセンター中央病院・研究所
診療科目 消化器内科部、内視鏡部、呼吸器内科部、血液・細胞療法部、薬物療法部、臨床検査部、遺伝子病理診断部、輸血部頭頸部外科部、形成外科部、呼吸器外科部、乳腺科部、消化器外科部、整形外科部、リハビリテーション部、泌尿器科部、婦人科部、脳神経外科部、麻酔科部、放射線診断・IVR部、放射線治療部、外来部、循環器科部、緩和ケア部、精神腫瘍科部、臨床試験部、外来化学療法センター、サルコーマセンター、リスク評価センター(遺伝カウンセリング外来)、がんゲノム医療センター(がんゲノム外来)、個別化医療センター、地域医療連携・相談支援センター緩和ケアセンター、看護部、薬剤部、栄養管理部、皮膚科、眼科、リンパ浮腫外来
診療時間 平日:9:00~17:00
土曜:9:00~13:00
※(紹介予約制)
休診日 土曜・日曜・祝日、年末年始
所在地 愛知県名古屋市千種区鹿子殿1-1
電話番号 052-762-6111
ベッド数 不明
年間治療患者数 ※参考:院内がん登録 平成30年:2,931件
対応可能な治療方法 手術療法、化学療法、放射線治療、外来での化学療法など
設備 トモセラピー、ダヴィンチ、電子内視鏡、マンモグラフィ、ビューレイシステムなど
URL https://www.pref.aichi.jp/cancer-center/hosp/
   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)