宇都宮病院

栃木 手術抗がん剤治療

目指すのは地域に信頼される安心安全で良質な医療機関

日本最大の病院グループである独立行政法人国立病院機構に属している宇都宮病院。結核や重症心身障害医療、筋ジストロフィー症などの公益性の高い政策医療を行なっているほか、急性期疾患を中心とした専門性の高い地域医療にも対応。栃木県内で最大の病床数を有する地域包括ケア病棟があり(2019年11月1日時点)、入院患者のストレス緩和を目的としたアニマルセラピーも実施しています。地域から強く信頼される病院を目指し、患者さんの目線に寄りそった安心安全で良質な医療の提供に取り組んでいる医療機関です。

宇都宮病院の医師

田中 孝昭 宇都宮病院 病院長

平成13年に、臨床研究部長として宇都宮病院に赴任した田中先生。平成20年からは副院長として、令和2年からは院長として、病院全体の医療レベルの向上を目指した舵取りを行ってきました。現在も院長職をこなす傍ら、1日100名以上の外来診療と年間およそ300件に及ぶ手術を実施。地域からのさらなる信頼を得ることを目指し、真摯な姿勢で日々の診療にあたっている先生です。

  • 医学博士
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本体育協会スポーツ医
  • 障害者福祉法指定医(運動器)

杉山 公美弥 宇都宮病院 副院長

宇都宮病院の副院長であるとともに、臨床研究部長でもある杉山先生。内科を専門領域としており、とくに呼吸器疾患やアレルギー、膠原病などの治療を得意としています。がん治療についての知識も深く、手術治療、放射線療法、薬物療法のすべてに精通。優れた治療医の証である、がん治療認定医指導責任者の資格を有しています。

  • 医学博士
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定指導責任者
  • 日本内科学会認定 総合内科専門医 認定医/指導医
  • 日本アレルギー学会認定 アレルギー専門医/指導医
  • 日本呼吸器学会認定 呼吸器専門医/指導医
  • 日本リウマチ学会認定 リウマチ専門医/指導医
  • 日本医師会認定 認定産業医

宇都宮病院の特徴

身体への負担を抑えた腹腔鏡下手術を積極的に導入

宇都宮病院は2012年12月に栃木県の地域がん中核病院に指定されています。各種がん治療ガイドラインに基づいた治療を行なっており、手術や抗がん剤治療に対応。そのほかの治療法が必要と判断した場合は、大学病院やがんセンターなどと連携しながら患者さん1人ひとりに最適な治療を行なっています。

手術では身体にやさしいとされる腹腔鏡下手術を積極的に採用し、さらに術後の傷あとが目立たない手術を心がけているとのこと。抗がん剤治療は通院しながら治療を受けられるように、外来化学療法室が設置されています。

また、宇都宮病院では治療だけでなく身体的・精神的な苦痛を和らげるサポートも重視しており、緩和ケアへの対応や医療相談窓口を通して患者さんや家族の不安に寄り添っているのも特徴。呼吸器がんや消化器がんに対するセカンドオピニオンにも対応しています。

宇都宮病院の治療方法

手術(イメージ)手術

内視鏡外科技術認定医による腹腔鏡下手術を実施

宇都宮病院では、早期がんに対する内視鏡的治療から末期の緩和ケアまで幅広いがんの病態に対応できる治療体制を整えています。手術の場合、内視鏡外科技術認定医による腹腔鏡下手術を積極的に導入。胃の切除が必要なケースにおいても完全鏡視下で行われ、術後の創部がほとんど目立たないように臍部の切開にも工夫を加えているとのこと。

2018年度に宇都宮病院で入院治療を行なった5大がん(胃・大腸・乳房・肺・肝臓)の割合としては、大腸がんが一番多く、がんの進行が最も進んでいるステージ4や再発治療の実績もあり。ほかの医療機関との連携も密に行なっており、患者さんの希望やQOL(生活の質)を尊重しながら1人ひとりに寄り添った医療の提供を実現しています。

抗がん剤治療(イメージ)抗がん剤
治療

通院しながら治療を受けられる外来化学療法室を設置

入院せずに通院しながら抗がん剤治療を受けられる外来化学療法室が設置されています。仕事を続けながら治療に取り組め、家族の負担を少しでも軽減したい、生活の質を維持したい患者さんに寄り添った治療法です。宇都宮病院の薬剤部では、抗がん剤の投与量や投与速度などを薬学的根拠に基づいて確認しながら、無菌状態で薬の混合調整を行なっているとのこと。投与量や投与速度の確認は複数人で対応しており、正確かつ安全に投与することを目指した配慮が行き届いています。

宇都宮病院の施術について

施術までの流れ

宇都宮病院では以下のような流れで治療を行っています。

1.受付

受付時間の8:30~11:00までの間に来院し、窓口(2)番で受付を行ないます。紹介患者の場合は時間外や午後からの受付も可能です。診療申込書に必要事項を記入したら、保険証や紹介状と合わせて受付に提示しましょう。

かかりつけ医からの紹介状がなくても受診できますが、医療費とは別に選定療養費として5,500円(税込)の負担が必要です。紹介状があれば検査の重複を避けられるほか、治療や内服薬の情報をもとに安全性の高い治療・検査の実施にもつなげられるため、かかりつけ医に紹介状を書いてもらうのがおすすめです。

2.診察

医師の診察を受けます。がん治療を行なっている外科では、初診は予約なしでも受診可能です。診察で医師が必要と判断した場合は、検査を受ける可能性があります。宇都宮病院で受けられるがん治療は、基本的に手術または抗がん剤治療です。

そのほかの治療を必要とする場合は、大学病院やがんセンターと連携しながら治療を行なっているとのこと。病状によっては全国的な臨床試験への参加も可能となっています。再診は予約制となっているため、受診後は次回の来院日を予約しましょう。

3.会計

診療が終わったら料金計算窓口で診療費を算出してもらい、料金支払窓口で会計を済ませます。自動精算機の有無については公式HPに記載がなかったため、気になる方は来院時に確認しておきましょう。

宇都宮病院の基本情報

宇都宮病院
診療科目 内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、糖尿病・内分泌内科、脳神経内科、外科、呼吸器外科、整形外科、小児科(重症心身障害医療)、皮膚科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、歯科
診療時間 8:30~11:00(受付時間)
休診日 土曜・日曜・祝日・年末年始
所在地 栃木県宇都宮市下岡本町2160
電話番号 028-673-2111(代表)
ベッド数 380床
年間治療患者数 記載なし
対応可能な治療方法 手術、抗がん剤治療、緩和ケア
設備 一般撮影装置、骨密度測定装置、X線TV装置、CT、MRI
URL https://utsunomiya.hosp.go.jp/
   
免責事項
このサイトでは、がん治療に対応しているクリニックの「医師」を「名医」と定義しています。
あくまでもサイト上の呼称であり、医師の実力を定義づけるものではありません。

「いちから分かる癌転移の治療方法ガイド」は、独自に調べた内容をまとめたサイトです。
治療法など詳しく知りたい場合は直接に各医療機関へお問い合わせ下さい。(2015年11月時点)

無断転用禁止(Unauthorized copying prohibited.)