【特集】大腸がんの名医ガイド

大腸がん治療に精通している各都道府県の医師を紹介します。

北海道

竹政伊知朗医師(札幌医科大学附属病院)

お腹に小さな穴を1カ所だけ開けて手術を行なう単孔式内視鏡手術。その身体的な負担が少ない技術をいち早く国内に導入した、大腸がんの低侵襲手術の第一人者が竹政伊知朗先生です。その技術は世界的にも評価が高く、現在も国内外問わず多くの医師が手術の見学に訪れるとか。

外科医として、手術にはとことんこだわりがあると語る竹政先生。数あるがん治療の中でも患者さんへの影響が大きい手術に対して、手術操作の丁寧かつ小さな積み重ねによって合併症が少なく根治性に優れ、傷跡もきれいに回復する質の高い手術を目指しています。

竹政先生の経歴

  • 1993年 大阪医科大学医学部卒業、同附属病院第二外科研修医
  • 1994年 国立大阪病院 外科医員
  • 1997年 秋田赤十字病院 消化器センター
  • 1998年 大阪大学大学院医学系研究科 病態制御外科
  • 1999年 奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス科 特別研究員
  • 2002年 法務技官医師
  • 2004年 大阪大学大学院医学研究科 消化器外科助手(助教)
  • 2014年 同 診療局長
  • 2015年 札幌医科大学 消化器・総合、乳腺・内分泌外科 教授
  • 2017年 徳島大学大学院医科学教育部 客員教授
  • 2019年 富山大学大学院医学薬学研究部 客員教授

竹政先生の所有資格/所属学会

  • 日本外科学会 代議員・指導医・専門医・認定医
  • 日本消化器外科学会 理事・評議員・指導医・専門医・認定医
  • 日本大腸肛門病学会 評議員・指導医・専門医
  • 日本内視鏡外科学会 理事・評議員・技術認定医
  • 日本消化器内視鏡学会 指導医・専門医
  • 日本消化器病学会 専門医
  • 日本癌学会 評議員
  • 日本臨床外科学会 評議員
  • 日本大腸検査学会 評議員
  • 日本腹部救急医学会 評議員・暫定教育医・認定医
  • 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会 評議員
  • 日本がん治療認定医機構 暫定教育医・がん治療認定医

岩手県

大塚幸喜医師(岩手医科大学附属病院)

大腸がんや炎症性腸疾患などを専門とする大塚幸喜先生は、腹腔鏡下大腸手術の実績では東北随一と呼ばれるドクター。低侵襲性、整容性はもちろん、根治性や機能温存といった面でも世界の治療成績に劣らないと自他ともに認める大腸がんのスペシャリストです。

これまでに手がけた大腸がんの腹腔鏡下手術は2,000例を優に超え、可能な限り人工肛門を回避する自然肛門温存術も腹腔鏡下手術と組み合わせて実施。再発して手術な困難な大腸がんに対しては積極的に抗がん剤治療を行なうなど、手術以外の治療法にも精通しています。

大塚医師の経歴

  • 1993年 岩手医科大学医学部卒業、同第一外科入局
  • 2001年 同 第一外科助手
  • 2007年 同 外科講師
  • 2016年 同 外科特任准教授、腫瘍センターがん患者支援情報室長

大塚医師の所有資格/所属学会

  • 日本外科学会 指導医・専門医・認定医
  • 日本消化器外科学会 指導医・専門医・消化器がん外科治療認定医
  • 日本大腸肛門病学会 評議員・指導医・専門医
  • 日本内視鏡外科学会 評議員・技術認定医
  • 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会 評議員・ストーマ認定士
  • 日本がん治療認定医機構 暫定教育医・がん治療認定医

東京都

金光幸秀医師(国立がん研究センター中央病院)

治療ガイドライン作成委員を務めていることからも伺える大腸がん治療に精通したスペシャリスト、金光幸秀先生。腹腔鏡による縮小手術から隣接臓器合併切除などの拡大手術まで、患者さん一人ひとりの状態に応じた最適な手術を提案・執刀します。金光先生は全国的な臨床試験も主導しており、新たな大腸がん治療の確立にも尽力してきました。

手術の現場でも患者さんとの対話でも、外科医は自分の中に引き出しを多く持って常に準備していなければならないと語る金光先生。その姿勢が自身を慢心とは無縁にさせるとともに、患者さんからの信頼にもつながっています。

