公立藤岡総合病院

群馬 放射線治療

地域中核病院として高水準の医療サービスを提供する、公立藤岡総合病院

昭和26年の開設以来、エリアの基幹病院として地域医療に貢献しながら発展を続けてきた公立藤岡総合病院。平成14年に分離拡大した附属外来センターと平成29年の入院棟新築を期に再度一体化し、ベッド数399床にまで拡張した現在では名実ともに地域医療を支える総合病院となりました。

急性期医療をはじめ地域包括ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟を有し、PET-CTやSPECT-CTなどの医療機器も充実。高水準で幅広い医療サービスを提供する地域中核病院として多くの患者さんを受け入れています。

公立藤岡総合病院の医師

名医(イメージ)

塩谷 真里子公立藤岡総合病院 放射線治療科部長

群馬大学医学部を卒業、大学院医学系研究科修了後は腫瘍放射線学の道を極めるべく研鑽を積んできた塩谷医師。日本放射線腫瘍学会、日本医学放射線学会の専門医・指導医として多数の論文を上梓しており、高い評価を得ている放射線治療のエキスパートです。大学病院や国立病院などで活躍したのち、現在は公立藤岡総合病院の放射線治療科のトップとして日々多くの患者さんの放射線治療にあたっています。

塩谷先生が同院で手がけている放射線治療は外部照射ですが、その多くは高度な画像誘導放射線治療です。従来であれば放射線治療が困難であった複雑な形状のがんであっても、多彩な治療オプションを有する治療装置を駆使して、できる限り身体的な負担の少ない放射線治療を心がけています。

  • 日本放射線腫瘍学会 専門医
  • 日本医学放射線学会 指導医

公立藤岡総合病院のがん治療の特徴

厚生労働省が定めるがん診療連携拠点病院に認定されている公立藤岡総合病院では、さまざまな領域のがん診療に対応しています。

まず五大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、肝臓がん、肺がん、乳がんをはじめ、胆道がんや膵臓がんなど多くのがん患者さんを受け入れ、手術や化学療法、放射線治療といった標準治療から緩和ケアまで幅広くフォロー。専門医資格を有する医師団が、各々の診療ガイドラインに則った医学的根拠に基づく治療を長く提供しています。

公立藤岡総合病院のがん治療方法

放射線治療(イメージ)放射線
治療

化学療法との併用や高度放射線治療装置の導入による高水準な治療成績

がんの標準治療には手術、化学療法、放射線治療の3つがあります。中でも放射線治療は手術のように身体にメスを入れるわけではないので、身体の機能や形状を温存したまま治療できるのが大きな特徴。身体的な負担も手術や化学療法に比べて少ない傾向にあるので、合併症を抱える患者さんや高齢の患者さんでも受けやすい治療です。

近年では、化学療法と放射線治療を併用することで高い治療効果を得られるようになりました。

また、放射線治療機器の進歩によって高度な治療も可能となっています。公立藤岡総合病院でもそうした時流に乗り、化学放射線療法の積極的な実施や放射線治療機器の更新によって高水準な治療成績を上げています。それに伴い、放射線治療を選択するがん患者さんは増加の一途をたどっているようです。

放射線治療は単独ないしは手術と併用、また前述のように化学療法と併用されますが、根治を目的とするだけではなく、症状を軽減して苦痛を緩和する治療として実施されることもあります。その方法には一般的な外部照射や、腔内照射などの特殊な治療法がありますが、同院で行なっているのは外部照射で、X線や電子線を一定の時間をかけて身体の外から照射する方法です。通常のレントゲン撮影と同じく、痛みを感じるようなことはありません。

同院で導入している放射線治療装置は、世界中で4,000台以上もの導入実績を誇る米国・バリアン社の「CLINAC iX」。広範囲にわたる画像取得機能とさまざまな付加機能が特徴の同機は、3次元治療から画像誘導放射線治療まで幅広い放射線治療に対応可能です。放射線治療計画専用のマルチスライスCTも完備しており、治療で使用する固定具を装着したまま撮影できるので患者さんの身体的・時間的負担も従来より軽減されています。

同院は群馬大学附属病院とも連携しており、特殊な照射を必要とする放射線治療を行なう場合は、紹介によって患者さんがより良い治療を受けられるような仕組みが構築されています。

公立藤岡総合病院のがん治療実績

公立藤岡総合病院の公式ホームページによると、2018年の院内がん登録件数は合計830件、もっとも多いのは結腸がんの132件で、次いで前立腺がんが106件、肺がんが102件、胃がんが99件となっています。

とくに結腸がんは増加傾向にあり、2014年では104件でしたが徐々に増加し現在に至っています。

公立藤岡総合病院の施術について

公立藤岡総合病院の放射線治療とそれに伴う診療は、入院棟で実施しています。

初診の場合は原則として予約制になるため、すでに他院で診療を受けている場合は主治医を通じて患者支援センターに連絡の上、受診予約を取ることが必要です。

放射線施術までの流れ

具体的には以下のような流れとなります。

1.申し込み

初診の場合は主治医から電話による予約依頼を行ない、紹介状をFAXします。

2.予約通知

公立藤岡総合病院の患者支援センターより、主治医へ予約通知書がFAXされます。

3.患者さんへの取り次ぎ

主治医より患者さんへ、予約通知書と紹介状が発行されます。

4.来院

紹介状や予約通知書、保険証などを持参して公立藤岡総合病院を受診します。その際にこれまでの検査結果やおくすり手帳があれば提出してください。

十分な診察を行なった上で、放射線治療の検討と実施に入っていくことになります。

公立藤岡総合病院の基本情報

公立藤岡総合病院
診療科目 内科・精神科・神経内科・消化器内科・循環器内科・呼吸器内科・血液内科・腎臓内科・アレルギー科・リウマチ科・小児科・外科・整形外科・脳神経外科・歯科口腔外科・形成外科・皮膚科・泌尿器科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・リハビリテーション科・放射線診断科・放射線治療科・麻酔科・病理診断科・救急科
診療時間 8:00~11:00、13:00~16:00
休診日 土曜・日曜・祝日
所在地 群馬県藤岡市中栗須813-1
電話番号 0274-22-3311
ベッド数 399床
年間治療患者数 ※参考:院内がん登録件数(2018年):830件
対応可能な治療方法 手術療法、放射線治療、化学療法
設備 放射線治療装置、マルチスライスCT3台、MRI2台、血管撮影装置2台、PET-CT、SPECT-CT、マンモグラフィーなど
URL http://www.fujioka-hosp.or.jp/
   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)