癌転移の治療ガイド » 転移した癌の治療の名医がいるおすすめ病院 » 【特集】卵巣がん・子宮頸がんの名医ガイド
  

【特集】卵巣がん・子宮頸がんの名医ガイド

子宮がんや卵巣がんの治療に精通している、各都道府県の医師を紹介します。

北海道

櫻木範明医師(小樽市立病院)

北海道大学病院や小樽市立病院にて婦人科診療を行っている櫻木先生。がんの根治を目指すのはもちろんのこと、患者さんの心と身体の双方に配慮した「患者さんに優しい治療」を提供することをモットーとしている先生です。患者さんのQOL向上のため、術後の合併症リスク軽減のための神経温存や、治療後の人生の可能性を広げる妊よう性の温存にも積極的に取り組んでいます。

櫻木先生の経歴

  • 1976年 北海道大学医学部 卒業
  • 1982年 同大学院 修了
  • 1988年 同 講師
  • 1991年 米国ペンシルバニア大学 留学(2年間)
  • 1993年 札幌厚生病院 部長
  • 1996年 北海道大学 講師
  • 1999年 同 助教授
  • 1993年 札幌厚生病院 部長
  • 1996年 北海道大学 講師
  • 1999年 同 助教授
  • 2015年 同 名誉教授

櫻木先生の所有資格/所属学会

  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本臨床細胞学会 細胞診専門医
  • 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医
  • マンモグラフィ検診精度管理中央委員会 読影認定医
  • 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法暫定指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

寒河江悟医師(北海道大野記念病院)

患者さんやその家族を苦しめる子宮頸癌の撲滅を目指すべく、癌の検診や治療にあたっている寒河江先生。手術においては、負担の大きい開腹手術はできる限り避け、腹腔鏡手術やロボット支援手術といった低侵襲な手術を行うことを心がけています。

そんな寒河江先生は、婦人科がんに関するあらゆる悩みに答える「さがえ先生の婦人科お悩み相談室」も運営中。北海道大野記念病院婦人科のページからメールフォームを使って質問・相談を送ると、寒河江先生から直接回答をもらえます。

寒河江先生の経歴

  • 1977年 札幌医科大学医学部卒業
  • 1999年 札幌医科大学 助教授
  • 2005年 JR札幌病院(旧札幌鉄道病院)副院長 産婦人科主任医長
  • 2012年 JR札幌病院 顧問
  • 社会医療法人孝仁会 北海道大野記念病院 主任診療部長 兼 婦人科がんセンター長
  • 社会医療法人孝仁会 札幌西孝仁会クリニック 婦人科部長

寒河江先生の所有資格/所属学会

  • 医学博士学位
  • 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医
  • 日本婦人科腫瘍学会認定 婦人科腫瘍専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会 技術認定医
  • 日本臨床細胞学会認定 細胞診専門医

齋藤豪医師(札幌医科大学付属病院)

患者さんに優しい低侵襲な手術を行うことをモットーとしている齋藤先生。また「子どもを産みたい」という子宮頚がん患者さんの想いに応えるため、子宮を温存する治療「腟式トラケレクトミー」にも取り組んでいます。そんな齋藤先生を頼って、遠方から来院する患者さんも少なくありません。

齋藤先生が診療において心がけているのは、患者さんの気持ちをよく聞き、その人にとってベストの医療を選択してもらうこと。訪れる患者さんに対して世界最高水準の医療を提供することを目指し、今日も努力を続けている先生です。

齋藤先生の経歴

  • 1986年 札幌医科大学医学部 卒業
  • 1990年 札幌医科大学大学院医学研究科 卒業
  • 1990年~1992年 市立釧路総合病院 産婦人科
  • 1992年~1994年 札幌医科大学 産婦人科
  • 1994年~1995年 道立江差病院 産婦人科
  • 1995年~1997年 フランス・リヨン、世界保健機関国際癌研究機構(International Agency of Research on Cancer)留学
  • 1998年 札幌医科大学産婦人科 講師
  • 2006年 札幌医科大学産婦人科 教授
  • 2014年 札幌医科大学附属病院 副院長