金光先生の経歴

  • 1990年 名古屋大学医学部卒業、同第二外科入局、市立四日市病院外科医員
  • 1995年 国立がんセンター中央病院 外科レジデント
  • 2000年 愛知県がんセンター中央病院 消化器外科部長
  • 2013年 国立がん研究センター中央病院 大腸外科長

金光先生の所有資格/所属学会

  • 日本外科学会 専門医
  • 日本消化器外科学会 評議員・専門医
  • 日本大腸肛門病学会 専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医

絹笠祐介医師(東京医科歯科大学医学部附属病院)

直腸がんに対するロボット支援手術の領域において、日本を代表する消化器外科医である絹笠祐介先生。肛門を温存したまま直腸がんを切除するロボット支援手術では、国内でもトップクラスを争うほどの症例数を手がけてきました。

外科医となった当初は開腹手術を徹底的に学んだ後に腹腔鏡手術へ転じ、そしてロボット支援手術にシフト。今では自分の手よりもロボットのほうが使い勝手がいいと語る絹笠先生の手術は、回復の早さや合併症の少なさなど数字に現れる成績を誇ります。現在では他の医療機関では手術できない高難度な症例を次々に受け入れています。

絹笠医師の経歴

  • 1998年 東京医科歯科大学医学部卒業、腫瘍外科学分野入局
  • 1999年 蓮田病院
  • 2001年 国立がんセンター中央病院 外科レジデント
  • 2004年 東京医科歯科大学 腫瘍外科学分野医員
  • 2005年 札幌医科大学 解剖学第二講座 特別研究生
  • 2006年 静岡県立静岡がんセンター 大腸外科
  • 2010年 同 部長
  • 2017年 東京医科歯科大学大学院 消化管外科教授
  • 同年 医学部附属病院 大腸・肛門外科 科長

絹笠医師の所有資格/所属学会

  • 日本外科学会 指導医・専門医
  • 日本大腸肛門学会 評議員・指導医・専門医
  • 日本消化器外科学会 評議員・指導医・専門医・消化器がん外科治療認定医
  • 日本がん治療認定医機構 暫定教育医・がん治療認定医
  • 日本内視鏡外科学会 評議員・技術認定医
  • 日本ロボット外科学会 理事・評議員・Robo-Doc Pilot国際A級

黒柳洋弥医師(虎の門病院)

30年以上のキャリアを持ち、特に腹腔鏡手術を専門として高度な大腸がん治療を手がけている黒柳洋弥先生。群を抜いて難易度が高いといわれる直腸がんの腹腔鏡手術も得意とし、国内における大腸がん手術のリーダー的存在といえるでしょう。

臆病なほど慎重であること、そして妥協しない、折れない心の強さを大切にしていると語る黒柳先生。その思いに加えて解剖の知識と手術手技の向上、手術前の丹念な準備など、外科医としての真摯な姿勢が黒柳先生を大腸がんの名医たらしめる基盤です。

黒柳医師の経歴

  • 1987年 京都大学医学部卒業、同附属病院消化器外科入局
  • 2010年 虎の門病院 副院長・消化器外科部長

黒柳医師の所有資格/所属学会

  • 日本外科学会 指導医・専門医・認定医
  • 日本消化器外科学会 専門医・認定医
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医

埼玉県

山口茂樹医師(埼玉医科大学国際医療センター)

大学病院やがんセンター、留学先などで数多くの大腸がん手術を経験してきた山口茂樹先生。その大きな功績のひとつに、直腸がんに対する肛門温存手術、括約筋間直腸切除術を確立したことが挙げられます。何よりがんを治すという第一の目標のため、さまざまな手術を手がけながら試行錯誤を繰り返してきました。

患者さんに対しては「人間対人間」として接することを大切にしている山口先生。手術が成功して元気になった患者さんの笑顔をみられるときが医師としてやりがいを感じる瞬間だと語ります。

山口先生の経歴

  • 1986年 横浜市立大学医学部卒業
  • 1992年 同大学院卒業
  • 1999年 ニューヨーク マウント・サイナイ病院留学
  • 同年 静岡県知立静岡がんセンター 大腸外科部長
  • 2007年 埼玉医科大学 消化器・一般外科教授

