日高病院

群馬 放射線治療

高度な医療機器と専門医師群による全人的がん治療をモットーとする、日高病院

がん治療に対して診断から治療まで高度な医療機器を導入し、群馬大学腫瘍放射線科の専門医師群による精度の高い治療を行なっている病院です。

ガンマナイフや強度変調放射線治療などを提供するほか、免疫療法や温熱療法にも対応。腹腔鏡手術センターの開設や病理専門医の招聘に加えて癌に対する相談支援体制も充実しており、全人的がん治療をモットーとしています。

日高病院の医師

大西 真弘日高病院 放射線科主任医長

大西先生は群馬大学医学部を卒業後、日高病院の研修医として医師のキャリアをスタートさせました。埼玉県立がんセンターや群馬大学医学部附属病院での勤務を経て、2014年に放射線科主任医長として再び日高病院に着任。現在は日本医学放射線学会・日本放射線腫瘍学会の専門医に認定され、トモセラピーをはじめとした高度な放射線治療を手がけています。

他の治療法と放射線治療を組み合わせる、がんの集学的治療にも造詣が深い大西先生。免疫チェックポイント阻害剤など、免疫を強化・活性化させる治療法と放射線治療の併用も検討してきました。このように放射線治療の可能性を広げ、進行がんの患者さんの治療にも活かせるようにしたいと意欲を燃やしている医師です。

  • 日本医学放射線学会 専門医
  • 日本放射線腫瘍学会 専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

日高病院のがん治療の特徴

日高病院では、とくに胃がんや大腸がんをはじめとした消化器系がんの治療に力を入れています。

腫瘍センターや外来化学療法室の充実に伴い、外科手術に放射線治療や化学療法の併用など集学的ながん診療が可能となり、高い治療成績を上げてきました。いうまでもなく、どんながんでも可能な限り初期での治療開始が望ましいもの。年々増加する早期診断・早期治療のニーズに応えて、同院では内視鏡検査や身体的負担の少ない内視鏡下手術を積極的に実施しています。

日高病院のがんの治療方法

放射線
治療

従来のトモセラピーを超える放射線治療
「トモセラピー・ラディザクト」

日高病院の放射線科は複数の放射線治療計画装置を導入しており、放射線腫瘍学専門の医師と放射線物理学専門の医学物理士によるチームで、患者さん一人ひとりに合った最適な治療計画を立案します。このチーム以外にも非常勤医師5名、非常勤医学物理士2名という人員体制の充実も同院の特徴です。

さらに、群馬大学医学部付属病院と共同で遠隔治療計画システムも構築しており、より高度な放射線治療を実現するバックアップ体制も取られています。

放射線科では、強度変調放射線治療を行なう専用機「トモセラピー」を、国内でも積極的に導入した実績があります。治療対象は前立腺がんや直腸がんが中心で、2017年までに2,000例以上の治療を行なってきました。

翌2018年には、より高度な放射線治療を短時間で実施できる「トモセラピー・ラディザクト」を新たに導入。根治的放射線治療から緩和的放射線治療まで、さまざまな固形がんに適応があり、とくに乳がんや食道がん、肺がんなど胸部のがんに対して従来よりも安全性の高い治療が可能になりました。

実際のトモセラピー・ラディザクトは治療計画に基づき、安全性を第一に考慮したコンピューター制御による位置照合を行なって高精度な照射を実現します。たとえ、がん病巣がいびつな形であっても正常な組織に大きな影響を与えることなく、がんだけに集中して放射線を照射できるのです。患者さんの寝台を移動させながら連続して照射するため、がん病巣が複数で治療範囲が広くても、一度に治療することができます。

トモセラピー・ラディザクトにはCTが搭載されており、毎回の治療前に位置照合を実施するため、治療計画と照射の誤差はわずか数ミリに抑えられます。このように、がん病巣に高線量の放射線を高い精度で照射でき、効果の高さと副作用の軽減を両立させた放射線治療が可能なのです。