齋藤先生の所有資格/所属学会

  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本臨床細胞学会 専門医
  • 日本婦人科腫瘍学会 専門医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会 技術認定医
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医
  • 日本癌治療学会 がん治療認定医
  • 母体保護法指定医師

宮城県

八重樫伸生医師(東北大学病院)

東北大学病院の病院長であるとともに、産婦人科医として子宮がんや卵巣がんの治療にあたっている八重樫先生。何よりも患者さんのことを第一に考え、QOLを保ちつつ確実な治療を提供することを目指している先生です。

東北大学病院の病院長としては、「患者さんに優しい医療と先進医療の調和」を提唱。高度で先進的な医療の提供と、医療の原点である患者さんを想う心の双方を大切にすることを説いています。

八重樫先生の経歴

  • 1984年 東北大学医学部 卒業
  • 2000年 東北大学婦人科学分野 教授
  • 2008年 東北大学医学系研究科医科学専攻長
  • 2009年 東北大学周産期医学分野 教授(兼任)
  • 2010年 東北大学病院 副病院長(兼任)
  • 2012年 東北メディカル・メガバンク機構 副機構長(兼任)
  • 2015年 東北大学副学長(病院経営担当)・病院長、東北大学東北メディカル・メガバンク機構 機構長特別補佐(併任)
  • 2019年 東北大学大学院医学系研究科長・医学部長
  • 2019年 東北大学大学院医学系研究科 婦人科学分野 教授

八重樫先生の所有資格/所属学会

  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医、指導医
  • 日本臨床細胞学会細胞診専門医
  • 日本臨床細胞学会教育研修指導医
  • 日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医、指導医
  • 日本がん治療認定医機構教育医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本周産期・新生児医学会周産期(母体・胎児)指導医

東京都

杉山徹医師(医療法人社団高邦会 高木病院)

2016年から2018年にかけて、岩手医科大学付属病院の病院長として活躍してきた杉山先生。2021年現在は、医療法人社団高邦会高木病院の女性腫瘍センター長として、婦人科腫瘍に特化した診療を行っています。

そんな杉山先生は、自らも肺がん患者として闘病した経験が。その体験を活かして「患者さんに対してより優しく接すること」「患者さんが参加する医療、患者さん中心の医療を提供すること」を大切にしています。

杉山先生の経歴

  • 1978年 久留米大学医学部 卒業
  • 1998年 久留米大学産婦人科 助教授
  • 2002年 岩手医科大学産婦人科 主任教授
  • 2012年~2015年 岩手医科大学 副病院長
  • 2016年 岩手医科大学附属病院長
  • 2018年 医療法人社団高邦会 高木病院 女性腫瘍センター長

杉山先生の所有資格/所属学会

  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本婦人科腫瘍学会 専門医
  • 日本臨床細胞学会 専門医
  • 日本臨床腫瘍学会 暫定専門医

青木大輔医師(慶應義塾大学病院)

慶應義塾大学病院にて、婦人科部長を務める青木先生。婦人科悪性腫瘍を専門領域とし、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんに対する治療を手掛けています。

そんな青木先生は、妊よう性を温存した治療など、患者さんである女性の人生にできる限り配慮した治療を提供することを大切にしています。今まさに癌と戦っている患者さんはもちろんのこと、治療を終えた患者さんに対しても適切なフォローアップを実施。他の医師やスタッフとも緊密に連携しつつ、がんサバイバーの方々のQOL向上を目指している先生です。

青木先生の経歴

  • 1982年 慶應義塾大学医学部 卒業
  • 1988年 La Jolla Cancer Research Foundation(現・Sanford-Burnham Medical Research Institute)留学
  • 1990年 国立東京第二病院(現・独立行政法人国立病院機構東京医療センター)勤務
  • 1991年 慶應義塾大学医学部産婦人科 助手
  • 1996年 慶應義塾大学医学部産婦人科 講師
  • 2005年 慶應義塾大学医学部産婦人科 教授

青木先生の所有資格/所属学会

  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本臨床細胞学会 細胞診専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本遺伝性腫瘍学会 家族性腫瘍専門医

進伸幸医師(国際医療福祉大学 三田病院)

婦人科腫瘍の専門医であるとともに、内視鏡下手術のエキスパートでもある進先生。慶応義塾大学病院時代では2,200例以上、三田病院でも330例を超える手術を執刀した経験を持つ名医です。

