芳賀赤十字病院

栃木 手術抗がん剤治療

地域住民の生命と健康を守ってきた歴史と実績あり

大正11年に芳賀病院として創立し、98年以上に渡って地域医療に取り組んでいる芳賀赤十字病院。年間4,000台超の救急車を受け入れる唯一の二次救急医療機関でもあり、多くの地域住民の生命と健康を守る役割を担ってきた歴史と実績のある医療機関です。急性期医療への対応をはじめ、地域がん診療病院としてがん治療の充実化、回復期リハビリ病棟の開設による在宅復帰支援など、さまざまな診療に対応可能な治療体制を整えています。

治療だけでなく若い医師の教育や多職種の学生の実習受け入れなどにも力を入れており、人材育成を通して地域医療の発展にも貢献。2019年3月に新しい病院へと移転し、県東保険医療圏の中核病院として病院機能のさらなる充実化を目指しています。

芳賀赤十字病院の医師

名医(イメージ)

俵藤正信芳賀赤十字病院 院長補佐・外科系診療部長・外科主任部長・手術部主任部長

芳賀赤十字病院で院長補佐をはじめ、外科系診療部長、外科主任部長、手術部主任部長など多くの役職を担っている俵藤医師。消化器外科や肝胆膵外科、内視鏡外科、胃食道外科を専門とし、日本外科学会や日本消化器外科学会などさまざまな学会から専門医や指導医として認められている実力の持ち主です。

自身が主任部長を務める手術部では各診療部門との運営会議を定期的に行なっており、病院全体で協力しあえる体制をつくることで安心・安全な手術の提供に取り組んでいる医師です。

芳賀赤十字病院の特徴

地域がん診療病院として治療体制とサポートを充実化

芳賀赤十字病院は、2014年8月6日より厚生労働省から自治医科大学付属病院とのグループ指定による地域がん診療病院に指定されています。自治医科大学付属病院と連携して治療を行なっているほか、緩和ケア外来やがん相談支援センターの設置などサポート体制も整っているのが特徴です。

がん相談支援センターでは専門のがん相談支援員(看護師や社会福祉士)に病気や治療、医療費、治療と仕事の両立などについて無料で相談が可能。がん情報コーナーも設けられており、国立がんセンターが発行する各冊子やがん患者・家族向けの催し物の案内、ウィッグのパンフレットなど、がん治療に関する情報収集の場を提供しています。

そのほかにも不安や孤独を抱え込まないように、同じ境遇の患者さん・家族と情報交換やコミュニケーションをとれるがん患者・家族サロンも開催。身体的な負担だけでなく、精神的・経済的な負担も抱えやすいがん治療だからこそ、芳賀赤十字病院では治療から精神的なケア、治療後のサポートまでを自分たちの役割としながら患者さんや家族に寄り添ったがん治療の提供に取り組んでいます。

芳賀赤十字病院の治療方法

手術(イメージ)手術

消化器系のがん患者を積極的に受け入れて手術治療を提供

大腸をはじめ、胃・肝臓・膵臓のがん患者を多く受け入れており、消化器内科と外科が連携しながら手術治療を行なっています。胃がんについては早期がんの症例が最も多く、内視鏡手術による治療を積極的に行なっているのが特徴。入院翌日に内視鏡手術を行なえ、平均在院日数は約9日です。早期の食道がんや大腸がんにおいても、内視鏡的粘膜下層剥離術や内視鏡的粘膜切除術などを行なっています。

外科では各臓器の専門医をそろえており、乳がんの乳房温存手術にも積極的に対応。日本内視鏡外科学会の技術認定医と日本肝胆膵外科学会の高度技能指導医の資格を持つ医師も在籍し、専門性の高い外科診療を可能にしています。治療を希望する部位によって外来診療の曜日が異なるため、事前に確認しておきましょう。

抗がん剤治療(イメージ)抗がん剤
治療

仕事しながら治療に取り組める外来化学療法に対応

芳賀赤十字病院では、化学療法専門医による抗がん剤治療も行なっています。入院のほかに、通院しながら抗がん剤治療に取り組める外来化学療法も積極的に実施。院内にがん相談支援センターも設置されており、抗がん剤治療に対する不安や治療と仕事の両立などを看護師や社会福祉士に相談できます。

芳賀赤十字病院の施術について

施術までの流れ

芳賀赤十字病院では以下のような流れで治療を行っています。

1.受付

総合案内で受診申込書と問診票を記入し、保険証と一緒に提出します。受診する科が分からない場合は、総合案内にいる看護師に相談しましょう。紹介状を持っていない場合は、通常の医療費とは別に選定療養費として5,000円(税別)の負担が必要です。受付が済んだら受付票の入った緑色のファイルを受け取り、診療を希望する科の外来受付に提示します。

2.診察

電子掲示板に自分の受付票の番号が表示されたら、診察室に入って医師の診察を受けます。診察の結果によっては、検査の予約が必要になる場合もあり。診察が済んだら受診した科の外来受付にファイルを提出します。

3.会計

受診した科の外来受付で診療費を計算してもらいます。電子掲示板に番号が表示された順から精算でき、自動精算機もしくは会計窓口での支払いが可能です。支払いには現金をはじめ、クレジットカード、キャッシュカード(自動精算機のみ)、電子マネー(会計窓口のみ)を利用できます。

芳賀赤十字病院の基本情報

芳賀赤十字病院
診療科目 内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、血液内科、脳神経内科、腎臓内科、外科、心臓血管外科、消化器外科、乳腺科、小児外科、整形外科、脳神経外科、形成外科、アレルギー科、リウマチ科、小児科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、救急科、麻酔科、精神科、歯科、歯科口腔外科
診療時間 平日8:30~12:30、13:20~16:50
第1・3土曜8:30~12:30
※診療科や曜日によって診察時間が異なる場合があります
休診日 第2・4・5土曜・日曜・国民の祝日・年末年始・創立記念日(7/1)
所在地 栃木県真岡市中郷271
電話番号 0285-82-2195(代表)
ベッド数 364床
年間治療患者数 不明
対応可能な治療方法 手術、抗がん剤治療
設備 CT、MRI、RI、X線一般撮影装置、X線透視装置、血管造影装置など
URL https://www.haga.jrc.or.jp/
   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)