山口先生の所有資格/所属学会

  • 日本外科学会 指導医・専門医
  • 日本消化器外科学会 評議員・指導医・専門医
  • 日本大腸肛門病学会 評議員・指導医・専門医
  • 日本内視鏡外科学会 評議員・技術認定医
  • 日本消化器病学会 指導医・専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 指導医・専門医
  • 日本ストーマ排泄リハビリテーション学会 評議員・ストーマ認定士
  • 日本臨床外科学会 評議員
  • 日本消化管学会 胃腸科認定医・消化器がん外科治療認定医
  • 米国大腸外科学会 評議員

大矢雅敏医師(獨協医科大学埼玉医療センター)

腹腔鏡手術や内視鏡手術を数多く手がける大腸外科の専門家として、国際的にもその名を知られる獨協医科大学埼玉医療センターの大矢雅敏先生。センターが人口密集地帯に存在することに加え、大腸がん関係の著書も多数あることから、大矢先生の治療を頼って日々多くの患者さんが訪れています。

大矢先生を知る医師は、豪放さと繊細さを併せ持つドクターだと評します。腹腔鏡手術のメリットを追求し、それを患者さんの治療にしっかり還元するその姿勢が、患者さんのみならず若手外科医からも厚い信頼を寄せられています。

大矢医師の経歴

  • 1980年 東京大学医学部卒業、同第一外科入局
  • 1990年 英国バーミンガム大学外科留学
  • 1993年 獨協医科大学越谷病院 外科講師
  • 1999年 同 助教授
  • 2002年 癌研究会附属病院 消化器外科医長

大矢医師の所有資格/所属学会

  • 日本外科学会 指導医
  • 日本消化器外科学会 指導医
  • 日本大腸肛門病学会 評議員・指導医
  • 日本消化器病学会 認定医

千葉県

福永正氣医師(順天堂大学医学部附属浦安病院)

大学病院で消化器外科医としての研鑽を積んできた福永正氣先生は、90年代初めから癌治療に腹腔鏡手術を積極的に導入し、その技術の確立に尽力してきました。いわば、大腸がんにおける腹腔鏡手術のパイオニア。手がけた手術は2,500例を超えるも現状に満足することなく、さらに負担の少ない腹腔鏡手術を研究しています。

痛みも少なく回復も早い、そして合併症の危険性も低く患者さんに優しい手術だからこそ腹腔鏡手術は広まったと語る福永先生。開腹手術に劣らないクオリティと安全性を目指してきたその過程において、数多くのがん患者さんが先生の技術で救われてきました。

福永先生の経歴

  • 1976年 順天堂大学医学部卒業、同附属病院

福永先生の所有資格/所属学会

  • 日本外科学会 指導医・専門医
  • 日本消化器外科学会 指導医・専門医
  • 日本内視鏡外科学会 評議員・技術認定医
  • 日本臨床外科学会 評議員
  • 日本外科系連合会 評議員
  • 日本腹部救急外科学会 評議員
  • 日本乳癌学会乳腺 指導医・専門医

神奈川県

佐藤武郎医師(北里大学病院)

手術、抗がん剤、放射線治療を柔軟に組み合わせ、大腸がんはもちろん肝転移の治療も積極的に手掛けてきた佐藤武郎先生。内視鏡治療にも精通し、数多くのがん患者さんに向き合ってきました。

佐藤先生の治療を受けた患者さんが口をそろえるのは治療の的確さもさることながら、その誠実な人柄。明確な説明に加え、決して患者さんを悲観的にさせない姿勢が「この先生となら、がんと戦える」と力を与えてくれます。知識や技術と同じくらい重要な、患者さんからの信頼。そんな名医の条件を兼ね備えたドクターです。

佐藤先生の経歴

  • 1994年 北里大学医学部卒業、同外科学入局
  • 2000年 ドイツHamburg大学Eppndorf病院留学
  • 2006年 北里大学医学部外科学診療講師、同東病院消化器外科下部消化管主任
  • 2010年 同 外科学医局長

佐藤先生の所有資格/所属学会

  • 日本外科学会 指導医・専門医
  • 日本消化器外科学会 指導医・専門医
  • 日本内視鏡外科学会 評議員・技術認定医
  • 日本大腸肛門病学会 評議員・指導医・専門医
  • 日本消化管学会 指導医・専門医・認定医
  • 日本がん治療認定医機構 暫定教育医・がん治療認定医
  • 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
  • 日本消化器病学会 専門医
  • 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会 評議員