そんな進先生は、患者さんの人生の可能性を守るべく、子宮体がん・子宮頚がんの妊よう性温存治療にも積極的に取り組んでいます。また、細胞診専門医の資格と婦人科病理診断の経験を活かした的確な診断により、数多くの患者さんのセカンドオピニオンを担当しているとのことです。

進先生の経歴

  • 1986年 慶應義塾大学医学部 研修医(産婦人科)
  • 1987年 静岡赤十字病院 産婦人科 医員
  • 1988年 大田原赤十字病院 産婦人科 医員
  • 1989年 慶應義塾大学医学部 助手/専修医(産婦人科学)
  • 1992年 日野市立病院 産婦人科 医員
  • 1994年 国立がんセンター研究所病理部 研究員
  • 1994年 国立がんセンター中央病院病理診断部 医員
  • 1996年 国立埼玉病院産婦人科 医員
  • 1997年 慶應義塾大学医学部 助手
  • 2001年 慶應義塾大学 専任講師(医学部産婦人科学
  • 2015年 慶應義塾大学 准教授(医学部産婦人科学
  • 2017年 国際医療福祉大学医学部産婦人科 教授

進先生の所有資格/所属学会

  • 日本産科婦人科学会認定指導医・産婦人科専門医
  • 日本臨床細胞学会認定教育研修指導医・細胞診専門医
  • 日本婦人科腫瘍学会認定指導医・婦人科腫瘍専門医
  • 日本専門医機構認定産婦人科専門医
  • 日本癌治療学会認定臨床試験登録医
  • 日本がん治療認定医機構認定がん治療認定医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医

金尾祐之医師(がん研有明病院)

がん研有明病院の婦人科部長である金尾先生。婦人科腫瘍の専門医であるとともに、2,800件を超える腹腔鏡下手術を手掛けてきた経歴を持つ、日本屈指の腹腔鏡のエキスパートです。その手術の腕前は、時に「神の手」と称されることも。

手術の予定がある日には、あらかじめ自宅で器具を使ったシミュレーションを行い、イメージを作り上げてから実際の治療に臨むという金尾先生。女性の人生において大きな役割を持つ「子宮」を治療することに悩み、迷う患者さんに全力で向き合う真摯な姿勢もまた、金尾先生が名医たる所以です。

金尾先生の経歴

  • 1997年3月 大阪大学医学部卒業
  • 1997年4月 大阪大学医学部産婦人科教室入局
  • 1997年4月~1998年5月 大阪大学産婦人科教室 研修医
  • 1998年6月~2000年5月 大阪労災病院産婦人科
  • 2000年6月~2003年3月 大阪大学産婦人科
  • 2003年4月~2004年3月 大阪大学産婦人科 助手
  • 2004年4月~2014年9月 倉敷成人病センター 産婦人科
  • 2014年10月 がん研有明病院 婦人科医長
  • 2016年9月~2020年6月 がん研有明病院 婦人科副部長
  • 2020年7月 現職 がん研有明病院 婦人科部長

金尾先生の所有資格/所属学会

  • 日本産科婦人科内視鏡学会 技術認定医
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医
  • 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
  • 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医
  • 日本臨床細胞学会 細胞診専門医

加藤友康医師(国立がん研究センター中央病院)

希少がんセンターの一員であるとともに、国立がん研究センター中央病院の婦人腫瘍科長も務めている加藤先生。子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんの手術治療を専門とし、30年以上に渡って婦人科がんの治療ひとすじに取り組んできた経歴を持つ先生です。

そんな加藤先生のモットーは「がんには厳しく、患者さんには優しい手術」。機能の温存と根治性を両立した治療を提供することを目指し、日々研究を続けています。また、手術治療後の過ごし方や食生活など、患者さんやその家族にとって役立つ知識が満載の書籍も複数上梓しています。