同院の腫瘍センターには、このトモセラピー・ラディザクトのほか2台のPET-CTを完備。院内の各診療科はもちろん、近隣の医療機関とも連携し、地域における高度な集学的がん治療の実現を目指します。

また、化学療法センターや臨床腫瘍科とも連携し、化学療法や温熱療法と放射線治療の併用も積極的に実施しています。患者さんの身体的・精神的サポートにも力を入れているため、安心して治療を受けることができるでしょう。

日高病院のがん治療実績

日高病院の外科では、大腸がんや胃がん、乳がんを中心に毎年500例以上の手術を実施しており、化学療法では入院・外来を合わせて年間2,000例以上の実績を有しています(2018年度実績)。

放射線科におけるトモセラピーの治療件数は、新たに「トモセラピー・ラディザクト」が導入された2018年以降は毎年200人以上に上っています。直近の2020年度では前立腺がんに対する治療が109人ともっとも多く、次いで乳がんが31人、胃・大腸がんが30人となっています。

日高病院の施術について

日高病院の施術について紹介します。

放射線治療までの流れ

日高病院は以下のような流れで放射線治療を行っています。

1.施術前の診察

十分な診察と検査を行ない、トモセラピーによる放射線治療の適応について判断します。追加の検査を行なう場合があるので、院外方から受診する場合は紹介状が必要です。

トモセラピーの適応があると判断されると、次いで治療のスケジュールを決めていきます。

2.治療計画

治療計画を立案するため、専用のCT撮影を実施します。同時に診断用のMRIやPET-CTを実施する場合もあります。治療する部位によっては、トモセラピーを受ける際に使用する専用の固定具を作製したり、排尿や食事のタイミングを治療に合わせたりする必要があります。また、皮膚の表面に照射の目印となるマークをつけます。

治療計画の作成には通常1~2週間の準備期間を要します。

3.治療

毎回の治療の直前にはトモセラピーに搭載されたCTによる撮影を行ない、治療計画どおりの位置に照射の標準を合わせます。照射時間は数分で、痛みなどを感じることはありません。基本的に治療は月~金の週5日間行ないますが、治療全体の照射回数や期間は癌の状態によって変わります。

4.治療期間中の診察

トモセラピーの治療期間中は最低でも週1回の診察を行ない、治療の効果や副作用などを確認しながら治療を進めていくことになります。

5.治療終了後

トモセラピーの治療が終了した後も、治療の効果や副作用などを確認するため定期的な通院が必要となります。その都度、血液検査や画像検査などを行ないます。

日高病院の基本情報

日高病院
診療科目 内科・呼吸器内科・循環器内科・糖尿病、内分泌内科・消化器内科・腫瘍内科・内視鏡内科・腎臓内科・人工透析内科・神経内科・疼痛緩和内科・外科・消化器外科・乳腺外科・肛門外科・腫瘍外科・肝臓外科・胆のう外科・食道外科・大腸外科・内視鏡外科・整形外科・泌尿器科・心臓血管外科・脳神経外科・腎臓外科・人工透析・移植外科・眼科・救急科・放射線治療科・放射線診断科・腫瘍放射線科・リハビリテーション科・婦人科・麻酔科・病理診断科・歯科口腔外科・リウマチ科・皮膚科
診療時間 平日9:00~12:00、14:00~17:00
土曜9:00~12:00
休診日 日曜・祝日
所在地 群馬県高崎市中尾町886
電話番号 027-362-6201(代表)
ベッド数 287床
年間治療患者数 トモセラピー治療患者数
2017年:168人
2018年:207人
2019年:278人
対応可能な癌治療方法 手術療法、放射線治療、化学療法、免疫療法、温熱療法など
設備 トモセラピー・ラディザクト、ダヴィンチ、ガンマナイフパーフェクション、PET-CT、320列CT、MRI、マンモグラフィー、血管撮影装置など
URL https://hidaka02-kai.com/hidaka/
   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)