工藤進英医師(昭和大学横浜市北部病院)

工藤進英先生は、これまでになんと35万例以上もの大腸内視鏡検査を手がけてきた大腸がんの名医。悪性度の高い陥凹(かんおう)型大腸がんを世界で初めて早期に発見したことでも知られ、人工知能(AI)を搭載した内視鏡画像診断支援ソフトの開発にも関わるなど、その功績は計り知れないものがあります。

わずか5分足らずで内視鏡検査を終え、痛みも少ないことから工藤先生を「内視鏡における神の手」と呼ぶ声も。現在も早期がんの一刻も早い発見に全力を尽くし、一人でも多くの患者さんを治療するために奮闘しています。

工藤先生の経歴

  • 1973年 新潟大学医学部卒業
  • 1985年 秋田赤十字病院 外科部長
  • 1992年 同 胃腸センター長
  • 2000年 昭和大学医学部教授、横浜市北部病院消化器センター長
  • 2001年 昭和大学横浜市北部病院 副院長

工藤先生の所有資格/所属学会

  • 日本大腸検査学会 理事長
  • 日本消化器内視鏡学会 学術評議員・指導医・専門医
  • 日本消化器病学会 功労会員
  • 日本内視鏡外科学会 特別会員
  • 日本ロボット外科学会 評議員
  • 日本消化器癌発生学会 特別会員
  • 日本消化管学会 暫定胃腸科指導医

新潟県

瀧井康公(新潟県立がんセンター新潟病院)

新潟県立がんセンター新潟病院で消化器外科部長を務める瀧井康公先生は、大腸外科を専門とするエキスパート。これまで結腸がんや直腸がんに対する手術を数多く手がけ、手術後の生活の質を保つことを考慮した治療で評価の高い名医です。

大腸がんの肝転移の手術にも積極的に取り組み、あらかじめ抗がん剤治療によってがんを縮小させ、手術可能な状態にしてがんを切除する「コンバージョンセラピー」も実施。手術ができないといわれていた患者さんからも喜びの声が寄せられています。

瀧井医師の経歴

  • 1985年 新潟大学医学部卒業

瀧井医師の所有資格/所属学会

  • 日本外科学会 専門医
  • 日本消化器外科学会 認定医
  • 日本大腸肛門病学会 評議員・専門医
  • 日本癌治療学会 暫定教育医
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医

大阪府

奥田準二(大阪医科大学附属病院)

奥田準二先生は消化器外科医として37年の経験を持ち、大腸がんの外科治療を専門としてキャリアを積んできたベテランドクター。特に身体的負担の少ない内視鏡下大腸手術を得意とし、その信頼性・安全性の高い技術は国内外の多くの病院から出張手術の依頼が引きも切らないほど。これまでに執刀・指導した腹腔鏡下大腸手術は6,800例に上ります。

近年は大腸がんの中でも難易度の高い、直腸がんに対する肛門温存手術を数多く手がける奥田先生。ロボット支援手術も導入しながら、さらに精密で負担の少ない手術を追求しています。

奥田先生の経歴

  • 1984年 大阪医科大学卒業、同一般・消化器外科入局
  • 1996年 米国オハイオ州・クリーブランドクリニック大腸外科留学
  • 1997年 大阪医科大学 一般・消化器外科 内視鏡外科チーフ
  • 2003年 同 大腸外科チーフ
  • 2003年 同 診療助教授
  • 2005年 同 附属病院消化器外科 医長
  • 2007年 同 准教授
  • 2007年 同 大腸外科チーム指導医
  • 2012年 中国広東省 広州中医科大学第二附属医院 客員教授
  • 2013年 中国北京 中日友好医院 客員教授
  • 2014年 大阪医科大学附属病院がん医療総合センター 特務教授
  • 2017年 中国 上海市東方医院 名誉教授

奥田先生の所有資格/所属学会

  • 日本外科学会認定 指導医・専門医
  • 日本消化器外科学会 指導医・専門医・・消化器がん外科治療認定医
  • 日本大腸肛門病学会 評議員・指導医・専門医
  • 日本内視鏡外科学会 評議員・内視鏡外科技術認定医
  • 日本消化器内視鏡学会 指導医・専門医
  • 日本消化器病学会 専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本臨床外科学会 評議員
  • 日本消化管学会 指導医・胃腸科専門医
  • アメリカ消化器内視鏡外科学会 アクティブメンバー