加藤先生の経歴

  • 1983年 東京医科歯科大学医学部卒業
  • 1983年 川崎市立川崎病院産婦人科臨床研修医
  • 1985年 国立がんセンター婦人科臨床研修医
  • 1989年 東京医科歯科大学 難治疾患研究所内分泌異常部門 助手
  • 1992年 財団法人癌研究会附属病院婦人科医員
  • 1998年 米国立癌研究所(NIH/NCI) 留学(1年間)
  • 2005年 財団法人癌研有明病院婦人科 医長
  • 2006年 国立がんセンター中央病院婦人科 病棟医長
  • 2010年 東京医科大学産婦人科兼任教授併任
  • 2012年 東京医科歯科大学非常勤講師併任
  • 2015年 国立がん研究センター中央病院婦人腫瘍科科長

加藤先生の所有資格/所属学会

  • 日本産科婦人科学会 専門医・指導医
  • 日本婦人科腫瘍学会 専門医・指導医
  • 日本臨床細胞学会 細胞診専門医・教育研修指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

清水敬生医師(ウイメンズクリニック南麻布)

ウイメンズクリニック南麻布の院長を務める清水先生。大阪大学医学部大学院を卒業後、癌研究会付属大塚病院や国際医療福祉大学三田病院での勤務を経て、2009年に自身のクリニックを開設されました。

そんな清水先生は、癌研病院や三田病院で婦人科がんの治療に取り組む中で、一度は「根治不可能」と診断された患者さんを数多く救ってきました。その秘訣は、ガイドラインに囚われず、一人ひとりの患者さんに最適化した治療方法を見極めること。この「ガイドラインを超えた治療」により、予後不良といわれた患者さんの妊娠・出産にも成功しています。

清水先生のモットーは、患者さんを自分の家族のように捉え、今考えられる中で最高の医療の提供を心がけること。がんと闘う患者さんの想いに、全力をもって応えてくれる先生です。

清水先生の経歴

  • 1983年 大阪大学医学部大学院 卒業
  • 1983年 済生会中津病院 勤務
  • 1987年 癌研病院 勤務
  • 1996年 George Washington University Medical Center 病理研究
  • 2003年 山王メディカルプラザ 勤務
  • 2007年 国際医療福祉大学三田病院 勤務
  • 2009年 ウイメンズクリニック南麻布 開院

清水先生の所有資格/所属学会

  • 日本産婦人科学会 専門医
  • 日本婦人科腫瘍学会 認定医

千葉県

佐々木寛医師(千葉徳洲会病院)

千葉徳洲会病院の婦人科部長である佐々木先生。また、東京・浅草にあるクリニック「佐々木医院」でも、癌の検診や治療を含む婦人科診療を行っています。

専門分野は、婦人科癌の診断・手術・治療。患者さんの身体に与える負担が少なく、術後の回復も早い低侵襲な手術治療を得意としている先生です。

診療のモットーは「安心・確実・迅速」。患者さんの話にしっかりと耳を傾けつつ、安心して受けられる丁寧・確実な治療を提供することを目指しています。

佐々木先生の経歴

  • 1975年 東京慈恵会医科大学 卒業
  • 1975年 同上 大学院医学研究科外科系第2産婦人科学専攻博士課程 入学
  • 1981年 米国 Pennsylvania University.留学(~昭和57年10月)
  • 1990年 東京慈恵会医科大学産婦人科教室講師
  • 1996年 東京慈恵会医科大学附属病院 診療医長
  • 2000年 同上 産婦人科教室 助教授
  • 2001年 国立がんセンター東病院非常勤医師
  • 2005年 東京慈恵会医科大学附属柏病院 診療部長
  • 2006年 同上 教授
  • 2008年 東京慈恵会医科大学大学院医学研究科 教授
  • 2010年 東京医科大学産科婦人科学 兼任教授
  • 2015年 東京慈恵会医科大学 客員教授 現在に至る

佐々木先生の所有資格/所属学会

  • 日本臨床細胞学会 指導医
  • 日本産科婦人科学会 認定医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会 技術認定医
  • 日本臨床細胞学会 細胞診専門医
  • 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医
  • 日本がん治療認定医
  • 日本人間ドック学会 人間ドック認定医
  • 日本総合健診医学会・日本人間ドック学会 人間ドック健診専門医

神奈川県

三上幹男医師(東海大学医学部付属病院)

婦人科腫瘍、婦人科手術を専門とし、東海大学医学部付属病院の婦人科診療を牽引している三上先生。他の婦人科腫瘍専門医と連携しつつ、最新の治療ガイドラインに則った集学的治療を行っています。

そんな三上先生は、患者さんの命を脅かす癌の早期発見のための取り組みにも注力。既成概念に囚われない発想で新たな診断法の研究を行い、2020年には卵巣がんの早期発見につながる新しい診断システムの開発に成功しています。

三上先生の所有資格/所属学会

  • 日本産科婦人科学会 専門医・指導医
  • 日本婦人科腫瘍学会 専門医
  • 日本臨床細胞学会 細胞診専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

大阪府

永野忠義医師(関西電力病院)

関西電力病院の婦人科部長である長野先生。子宮頚がん、子宮体がん、卵巣がんの診断・治療のスペシャリストであり、常に患者さんにできるだけ負担の少ない治療を提供することを心がけている先生です。

長野先生が考える「低侵襲な手術」とは、単に体につける傷が小さいだけではなく、体の機能をできる限り温存する手術のこと。将来の妊娠・出産の希望につながる広汎性子宮頸部摘出術や、卵巣の温存に積極的に取り組んでいます。

患者さん一人ひとりのQOLを守ることを大切に、良質な医療を提供している永野先生。2021年には、日本国内の「ベストドクター」のひとりにも選出されています。

永野先生の経歴

  • 1979年 兵庫医科大学 卒業、第67回医師国家試験合格
  • 1979年 兵庫医科大学大学院(衛生学)入学
  • 1980年 国立大阪病院臨床研修医
  • 1981年 国立大阪病院レジデント
  • 1984年 国立大阪病院厚生技官産科医師
  • 1994年 国立大阪病院産婦人科院内医長
  • 2003年 国立病院大阪医療センター婦人科医長
  • 2005年 北野病院産婦人科副部長
  • 2007年 北野病院産婦人科部長
  • 2017年4月 関西電力病院 婦人科部長

永野先生の所有資格/所属学会

  • 日本産婦人科学会 専門医・指導医
  • 日本がん治療学会 がん治療認定医
  • 日本婦人科腫瘍学会 専門医・指導医
  • 超音波専門医・指導医
  • 京都大学 医学博士
  • 母体保護法指定医師

茨城県

吉川裕之医師(ベビースマイルレディースクリニック有明)

大学病院や公立病院での勤務を経て、2020年にベビースマイルレディースクリニック有明を開設した吉川先生。茨城県立中央病院・茨城県地域がんセンターの名誉院長でもあり、婦人科がん治療の名医として広く知られている先生です。

とくに、将来の妊娠・出産に備えた妊よう性温存療法は吉川先生の得意分野のひとつ。患者さんの命はもちろん、ライフプランやQOLを守ることも大切に、できる限り負担の少ない方法での治療を行っています。

2021年現在も、茨城県立中央病院・茨城県地域がんセンター、ベビースマイルレディースクリニック有明の両院で診療を行っている吉川先生。婦人科がんに関する相談や、セカンドオピニオンも受け付けています。

吉川先生の経歴

  • 1978 東京大学医学部附属病院 研修医(産科婦人科)
  • 1986 ドイツ国立がんセンター(DKFZ)留学
  • 1993 東京大学医学部 講師
  • 1996 東京大学医学部 助教授
  • 2001 筑波大学臨床医学系(後に医学医療系)産科婦人科学 教授
  • 2012 筑波大学医学医療系長(医学部長に相当)
  • 2015 茨城県立中央病院 病院長、筑波大学 医学医療系 名誉教授
  • 2020 ベビースマイルレディースクリニック有明 院長、茨城県立中央病院 名誉院長

吉川先生の所有資格/所属学会

  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本婦人科腫瘍学会 専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構 認定医

兵庫県

伊藤公彦医師(関西ろうさい病院)

関西ろうさい病院の副院長であるとともに、産婦人科部長も務めている伊藤先生。女性の生涯のすべてに関わる産婦人科医として、多くの妊婦さんや患者さんの人生に向き合ってきた先生です。

そんな伊藤先生は、婦人科悪性腫瘍の中でもとくに卵巣がんに詳しいエキスパート。手術治療、放射線治療、化学療法を適切に組み合わせた集学的治療により、多くの患者さんを救ってきた名医です。