亀山雅男(ベルランド総合病院)

医師としてのキャリアの多くを消化器がんの集学的治療の研究と実践に捧げ、全国トップクラスを争う大腸がんの手術成績で数多くの患者さんを救ってきた亀山雅男先生。肝転移や肺転移、再発大腸がんの治療も積極的に手がけ、その姿勢と結果に多くの外科医が感銘を受けてきたといいます。

現在は公益性の高い社会医療法人の理事長として、地域医療の充実を目指して奔走する日々。内視鏡手術やロボット支援手術も導入し、患者さんの負担が少なく精度の高いがん診療を提供しています。

亀山医師の経歴

  • 1979年 大阪大学医学部卒業、大阪府立成人病センター外科レジデント
  • 1981年 箕面市立病院外科
  • 1982年 大阪府立成人病センター 外科レジデント
  • 1983年 大阪府立成人病センター 外科医員
  • 1992年 大阪府立成人病センター 外科医長
  • 1996年 英国バーミンガム大学付属クイーンエリザベス病院 短期留学
  • 2003年 ベルランド総合病院副院長
  • 2009年 ベルランド総合病院病院長

亀山医師の所有資格/所属学会

  • 日本外科学会 指導医・専門医
  • 日本消化器外科学会 評議員・指導医・専門医・消化器がん治療認定医
  • 日本大腸肛門病学会 評議員・指導医・専門医
  • 日本内視鏡外科学会 評議員
  • 日本臨床外科学会 評議員

京都府

山口高史医師(京都医療センター)

京都医療センターで下部消化管領域のトップとして活躍する山口高史先生は、日本臨床腫瘍研究グループで大腸グループの研究責任者を務めるほどの大腸がんの専門家。手術はすべての大腸領域で腹腔鏡手術を基本アプローチとする技術を持ちつつ、画一的な治療方針の決定はせず患者さんの状態に応じた適切な手術法を提案します。

高度な技術だけではなく、患者さんの生活の質を高める誠実で真摯な姿勢が多大な信頼を集める山口先生。決して妥協を許さない、ある意味職人のような外科医としての姿に多くの患者さんが安心感を得ています。

山口医師の経歴

  • 1994年 京都大学医学部卒業、同附属病院
  • 1995年 兵庫県立尼崎病院
  • 1998年 国立がんセンター中央病院
  • 2003年 国立病院機構京都医療センター

山口医師の所有資格/所属学会

  • 日本外科学会 外科指導医・指導医
  • 日本消化器外科学会 指導医・専門医・消化器がん外科治療認定医
  • 日本大腸肛門病学会 指導医・専門医
  • 日本内視鏡外科学会 評議員・技術認定医
  • ダ・ヴィンチコンソール術者ライセンス取得

広島県

岡島正純医師(広島市民病院)

腹腔鏡手術を中心とした身体的負担の少ない大腸がん治療の領域では、日本における草分け的存在と名高い岡島正純先生。特に見えない傷の手術とも呼ばれる単孔式内視鏡手術では、より安全で確実な技術と機器の開発に尽力してきました。

近年ではロボット支援手術にも積極的に取り組み、多くの患者さんに効果と整容性が両立された治療を提供しています。一方で中国四国がん臨床研究支援機構の代表理事としても活躍しており、同業者である医師からの信頼も厚い名医です。

岡島医師の経歴

  • 1981年 広島大学医学部卒業、同第二外科教室入局
  • 1982年 厚生連尾道総合病院 外科
  • 1984年 広島大学医学部附属病院 第二外科
  • 1990年 中国労災病院 外科副部長
  • 1992年 広島大学医学部附属病院 第二外科
  • 1995年 同 助手
  • 1999年 同 講師
  • 2003年 同 助教授
  • 2005年 同 大学院内視鏡外科学講座 教授
  • 2011年 広島市立安佐市民病院 外科部長
  • 2012年 同 副院長

岡島医師の所有資格/所属学会

  • 日本外科学会 指導医・専門医
  • 日本消化器外科学会 指導医・専門医
  • 日本大腸肛門病学会 評議員・指導医・専門医
  • 日本内視鏡外科学会 評議員・技術認定医
   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)