伊藤先生の経歴

  • 1983年 奈良県立医科大学卒業、産婦人科教室入局
  • 1984年 奈良県立医科大学大学院入学(生化学専攻)
  • 1988年 奈良県立医科大学大学院卒業
  • 1988年 兵庫県立西宮病院産婦人科勤務
  • 2002年 関西労災病院産婦人科部長
  • 2017年 関西労災病院副院長兼務

伊藤先生の所有資格/所属学会

  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会 代議員・専門医・指導医
  • 日本婦人科腫瘍学会 理事・専門医・指導医
  • 日本肉腫学会 肉腫専門医・指導医
  • 日本女性医学学会 女性ヘルスケア暫定指導医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医・指導責任者
  • 社会医学会専門医教会 指導医
  • 日本医師会 認定産業医

岡山県

安藤正明医師(倉敷成人病センター)

倉敷成人病センターで理事長を務めている安藤先生。婦人科がんの治療、とりわけ腹腔鏡下手術を得意としており、その症例数は国内でもトップクラスです。他に先駆けて子宮がんの腹腔鏡手術を始めたパイオニア的存在であり、近年では子宮疾患に対するロボット手術のも数多く手がけています。

名医として国内外から高い評価を得ている安藤先生ですが、その名声に奢ることはありません。手術は何よりも「質」にこだわるべきであると考え、毎日欠かすことなく結紮(糸結び)のトレーニングを行っているとのことです。

一人ひとりの患者さんに真摯に向き合い、気持ちに寄り添うことを大切にしている安藤先生。誰より豊かな知識と経験に基づいた、質の高い医療を提供してくれる先生です。

安藤先生の経歴

  • 1980年 自治医科大学卒 同年岡山赤十字病院研修
  • 1985年 岡山大学病院産婦人科入局
  • 1986年 倉敷成人病センター産婦人科入局
  • 1998年 フランスのリールで術式の研究
  • 2001年 倉敷成人病センター産婦人科部長就任
  • 2009年 倉敷成人病センター副院長就任
  • 2010年 倉敷成人病センター 理事
  • 2011年 AGES(Australian Gynaecologic Endoscopy Society)名誉会員、西安交通大学医学院客員教授、日本産科婦人科手術学会理事就任
  • 2015年 倉敷成人病センター院長就任
  • 2019年 倉敷成人病センター理事長就任

安藤先生の所有資格/所属学会

  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会 技術認定医・常務理事
  • 日本産科婦人科手術学会 理事
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医(産科婦人科)
  • 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医・指導医・評議員
  • 国際婦人科内視鏡学会 理事

熊本県

片渕秀隆医師(くまもと森都総合病院)

婦人科がんの診断・治療のエキスパートとして知られる片渕先生。その知見を生かし、婦人科腫瘍の治療のベースとなるガイドラインの作成にも携わっている先生です。

熊本大学大学院生命科学研究部産科婦人科学講座で教授を務める傍ら、くまもと森都総合病院でも産婦人科特別顧問として外来診療を担当。治療を受ける患者さんのライフステージや心の負担にも配慮し、先進的な医療を提供しています。

さらに、中高生や大学生への「がん教育」も精力的に実施。女性の命や人生について常に真摯に考え、患者さんとその家族に寄り添ってくれる先生です。

片渕先生の経歴

  • 1982年 熊本大学医学部専門課程卒業、熊本大学医学部附属病院産科婦人科 研修医
  • 1988年 熊本大学大学院医学研究科博士課程(第2病理学教室) 熊本大学医学部附属病院産科婦人科,医員
  • 1993年 Johns Hopkins大学医学部病理学(R.J. Kurman教授),研究員
  • 2004年 熊本大学大学院医学薬学研究部婦人科学分野,教授
  • 2006年 熊本大学医学部附属病院地域医療連携センター長(継続)
  • 2010年 熊本県「私のカルテ」がん連携センター長(継続)
  • 2016年 熊本大学医学部附属病院総合周産期母子医療センター,センター長(継続)
  • 2018年 熊本大学医学部附属病院(現 熊本大学病院)病院長特別補佐

片渕先生の所有資格/所属学会

  • 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
  • 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)